絵本を抱えて部屋のすみへ (新潮文庫)

  • 1148人登録
  • 3.35評価
    • (59)
    • (62)
    • (320)
    • (16)
    • (1)
  • 74レビュー
著者 : 江國香織
  • 新潮社 (2000年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339177

絵本を抱えて部屋のすみへ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子供の頃は、絵本よりも童話を読むほうが好きでした。好きというより楽だったのかもしれない。ストーリーを追うだけの作業だったから。

    絵本には、あのハードカバーの中に、短い文章の中に、作者のいろんな思いが込められています。
    この本を読んで、絵本の奥深さに気付かされました。

  • 以前、別のアカウントで登録しましたが…ID等がわからなくなったので、今の本棚に改めて登録。

    この本は私の知らない絵本達を教えてくれたし〔現在、中学生の長男が小さい頃に図書館で何冊か借りました〕、そしてピーターラビットの絵本を読みたいな、と思ったきっかけになりました。今年、ピーターラビット展があるので、第一集を入手しました。江國さんも観るのかな?!なんて…ね。

  • 絵本によせたエッセイでしたが、見事に読んだことない絵本ばっかりなんだよなあ・・・。
    でも読めば、江國先生の見ている風景が少しは理解できそうな気がするよなあ・・・。
    近いうちに読もう・・・めもめも・・・くんちゃんシリーズ気になる・・・。

  • 借りたけれど、買ってしまった。
    好きな絵本ものっているし、これを読みたいという絵本もあり、さらに江國さんの文章もいい。(いつもながら)

    これ持って図書館へ行こう〜。

  • お風呂でちょろっと読むのにぴったりでした。
    子どもが生まれたら、読み聞かせしたい本がいっぱい……。

  • 文章があまり好きでなくて、でもよみすすめるうちに絵本のことがすごく好きなことがじわじわつたわってきた。知らない本や、そのエピソードなどもあるので、もっと絵本をじっくりみたくなった。

  • 江國香織による、(ほぼ)作者別の絵本の紹介。
    どの章も江國さんの想いがつまっていて、いかに絵本を愛しているか伝わってくるようです。私自身も子供の頃に絵本を沢山読んでもらった記憶がありますが、その頃を思い出すと言うよりも、今新しい絵本をもっと読みたい気持ちになりました。

  • だらだら読んでいてやっと読了。
    タイトル通り、江國香織が絵本の魅力を作品ごとに語っていくエッセイ。
    名前を聞いたことがあるのは半分無いくらい。

    本を語る本、というのはあまり好きではないな、と改めて思った。
    もう少し江國さん自身のことが書かれていたら楽しめたんだけど。
    絵本ガイドに近い感じで飽きてしまった。

    絵本をほとんど読まない子供だったせいかもしれない。

  • 江國香織はたしか中学生のころによく読んでいた。ただ私はどうもこの人の書く恋愛小説が苦手で(そもそも恋愛小説というジャンルをあまり読まない)、都会的な雰囲気とファンタジックな雰囲気が一緒になって結局ふわふわした心理描写になっている(言い方が酷いな!)のが苦手なんだということに気づいてから、少し遠ざかっていた。

    ただ、児童文学雑誌『飛ぶ教室』(90年代)に連載されている江國香織の短編を読んで、彼女がどういう風に絵本を読んできたのか気になった。
    …ってことで、読みたい。

  • 絵本にまつわるエッセイ集。
    懐かしいものから見たことないものまで、いろんな絵本が紹介されていて、絵本を読み漁りたくなってしまった。
    小さい頃も絵本が大好きでたくさん読んでいたけど、それとは別に大人になってから読むとまた違う味わいがあって良い。そこが絵本のすごいところだね。
    絵本に必要なのは技術ではなくセンスなのだと、改めて思った。

全74件中 1 - 10件を表示

江國香織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

絵本を抱えて部屋のすみへ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

絵本を抱えて部屋のすみへ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

絵本を抱えて部屋のすみへ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

絵本を抱えて部屋のすみへ (新潮文庫)の作品紹介

自分が自分だと気づく前に遇ってしまっていた絵本。愛してくれている大人の温もりと共に身体にしみこんでしまっている絵本。人生の複雑さを知った心に響いて忘れえぬ一冊となった絵本。ブルーナ、ポター、クーニー…私がいまの私になるために、絵本たちとのとても大切で幸福な出会いがあった。絵本という表現手段への愛情と信頼にみちた、美しく豊かな言葉で紡がれた35編のエッセイ。

絵本を抱えて部屋のすみへ (新潮文庫)の単行本

ツイートする