号泣する準備はできていた (新潮文庫)

  • 8279人登録
  • 3.09評価
    • (191)
    • (481)
    • (1746)
    • (402)
    • (103)
  • 645レビュー
著者 : 江國香織
  • 新潮社 (2006年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339221

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉本 ばなな
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

号泣する準備はできていた (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 見慣れた日常の中で、当たり前にそばにあるものが静かに崩壊していく様を切り取った12編。

    あるとき突然に訪れる悲しみ。しかしその予兆はきっとどこかにあるはず。それを感じ取り、いつか悲しみがぶつかってくる用意を心のどこかで行っているのだと思う。
    この短編集を読んでそう思ったとき、著者の他の作品で出てきた「物事には準備する時間は与えられていない」という言葉が思い浮かんだ。全く対称的だが、どちらの言葉も正しいと思う。予期していながらも回避する事が出来ず、じわじわと悲しみが増していくのをただ眺めることしかできないのは、それはそれで辛い。せめてそれが少しでも早く癒えてくれるのを願うだけである。

  • 中学生で読んだ江國香織は意味が分からなかった。
    大学生になって読んだ江國香織は私の頭の中そのものだった。

    上手く言語化できない、わやわやしてもやもやしてぐんにゃりした不安感か高揚感のようなものが、日常には詰まっている。そんな日常的な頭の中の物語を文章にしたのがこの人のこの短編だとおもう。少なくとも私にとってはそういう小説である。

    いちばん好きなのは熱帯夜。ゆらゆらしてはいても幸せの話であることと、ビアンの話であることが理由。ああ、こういう幸福感に苛まれていたい。

  • 「かつてあった物たちと、そのあともあり続けなければならない物たちの、短篇集になっているといいです。」とあとがきにあった。
    なっていたと思う。
    何故かとても落ち込んでしまった。

    読んでいる間は、静かな物語の中の憂鬱にぷかぷかと漂っているような心持ちだった。
    泣き出したくても、泣く勢いはなくなってしまったような寂しさだと思った。
    『号泣する準備はできていた』というタイトルが、激しい感情を伴った言葉という印象から、号泣出来なかった女性のつぶやきのような弱い印象の言葉に変わった。
    とてもいいタイトルだなという感想は変わらないけれど。

  • 大人女子向けな短篇集で、未熟なオイラには早すぎたのかもしれません。 ―― https://bookmeter.com/reviews/66673353

  • 寝る前にひとつずつ読み進めて、この前ようやく読み終えた。
    はじめ、私はこの本を長編小説だと思っていて、短編集なことにびっくりして、短編がかなり短い部類の短編なことにもびっくりした。

    この本を読み終わったとき(細かく言うと『そこなう』を読み終わったとき)、なにか判別のできない涙が溢れそうになってしまった。
    言葉にできない悲しさ、苦しさ、さびしさ、愛しさがつらいくらいに言葉で表されている本。自分の心がつらくねじ切れそうになったとき、この本がそばにいたら、わたしはきっと明日を迎えられるだろうなって思わせてくれる。

    好きな短編は『どこでもない場所』『号泣する準備はできていた』『そこなう』。

  • ひとりひとりに人生があって。
    この人といたら最強!みたいな気持ちがあるから結婚するんだろうけど、それが続かないこともあるし、この人といたら最強!ってひとといろんなことがあって一緒にいられなくなっても、やっぱりずっと忘れられないこともあるだろうし。
    ドラマや映画になる人は一握りだけど、全員にそれぞれの物語があるのは当たり前なんだよなあ。

  • この本にでてくるひとはみな、ものわかりがいいみたい。
    自分の状況や、素直になれない気持ちのことをよくわかってて、冷静。
    タイトルからしてそうで、悲しいことがあって、なにが悲しいのかわかっているような人たち。
    わたしはそんなに冷静に自分のことを考えられないし、号泣するのに準備なんてしていられない。

  • 江國さんの短編は初めて。どの話も、色で表すと灰色、のような印象。短調で、静かで、文章は柔らかいのにそこを剥がすと小さな刺があちらこちらに生えているような。江國さんの描くキャラクターはやっぱりどこか浮世離れしている人たちが多い気がする。周りの人間に振り回されているけれど、己のルールを決して曲げない、そんな女の人がたくさん出てくる。それが結構好きた。

