雨はコーラがのめない (新潮文庫)

  • 1676人登録
  • 3.42評価
    • (78)
    • (128)
    • (269)
    • (41)
    • (11)
  • 132レビュー
著者 : 江國香織
  • 新潮社 (2007年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339245

雨はコーラがのめない (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 僕はあまりエッセイを読むことがなくて、しかも江國香織とか食わず嫌いだし、まさかと思ったけど、これがすごくよかった。

    「雨」っていうのは作者の飼ってるアメリカン・コッカスパニエルという犬の名前なのだそうだ。この「コッカスパニエル」っていう犬種が僕にはすぐピンと来なくて、結局読み終わるまで調べなかったから、僕は雨がどんな外見なのか理解してない。想像の中で、近影写真で見たもじゃもじゃパーマの江國さんと、彼女によく似たくるくる巻き毛の雨が、僕の知らないムーディな音楽のかかる部屋の窓から、退屈そうに降りしきる雨を見ている。

    作品に登場するのは、作者のわたしと、犬の雨、だけだ。
    雨はよくしゃべる。もちろん、「わたし」が勝手にふきだしをつけてるだけなんだけど、そこに実際には言葉が存在しないからこその、愛というか、信頼関係みたいなものが感じられて、安心できる。それとはまた逆に、何年も一緒にいるはずなのに、相手(雨)の行動が理解できない描写なんか、恋愛小説のそれよりきゅんと切なくなってくる。

    結局、人間は自分以外のなにも(家族も恋人も、飼い犬も)理解できないのだということ。だけど、その越えられない壁の存在こそが、相手を愛おしくさせるのだということを、雨は教えてくれる。

    愛犬家のための一冊。

  • この本は小説というより
    愛犬 雨と音楽のことを書いたエッセイ
    といった感じの本でしたね

    もともと江國香織さんという作家さんは
    とても叙述的な文章をお書きになる作家さんだと
    私は思っていて、それが音楽のことを書くと
    まぁぴったりとくるではないですか!((´∀`*))

    たまにはこういう、ストーリーのない文章を
    読むのもまた、気分転換になって面白いです

    サラサラと負担なく読めます
    可愛いワンちゃんも出てくるので
    ホッと出来ますよ

  • 私は洋楽に疎い。
    ゆえに、江國さんが挙げる数々のCDやアーティストは、まったく聴いたことがないという有様だ。
    名前だけはビートルズとホイットニー・ヒューストンだけは知ってるけど…、それだけ。(^^;)
    それなのに、ものすごく楽しめてしまったこの作品。
    会ったこともない他人の愛犬と、知らない音楽の話なのに。
    それはもう、江國さんという作家の、人間の、魅力というしかない。
    優雅な気分が味わえるのだ。
    何だか、勝手に江國さんの部屋にあがりこみ、「まったり」したような感じ。
    「掃除をさぼっているので、埃がいっぱい」だなんて書かれているが、どうしても私の頭の中に繰り広げられる江國さんのお家は、掃除が行き届いた、シンプルでキレイで緑が溢れたお部屋。
    こんな時間の過ごし方、いいなぁ。

  • 愛犬と、音楽にまつわる、お話。
    うらやましいなぁ。

  • 江國さんと愛犬雨と音楽のエッセイ集。雨という名前は本当に秀逸だ。こんな素敵で紛らわしい名前の犬がいるだろうか。

    きっと曲を聴いてから読み返したら、共有できる気配が全然違うはず。でも聴かなくたって構わない。なんとなく聴こえてくるし、聴こえてきた音が正解でなくても楽しい。

    江國さんみたいな素敵な生活に憧れるけれど、おそらく自分には向いていないから、本を読んで満足する。江國さんの作品にはそんな本が多い。

    雨への降り注ぐような細やかな愛がいろんなところに感じられた。

    雨の反応はいつも、言ったような言わなかったような曖昧だけど的確なそんなかんじ。
    雨は健やかで、動物として正しい。

  • 現実的な夢のような物語
    ・エッセイという名目で書かれている作品ですが、
     現実感があり、同時に夢のように穏やかなひとつの物語作品
     として読むことができる作品です。

    ・もちろんエッセイとして現実のことを書いているので、他の江國さんの作品に比べて、設定に嘘や無理な奇抜さがないため、イメージがわきやすく、それでいながら、物語めいた音や感覚がふんだんに伝わってくる作品です。

    ・本書から皆さまが感じているような孤独さや、切なさは、
     物書きの孤独なのだろうかと個人的に感じるところがありました。
     美味しい音楽を沢山聞いて、過去の自分や景色をみつめ、愛犬と語らいながら、文章を紡いでいく。そんな生活からくる孤独、それでも文中にあるような暗くはない、立派な孤独なのかなと思うところがありました。
    ・江國さんの作品のなかで、一番好きな作品です。

  • 無防備で、やんちゃで、生命力があって、勇敢な「雨」。
    雨と江國さんのふたりの時間にいざなわれると、江國さんの小説のように、幸福と不幸の境目がわからなくなる。
    読んでいて、すこし淋しくなった。理由はわからないけれど。

  • 考えてみれば 当り前だ

    犬は コーラを飲まない

    そんなタイトルが自然に浮かぶくらいに

    雨という存在は この作品に馴染んている

    江國氏が感じるように その体温を 感じる


    この人の作品を初めて読んだのは
    ホリーガーデンだったと思う
    女性版村上春樹のようだと その時は思った

    それからどうしようもなく虜になったのが、
    『絵本を抱えて 部屋のすみへ』という本で

    衝撃というか、 眩暈がした

    こんなにも甘く、切なく、寂しげに、
    別れ際に残った体温のように、
    どうしようもないものを残していく言葉を
    綴る人なのだと、思った

    小説よりむしろ、この人の言葉が もうそれだけが 好きなのだと 思う

    食べるように 飲み込むように それは甘く、美味しく

    そしてその恍惚感に 浸りながら 酔ったように 頭がくらくらしそうになる

    少なくても 私はこんな言葉は綴らない 綴れない

    こんな言葉を持ってしまったら そんな言葉で象った世界は
    あまりに美して 切なくて 耐えられそうに ない



    それでも 作中で次々と再生されて
    口ずさまれる歌を 聞くように 読みながら

    思う

    私は こんなふうに日常の物事と 向き合ってきただろうか

    ――と

    この両手を 少し 差し出してみようと思った

    精彩を欠いた世界に 輪郭が 少しだけ 戻るように

  • このタイトルはずっと勘違いしてた。
    面白いことを思いつくよな、雨がコーラを飲むかどうかなんて思ったこともない!と思っていたら、犬のことだった。なぁんだ。刺繍の糸の犬の表紙が好き。

    音楽をよく文字に出来ると思う。感心する。ゆっくりyoutubeでそれぞれ聴きながら今度は読んでみたいと思う。

    世良公則、スティング、ロッド・スチュワートの声がどうしたって好きという彼女に激しく同意。

  • エッセイでも江國さんは素敵。
    だけど、耳なじみのない曲ばかりだったのが残念。
    また江國ワールドにはまりそう。

全132件中 1 - 10件を表示

江國香織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

雨はコーラがのめない (新潮文庫)に関連する談話室の質問

雨はコーラがのめない (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

雨はコーラがのめない (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

雨はコーラがのめない (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雨はコーラがのめない (新潮文庫)はこんな本です

雨はコーラがのめない (新潮文庫)の単行本

ツイートする