東京タワー (新潮文庫)

  • 5450人登録
  • 3.31評価
    • (260)
    • (511)
    • (1226)
    • (214)
    • (56)
  • 593レビュー
著者 : 江國香織
  • 新潮社 (2006年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339214

東京タワー (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  あれよあれよという間に読み進んだが、けっきょくのところ、オトナになろうと背伸びをしながら思う通りに行かなくなってしまった男の子と、まるで新たな母親を自分で選ぶようにコドモであり続けることを積極的に選択していく男の子の話。それぞれ性的な交わりも描かれ、いかにもオトナの場所が登場人物たちの舞台に選ばれているのだが、作品全体に漂うこの青くささというか、現実感の欠如したふわふわした感じはいったい何だろう。タイトルの「東京タワー」にも、いかにも思わせぶりな描かれ方なのに、記号としての存在感さえ感じられない。これはいったいどういうことなのか?

  • 登場人物がそれぞれ魅力的。
    本全体としてひんやりしててその空気感が好きな1冊。
    何回読んでも飽きひんのやけど、何故か結末が印象に残らない。不思議。
    多分ストーリーより空気を味わっているからやと思う。それでいいんちゃうかなー…

  • 「ここで、終わり??」というのが、正直な感想。

    大学生の青年二人と年上の既婚者の女性との恋愛。

    主人公の透は、母の友人でもある詩史との
    恋にどっぷり浸かっている。
    透の友人の、耕ニは悪魔のような喜美子に夢中になる。

    二人のカップルは、対照的な関係だと思う。
    透&詩史は、透の精神的な純粋さと繊細さがあり
    とても清潔な感じがする。
    詩史の、年上のズルさはあるが・・。

    耕ニ&喜美子は、欲望に満ち溢れた少しドロドロしたように感じる。
    透から見れば、耕ニは
    「本当に人を好きになったことは無い」

    二つの恋愛の行先は、関係性同様に対照的。
    最後は書かれていないので、気になる。
    また、少し大人になったら読んでみよう。

  • 恋はするものじゃなく、おちるものだ。

    年上の詩史と過ごす甘くゆるやかなひと時―大学生の透の世界は満ちたりていた。一方、透の親友である耕二は女子大生の恋人がいながらも、蠱惑的な喜美子との肉体関係に夢中だった。夫がいる年上の女性と大学生の少年。東京タワーが見守る街で、二組の恋人たちが繰り広げる恋愛を描く。

    私が本棚にずっと置いておきたい一冊。夜の間だけ暗闇にぼんやり浮かび上がる東京タワーの灯りのように、幻想的で儚い二組の恋人たちの物語が綴られている。詩史も喜美子も夫がいるのだが不倫の泥沼感は全く感じられず、むしろ純粋な感情(喜美子と耕二は感情と言うより欲望)で恋をしている。夫がいるが故にどちらの恋人たちも、いつかこの関係に終わりが来ることを感じながら寄り添っている。物語は情熱的な一方、終末の寂しさを常に漂わせている。さらに著者の静かな文章と絶妙な言葉選びで、ため息をついてしまうくらいに美しい物語に仕上がっていると思う。

    「恋はするものじゃなく、おちるものだ」という言葉の「おちる」は「堕ちる」にも通じているように思う。透も耕二も、不覚にも恋愛にどっぷりと浸かっていく。有り余る時間は学生の特権である。しかし透にとって詩史が全てであり、その有り余る時間で部屋にこもり、彼女からの電話一本をひたすら待ち続ける。詩史がいない場所には興味を持てず、どこにいても何をしていても詩史のことを考えてしまう。透の世界が徐々に詩史に染まっていく様が、恋愛の静かな狂気を感じさせる。そして読者もまた、東京タワーの下で繰り広げられる恋愛模様に惹き込まれ、心を奪われていくだろう。