  • 男性には理解しにくい感覚なのかも、それか自分だけかもしれないが、読みにくくはないのだけど、後にのこるものも少なく、手ごたえなく感じた。

  • 中学生の時に江國さんの作品を初めて読みました。それがこの、号泣する準備はできていた、です。中学生の私はまだ世の中のことや男女のこと、女同士のこと、等、分かっていなかったか、分かり始めようとしていたので、(それまでファンタジーばかり読んでいたせいもあるかも知れませんが)この本との出会いはとても印象的でした。中学生だった私は、分からないなりに(少しは分かりながらも)このお話の心地よさを感じていました。

  • 江國さんの短編集。読みやすい。熱帯夜が個人的には好きだが、どれもさらっと、繊細に描かれている。江國さんらしい一冊。

  • せつなくて自分に酔うにはぴったりの短編集です。
    お酒のみながら まったりと読める(笑)
    泣きたいけど 泣けない もやもやした感じ。
    もどかしい。

  • 過去には戻れない、というメッセージを含んだ短編集。それぞれの登場人物たちがふと過去を顧みるシーンがどの作品でも印象的であり、キーになっています。
    こういうコンセプトの短編集はおもしろいなあ。

    お気に入りは「前進、もしくは前進のように思われるもの」。
    その次が「洋一も来られればよかったのにね」。報われない恋の話が好きなので。
    「どこでもない場所」も。あの真夜中から夜明けにかけてのふわふわしたした雰囲気は、誰だって一度は経験したことがあるはず。 そんな楽しい時間を思い出させてくれるお話でした。
    最後の「そこなう」はつらかったけど、それ以上に印象的でした。いいことも悪いことも含めて時間は何もかも風化させてしまうのだと感じます。

    ひとつひとつが秀逸な作品、というわけではないけど、全編読み終えたときに、達成感というか、不思議な読後感が残ります。

  • 江國さんの短編集。読みやすいです。熱帯夜が個人的に好きですが、江國さんらしく、どれもさらっと繊細に描かれております。

  • 何かに対して、なんとなく心にある不安や別れの予感を持つ人達。
    悲しみが不意に訪れても、きっと大丈夫。切り抜けられるものよ・・・と
    そんなメッセージを含んだ短編集でした。
    この本を読んで、「穏やかにじわりじわりと広がる不安と切なさ」
    「不意にやってくる別れ」に、どこか空しさというか
    人間て結構悲しみも流していけるものよね(´Д`)どこかで引きずる部分も
    あるだろうけどさ・・・と、励まされると言うよりは
    切ない気持ちになっちゃいました(=_=;

  • 私はたぶん泣きだすべきだったのだ。そんな暗喩にみちたみたいな夢を好きな男がみただけで胸を塞がれるが、それをそんなに真正面に、やさしい声で説明されるなんて大惨事だ。「号泣する準備はできていた」江國香織 読了。 久しぶりの江國ワールドを堪能。

  • 今年6冊目。
    2013年始めに読んだ本。
    江國香織の直木賞受賞作。短編集。

    表題でもある
    「号泣する準備はできていた」
    というフレーズは綺麗で意味深で印象的で、
    実際に本文中に出てきた時には鳥肌が立った。

    だけど,何回読んでもどういうことか解釈ができなかった。

    江國香織の作品て女性らしくて詩的な感じがして、
    なんだかピントの合わない、
    おしゃれ気なお話だなぁというのが正直な感想で
    読み終わった時点ではいまいちに感じたのだが、
    あとがきを読んで合点。
    そういうことだったのかと、また鳥肌が立つ。

    "喪失の前には必ず所有がある。"
    だから、

    そのときにはすでに、"号泣する準備はできていた"のだ。

    今が過去になる覚悟って人は少なからずしているもの。


    そういう、細やかな感覚や、その表現力。
    なのに、ここでさらっと使うのか…と、
    作家の力と自分の愚鈍さを改めて感じた。

  • 江國香織はなんだか、シャレオツな感じ。登場するのは、きれいな、清潔感のあるスラリとした女性を思わせる。
    だからか、自分との違いからか、最近は読んでなかったけど、やっぱり文章がよいですなー。

    『号泣』とタイトルにある、衝動的な、激しい感情表現ではなく、悲しみや、喪失や、葛藤や、様々な感情を受け止める準備をしている、静かに待っている姿の人々を描いた短編集って感じ。既に存在している感情を受け止めようとしている。しんと静かな文章から感じる。
    著者あとがきより引用。
    いいなと、思った文章。

    “たとえば悲しみを通過するとき、それがどんなにふいうちの悲しみであろうと、その人には、たぶん、号泣する準備ができていた。喪失するためには所有が必要で、すくなくとも確かにここにあったと疑いもなく思える心持ちが必要です”

