すみれの花の砂糖づけ (新潮文庫)

  • 3236人登録
  • 3.53評価
    • (261)
    • (265)
    • (755)
    • (55)
    • (9)
  • 255レビュー
著者 : 江國香織
  • 新潮社 (2002年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339207

すみれの花の砂糖づけ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 甘い甘い砂糖菓子みたいな詩集。
    だけど時々どきっとさせられる鋭いことばたち。
    愛情も孤独もいっぱい胸に抱えながら、だれのものにもならない芯の強さがとても好きです。

  • 仏生山温泉に入りながら読んだ本。
    恋に生きてきた人の恋の話。

    湯あたりと相まって、浮遊した世界にいるかのように感じました。ぜひお風呂で読んでみてほしい。

  • 表紙、文字の色、書体がすごくいい。
    見た目に惹かれて買ってしまいました。
    乙女心をくすぐります。

    何年か経ってこの詩集を読み返したら、「わたし、大学4年のクリスマスの日にこれ買ってひとりでお酒を飲みながら、おとなな気分に浸って読んでたなーうわー(照)」とか言って思い出すのでしょうかね。

  • 江國さん自身のことをモデルにしているのか、もしくは別の人をモデルにしているかは別として、都合よく愛されすぎてはいませんか。

    好きなものを並べているだけではありませんか。

    そんなことをずらずらと羅列するような詩では読むののがめんどうになってしまうよ。


    ひらがなの使い方は好きだけど。

  • 勿体なくて、すこしずつ読んだ(味わった)。

    なんかもう、本当に、角砂糖みたい。
    繊細で、透明で、細やかで、きれいで、ちくちくしていて。
    読みながら何度もため息をついて、表紙を見つめた。本をさすりながら装丁を眺めた。この本、ちょっと力を入れたら崩れて溶けてなくなっちゃうんじゃないかって、思った。角砂糖みたいに。

    「うしなう」「父に」に、胸をわし掴みにされた。

  •  題名からして素敵です。中身も題名みたいに甘くて素敵な世界でした。

      この一冊は、最初の詩から一気に少女の世界へと惹き込まれます。
    少女から子供へ、子供から大人へ、不思議な世界を漂っている感じでした。江國さんは少女の視点と大人の文才を持っている人だと思います。どれも本当によかったけど、中でも「結婚生活」と「父に」がお気に入りです。

  • 完全にタイトルと表紙に惚れて、あらすじも読まないまま購入。開いてみたら詩集だった。最初は詩ってどうなんだろうと思ったけど、読んでみたらしっかり江國ワールド。大人の女の人の詩集。

  • 女性が見える。ただふわふわと甘ったるく愛らしいのではない、「女性」という生きものが見える。

  • 小気味良い。
    テンポ、温度、さらっとしていてするっと読める。
    オーガンジーみたいな詩集。

    タイトルもいい。
    女の子、娘、女、妻、浮気相手、いろんな女の人の顔。
    素敵だ。

  • 詩集 やわらかい日常がみえる
    やっぱり江國香織の表現がすき

    p.14
    ○だれのものでもなかったあたし
    すみれの花の砂糖づけをたべると
    私はたちまち少女にもどる
    だれのものでもなかったあたし
    p.58
    ○うしなう
    私をうしないたくない

    あなたはいうけれど
    私はうしなえるのは
    あなただけだよ
    遠くにいかないでほしい

    あなたはいうけれど
    私を遠くにやれるのは
    あなただけだよ
    びっくりしちゃうな
    もしかしてあなた
    私をうしないかけてるの?
    p.83
    ○父に
    むかし
    母がうっかり茶碗を割ると
    あなたはきびしい顔で私に
    かなしんではいけない
    と 言いましたね
    かたちあるものはいつか壊れるのだからと
    かなしめば ママを責めることになるからと
    あなたの唐突な
    そして永遠の
    不在を
    かなしめば それはあなたを責めることになるのでしょうか
    p.124
    ○ボート
    あなたはとても体温が高いね
    肩に歯をたてたら
    あなたの髪が 海原になった

全255件中 1 - 10件を表示

江國香織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
江國 香織
江國 香織
江國 香織
有効な右矢印 無効な右矢印

すみれの花の砂糖づけ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

すみれの花の砂糖づけ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

すみれの花の砂糖づけ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すみれの花の砂糖づけ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

すみれの花の砂糖づけ (新潮文庫)の単行本

ツイートする