ぼくの小鳥ちゃん

  • 3916人登録
  • 3.60評価
    • (409)
    • (437)
    • (1064)
    • (56)
    • (10)
  • 485レビュー
著者 : 江國香織
  • 新潮社 (2001年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339184

ぼくの小鳥ちゃんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ある日突然ぼくの窓辺にやってきた小鳥ちゃん。
    ときどきやってくるガールフレンドと、小鳥ちゃんとの穏やかでキラキラした日々。
    小鳥ちゃんの見せるちょっとした嫉妬や、わがままや、好奇心にどきどきしっぱなしで、私もこの小鳥ちゃんが、大好きになってしまいました。

  • 優しい大人の絵本。
    僕と小鳥と彼女の三角関係。
    誰に感情移入するかで、きっと感想が違うんだろうな。
    子どもに読み聞かせるような語り口で、大人にならないと分からないような嫉妬を語る。
    小鳥ちゃんは、彼女に嫉妬しながらも、彼女を認めていて、僕も小鳥ちゃんの気持ちに気づいていながら、やっぱり彼女が好きで、そして小鳥ちゃんにも嫉妬をする。
    小鳥ちゃんは現実を受け止めることで、少しだけ寂しい気持ちになる。
    単純なようで複雑な、優しいようで残酷なお話。

  • なんだか絵本を読んでいる感覚だった。イラストも素敵だし。
    生意気な小鳥ちゃんが可愛かったー♪
    ぼくと小鳥ちゃんの日常にほんわかして、癒された。

  • ぼく。
    小鳥ちゃん。
    彼女。

    だれの立場で読みましたか?という角田光代さんの解説にうーん、考えさせられた。基本的にぼくの立場で読み進めていたけれど、彼女の立場になったらまた違う本として楽しめそう。

    出来過ぎな彼女も、ちょっと外国人風の生活も、おしゃれな窓辺やテラス付きのレストランの描写も、全体的に詩的な雰囲気を醸し出していて素敵だった。休日にゆったり読みたい本。

  • ”そこらへんのヤワな小鳥とは、ちがうのよ”
    という小鳥ちゃん
    挿絵に惹かれて買った小学生期にはわからなかったものが
    二十歳を越えた今、わかる気がした。
    強気な小鳥ちゃんの不安定さ、寂しさは
    実は結構多くの人が抱えているものだと思う。
    年を重ねるたびに読んでいきたい作品

  • 可愛いイラストと、可愛い小鳥ちゃん。でも、じっくり読んだら深そうなお話。

  • ほのぼの系は好きなのだが、あまりにも平凡な日常すぎて退屈だった。どこかにほっこりするわけでもなく、共感するわけでもない。小鳥ちゃんは可愛らしいのだが、それだけ。挿絵があるせいか、単なる絵本だとしか思えなかった。残念。

  • 絵本のような物語。さらりと読めた。ぼくとガールフレンドと小鳥ちゃんのスマートな三角関係を描いていた。恋愛未満なのか、恋愛以上なのか、ぼくと小鳥ちゃんの関係はちょっと憧れる。小鳥ちゃんになりたいし、小鳥ちゃんがうちにも来てくれないかな、と思った。

  • とても可愛らしく、少し切なく、優しいお話。
    どんな女の子の心の中にも、小鳥ちゃんが隠れています。

  • かわいいかわいいかわいい。
    ぼくと彼女と小鳥ちゃんの三角関係。
    小鳥ちゃんだって女の子なんです。

    挿絵もお話もみんなみんなかわいくて
    さわやかーに癒されるので
    何度でも読み返してしまいます。
    おすすめ!

全485件中 1 - 10件を表示

江國香織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくの小鳥ちゃんに関連するまとめ

ぼくの小鳥ちゃんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくの小鳥ちゃんの作品紹介

雪の朝、ぼくの部屋に、小さな小鳥ちゃんが舞いこんだ。体長10センチ、まっしろで、くちばしときゃしゃな脚が濃いピンク色。「あたしはそのへんのひよわな小鳥とはちがうんだから」ときっぱりいい、一番いいたべものは、ラム酒のかかったアイスクリーム、とゆずらないしっかり者。でもぼくの彼女をちょっと意識しているみたい。小鳥ちゃんとぼくと彼女と。少し切なくて幸福な、冬の日々の物語。

ぼくの小鳥ちゃんの単行本

ツイートする