  • 何度も読んでいるけど。うつくしい話。映画を見たので岡田くんと松潤が想起されるのも良い。

  • 恋愛が難しいのは、
    合理性との矛盾だと思う。

    例えばスポーツとか勉強だったら、
    それが好きでたまらないほど、夢中になればなるほど、
    有利であるし成功にも繋がる。『合理的』だ。

    しかし恋愛においては時に
    相手を好きであればあるほど、好きであるからこそ
    それが相手との確執を生み、時には別れという事態を招く。


    愚直なまでに1人の女性を思いつめ、
    最後には1つの形を成した透。
    何もかもを手にいれようと策を弄し、
    結果としてすべてを失った耕二。

    2つの若い恋愛の形は
    読者に何を語りかけるだろう。


    ちなみにどちらに共感するかと問われれば、俺は断然「耕二」だなー。
    単に読んでてそっちのが面白い説もあるけど。

  • 若い男性二人の目線で描かれた、それぞれの、年上の女性と不倫のお話。
    透明感のある文体で、生々しいような場面でもどこか浮遊感のようなものが感じられて、あまり人間臭くない。
    江國さんらしい。

    この恋の行方、気になるところ。

  • 物語にすうっと引き込まれるような感じが心地よかった。
    詩史のせりふが素敵だなと思った。
    大学生と主婦の危険な関係を描いているのに、東京タワーというシチュエーションが、物語の温度をほどよく冷ましていると思う。
    けど、最後の展開はバタバタしていて、あまり好きではなかったなぁ。

  • こういう本、男子高校生とか男子大学生が普通に読んだりするのだろうか。もしいるなら、感想を聞いてみたいと思う。

    基本的に二人の大学生(男)を主人公として語られる恋愛物語である。高校時代の友人である二人は、確かにそれなりに魅力のある若者なんだけど、なんというか影が薄い。自分のペースで人生を渡っていっているようで、実は女たちに振り回されているに過ぎないと言うことが、あとになればなるほどわかってくる。

    それに比べて、女たちの魅力はどうだろう。軽薄な男である僕には、やっぱり詩史さんの魅力は謎めいていてすごいけど、そのほかの女性たちもとても生き生きとしていて、切ない。男性二人の視点から描かれる物語では女性たちの心の中をのぞくすべはないのだけれど、だからこそ、彼女らの豊かな内面を想像せずにはいられないし、それを想像できない男性二人がじれったくなる。

    情熱的な喜美子も悲しいし、由利の一途さも寂しい。でも、一番心に残ったのは、後半にさっと登場し、人生が思い通りに行くものではないことを全身で相手に教える吉田さんである。人生が行動能力外のものになる、というフレーズはすごいと思うけど、人生を行動能力内であると思い込めるあたりが「若さ」のものすごいところで、そういう若さを,別の若さが簡単に粉砕してしまうのが、恋愛の一番怖いところだ。

    それにしても、この小説に「東京タワー」というタイトルをつけるセンスというのはすごいと思う。あの場面で,唐突に物語を語り終えるのも。
    2009/3/8

  • すっかり江國香織holicみたいになっていて、
    彼女の作品ばっかり読んでるなぁ。


    江國さんの作品は、
    読み返すたびに感情移入する人物が変わることが多い。
    これもそう。
    前に読んだときに共感したのは、
    耕二の彼女の由利ちゃんだった。
    それはもう、圧倒的に。
    でも今回はそうじゃなかった。
    立場的には一番近いはずなのに。


    前にはわからなかった詩史の心の揺れが、
    今ならちょっとわかる。
    詩史は詩史で透のことを愛してしまったんだとわかる。
    「ひどい夏」を迎えるのも自業自得だと思っていた耕二が、
    実は一番大学生らしく積極的に人と関わろうとしていて、
    そのぶん一番健康的なんじゃないかと思った。
    少なくとも透よりは。


    東京タワーの見える街での恋物語。
    「恋はするのもではなくおちるものだ」 という言葉が、
    本当に透によくあてはまっていると思う。
    静かに落ちて、おぼれていて、それが少しこわくさえある。

    「するものではなく、おちるもの。」

    でも、落ちたところからの抜け出し方が書かれてないから、
    わかるけれども踏み込めない。


    江國香織の小説には、音楽がよく似合う。
    静かなBGMを聴いているような感じがする。
    それから、この小説には雨がよく似合う。
    雨の日にまた読み返したくなるような気がする。

全593件中 1 - 10件を表示

江國香織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

東京タワー (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京タワー (新潮文庫)の作品紹介

人妻と関係を持つ二人の大学生が、世界の全てだと考えて、彼女と過ごせる時を途方もなく幸福だと感じる人と、本名の彼女がいます。それでも人妻との関係を辞められない人が、会えない時に彼女の好きな音楽や本を読み聴きしています。
19歳の大学生と人妻が冷静で朗らかです。正直に生きていると、楽しいことがあるという東京タワーの物語です。

ツイートする