神様のボート (新潮文庫)

  • 9962人登録
  • 3.60評価
    • (1024)
    • (1132)
    • (2497)
    • (165)
    • (44)
  • 1171レビュー
著者 : 江國香織
  • 新潮社 (2002年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339191

神様のボート (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 狂気といえるほどに愛を信じ続ける母親、葉子。そしてそんな母親に対する嫌悪感と愛情の間で悩み、やがてはそんな母のもとから脱皮して現実を生きだした娘、草子。
    いずれにおいてもこの親子は似ていて、 痛々しいほど自分をごまかせない人たちだと思った。
    母と娘のきっても切れない関係性がひしひしと伝わる読み応えある作品。

  • 読んでいて胸が痛くなる物語がある。
    「神様のボート」はそんな物語だ。
    まともとは言えないほど純粋で一途な葉子の想い。
    母を愛し、母をいたわり、母を守り、母に従う娘・草子の思い。
    人を愛するということは、こんなにも辛いことなのだろうか。
    葉子自身は辛さを感じてはいない。
    何の保証もない約束を、ただ信じて生きている。
    その約束のためだけに生きている。
    だが、一歩離れたところから葉子を見ている読み手である私が感じるのは辛さだ。
    切なさだ。哀しみだ。

    成長するにしたがい、草子もまた同じように辛さを感じるようになる。
    「ママの世界にずっと住んでいられなくて」
    草子は母・葉子が住む夢のような、ある種狂気に彩られた蜃気楼のような世界に住むことをある日拒む。
    葉子の世界は葉子だけのもので、そこには草子の居場所はないと知っていたから。
    気がつくと草子寄りの視点で読んでいることに気づく。
    葉子の何気ない台詞や振る舞いにちょっとした苛立ちを感じたり、身勝手さに腹が立ったりもした。
    絹のようなさらりと渇いた手触りの物語は、痛みとともに妙な幸福感が読み終えた後に残る。
    何年か先、再びこの物語を読んでみたい。
    きっとまた違った思いで読むことができそうな気がする。

    余談だけれど、「世界一難しい恋」というドラマがある。
    脚本を書いている人はきっと江國さんのファンなんだろうなと。
    ヒロイン役がお薦めの本として「神様のボート」を差し出したり、お風呂あがりの牛乳をやたらと好きだったりするからだ。
    葉子自身は牛乳が嫌いなくせに、お風呂あがりには草子に牛乳を飲ませるのがきまりごとのようになっていた。
    ドラマでも牛乳嫌いな主人公と牛乳が大好きなヒロインとの間で、感情の変化を表現する大切なアイテムのひとつになっていた。
    小説のエピソードが、かたちを変えてドラマに登場するのは面白い。

  • 予定日2週間前に読む。
    宮古からよくこの本を持ってきたな私。
    母と娘と、母と愛する人の物語。
    草子は葉子の娘で、生きる目的で、愛する人との間にできた宝物で、愛する人の存在の証拠で。
    ここまでお父さんに恋をしつづけるお母さんてなかなかいない。離れていたから恋し続けられるのかもしれないけど。でもあの人がいるところが私の居場所、いないのなら私の居場所はどこにもないって感覚、私は分かる。人が帰る場所は人なんだ。家でも場所でもない。その居場所を見つけることは、人生の中の1つの大きな目的なのかも。目的というか、人が求めるもの。娘はいずれ離れていく。もうすぐ産まれる娘が私に甘える愛しい時間は、限られたものなんだな。そんなことを考えながら、草子が離れていってからの葉子の気持ちを読んでいたら、涙が出てきた。お母さんも私が宮古島にいくとき、東京で子供みたいな顔して泣いた時、そんな淋しさを感じていたのか。

  • 成長と共に変わっていってしまう子・草子と、ずっと変わることができない母・葉子の物語。
    読んでいてずっと、なんだか悲しかった。変わってしまうことも、変われないことも、どちらも悲しいんだと思った。