  • せつないショートストーリー集。一言でいってしまえば「せつない」のですが、ストーリーごとに違ったせつなさにどっぷり入り込んでしまいました。『じゃこじゃこのビスケット』が、いちばん気に入りました。

  • 高校入試の国語問題で出会った「じゃこじゃこのビスケット」。わたしと同じ高校を受けた人ならピンとくるのでは。そんな思い出に星5つ。

  • ―「だって、私たち行き止まりにいるのよ」(熱帯夜)

    ―「人生は恋愛の敵よ そこには時間が流れてるし、他人がいるもの」(熱帯夜)

    ―「百年ぶりみたいなごはんだわ」(手)


    一番好きなのは「そこなう」。次が「号泣する準備はできていた」。
    そのくせ好きなフレーズは他の章にある。不思議。
    私の好きな最後の2章はふたつとも、がむしゃらに苦しい。激しいものを静かにとらえる。湧き上がるものがあって、着々と攻めてくる。爆笑したり号泣したりはしない。ただ苦しくて悲しくて清々しい。なつかしいきもち。馴染み深いきもち。

    好きです。

    「号泣する準備はできていた」の性描写が印象的だった。なんてすてきなんてすてきなんてすてき、ともかくもっともっともっともっと。じゃんじゃん。

    星5つは、この2つの章に。「熱帯夜」もかな。

  • 日常の何気ない景色を切り取って、とても美しい言葉と、オシャレな彩りで表現されている

    悲しみを通過きする時、それがどんなに不意打ちの悲しみであろうと
    その人には多分号泣する準備が、出来ていた

    喪失するには、所有が必要で
    少なくとも、確かにここにあったと疑いもなく思える心持ちが必要

    という深いテーマが、よくわかった

    この作家さん
    素晴らしい才能があるなぁと感心しました

    直木賞受賞

  • 何かが失われていくまでのひと時を描いた短編集。
    失うのは、それまで保有していたから。
    なにかをなくすということは、持っていたことの証拠。

    登場人物はそれぞれひとくせありそうな人ばかりだけど、
    誰かに自分が重なる気がする。

    失うときは、どこかで気づいているのだと思う。
    なくしたことこそが新しい始まりなのだと思えるまでの準備時間なのかもしれない。

  • 初 江國香織。
    短編12編。直木賞受賞という事で手に取りましたが、まだ私には早かったかなあ。
    若ぶるつもりはないけど、出てくる女性がほぼ30代で、テーマが結婚、浮気ばかりなのであまり感情移入できない。
    直前に読んだ山本文緒の「ブラック・ティー」のほうが好き。
    何年かしたら再読したい。感想も変わりそうな気がする。

    蛇足ですが、私は江國作品に対して「江國香織を読む私ってセンスいいでしょう?このよさが分かる私って知的でしょう?」なオーラをふりまく女が読んでいるという非常に偏ったイメージがあるのです…。村上春樹も然り。
    なので今まで未読でした。
    今年はこういった偏見を打ち捨てていく年にしたい。
    もう7月だけど。

    2012/07/15

  • 数年前の入院中、いちばんつらい時に読んだ初、江國本。
    入院前になんとなく中古本100円で購入した。

    最初は淡々としていてなんだコレ?って思ったけどあとからじわじわと効いてきて、それ以来時々読み返したくなるから不思議だ…。

    内容はちょっとしか覚えてないけど、落ち込んでいた時期に読んだので、自分の人生の節目と重なり…泣きはしなかったけど凹んだ。
    でもその反面互いに共鳴しているような気もした。自分で直感で買った意味はあるなと思った本でした。昔ハマッた森瑤子っぽい作風だな…と感じた。

全645件中 1 - 25件を表示

号泣する準備はできていた (新潮文庫)に関連する談話室の質問

号泣する準備はできていた (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

号泣する準備はできていた (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

号泣する準備はできていた (新潮文庫)の作品紹介

私はたぶん泣きだすべきだったのだ。身も心もみちたりていた恋が終わり、淋しさのあまりねじ切れてしまいそうだったのだから-。濃密な恋がそこなわれていく悲しみを描く表題作のほか、17歳のほろ苦い初デートの思い出を綴った「じゃこじゃこのビスケット」など全12篇。号泣するほどの悲しみが不意におとずれても、きっと大丈夫、切り抜けられる…。そう囁いてくれる直木賞受賞短篇集。

号泣する準備はできていた (新潮文庫)の単行本

ツイートする