  • 江國香織作品のなかできらきらひかると一二を争うくらい好き。
    江國香織得意のふたつの視点から

  • これほど素敵な始まりかたをする小説を私は知らない。
    これほど華麗に幸福の斧を振りかざしたような終わり方は読んだことがない。

    夢見がちの神様のボートに乗った母と現実を見る娘。
    交互に語られることで進んでいく物語。
    どちらかになりきって読んでしまうと思います。
    最後は絶対に誰にも予想できません。

    シシリアンキスはこの本の文章そのまま、琥珀色の甘ったるいカクテルでした。

  • 恋をすると、海に漂う舟みたいだ。自由でも不自由でもなく…
    子供のように純粋で、でも潔くて…読み終わって、涙が出そうになった。

  • これタイタニックのラストシーンなんかと同じで、夢・幻覚・妄想・現実ではない何かオチですよね。
    タイタニックみたいな壮大なシナリオだと悲劇という印象なんですが、こういう日常話だと間が抜けて見える。

    ジジィと結婚したもののやっぱ若い男のがええわガハハ!という話をこうも丁寧かつ上品に淡々と根気強く綴っていけるところに文力の高さが窺える。
    不満なのは『骨ごと溶けるような恋』とはどんな恋なのだろう?という疑問を解消できる描写がなかったところ。

    現実的に考えてしまうと、母親が子供をペット・人形・モノかのように扱うので子供が憐れだった。幼少期から親の性事情(妄想込み)を事細かに聞かされて育つというのも子供側には大変な心労というか、虐待では。

  • 江國香織を久しぶりに読んだ。
    友達が好きで、時々貸してくれたけど、私はあまり好きではなかった。ぽやぽやした印象の本だな、と思っていた。
    けれども、結構、今回で印象が変わった。
    どうやら作者本人も認める狂った小説(あとがき)だったらしい。
    真ん中くらいまではタイトルに誘われて買ってしまったから仕方なく読んでたけど、途中からは読まずにいられなくなるようなお話だった。
    子どもの成長について、記憶と重なる部分と同時に、育むことへの示唆に富んでいる、と、思う。

  • 先日西加奈子の”漁港の肉子ちゃん”を読んだのでついつい比べてしまう所だった。
    母と子の物語。そして放浪する設定。

    しかし、全然違う。こんなに違うものかなーというくらい違う。
    もし”漁港の肉子ちゃん”を江國香織が書いたら、、、それはそれはもっとセンシティブな物語になったことでしょう。

    簡単に言えば(多少無理やりですが)江國香織は東京。西加奈子は関西。のノリ。

    その江國香織のこの物語はまたしても静謐なイメージが強い。沢山のピアノ曲も出て来るけど聞こえてこない。光や風や空気感はすごく感じるのにである。

    この内に内に入っていく様な物語の書き方が狂気と言われる原因なのではないかと思います。
    ただ消えてしまった愛する人を思うあまりに狂気に至ると考えるより、きっと迎えに来るよという言葉に未練(未練という言葉が江國ワールドには無いな~)がある為に現実逃避してしまった結果ととらえ方をするとまた全然違う話になります。

    危ないな~と思えるのはこの物語があまりにも綺麗だから。綺麗な物には誰しも惹かれていきます。
    言葉の綺麗さ、出て来る嗜好品の綺麗さ、(今となってはタバコはあまり好まれませんが)不健康と健康のアンバランス、言葉遊び、これらに引き込まれて行きます。

    映画を観た後に主人公に憑依してしまう様に、この本を読んだら葉子に憑依してしまいそうな。
    そんな危うさがたっぷり込められた物語でした。

全1171件中 1 - 10件を表示

江國香織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
江國 香織
吉本 ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

神様のボート (新潮文庫)に関連するまとめ

神様のボート (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

神様のボート (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神様のボート (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

神様のボート (新潮文庫)の作品紹介

昔、ママは、骨ごと溶けるような恋をし、その結果あたしが生まれた。"私の宝物は三つ。ピアノ。あのひと。そしてあなたよ草子"。必ず戻るといって消えたパパを待ってママとあたしは引越しを繰り返す。"私はあのひとのいない場所にはなじむわけにいかないの""神様のボートにのってしまったから"-恋愛の静かな狂気に囚われた母葉子と、その傍らで成長していく娘草子の遙かな旅の物語。

神様のボート (新潮文庫)の単行本

ツイートする