がらくた (新潮文庫)

  • 3035人登録
  • 3.42評価
    • (106)
    • (289)
    • (340)
    • (100)
    • (21)
  • 308レビュー
著者 : 江國香織
  • 新潮社 (2010年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339269

がらくた (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「人は人を所有できるが、独占はできない。どうしても独占したいと望むなら、望まないものを含めたすべてを所有する以外にない。」
    狂気を感じさせたが確かにそうなのだろう。
    柊子の原さんに対する愛が狂っていて引き込まれてしまった。最後はうーん?って感じだったけど…

  • なんだろう。
    再読なのに、前の感想が思い出せない。
    おかしな夫婦の物語、くらい。

    それなのに今回は!

    ラストの10ページのためにあったんじゃないの?この物語は、というかんじ。

    美海の感情に、共感。
    こんな感情、今になってリアルに甦るなんて。

    会いたいって言われて嬉しかったの。
    不行き届きなまねをして欲しいの。

    なんてストレートでなんてかわいらしい。
    たまらないでしよ、これ、男の人は。

    生まれ変わって美海になりたい。

  • 江國香織さんの本の中で神様のボートと競るぐらい好きな作品です。

    言葉では到底表せれ無い男女間の心理ゲームがいたいほど言葉で表せているすてきな本です。

    私達は、このめんどくさい感情の中に生きているんですもんね。

  • 江國香織の書く女性は、狂気の中で恋愛をしていることが多い。
    狂気とゆう言葉とは裏腹の、透明感を感じさせる文体。そこがまた、狂気と、危うさを際立たせている。

    他の人も書いてるけど、神様のボートを思い出して、読みたくなったー。

  • わからないようでわかるようで、結局わからない
    恋愛ってわからない
    矛盾ばっかり!

  • なんだか妙に複雑な夫婦と周りの人達、、、。
    なんで、こんなに淡々と過ごせるのかが不思議なくらい淡々と静かに話が進んで行く。
    何か超えちゃってるよねぇ。
    アタシは柊子にもミミにも誰にもなれない、、、。

  • 数年ぶり…『間宮兄弟』ぶりの江國さん。登場人物の誰にも共感できなくて、幸せ(笑)。私的にはまったくリアリティも、残るものも、ない話。

  • 登場人物の恋愛観に共感できない部分が多かった。

  • 人それぞれの深い愛情が、様々なかたちで表現されていて、面白かった。

  • いつまでもこんな恋愛至上主義の作品を書ける作者はすごい。子育てしているとそういったことが遥か昔のことに感じられ、自分とは程遠いことのように思えてくる。それでも恋愛のドキドキは楽しめた。野ばらの解説に納得。彼の本も読んでみたくなった。

全308件中 1 - 10件を表示

江國香織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

がらくた (新潮文庫)に関連する談話室の質問

がらくた (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

がらくた (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

がらくた (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

がらくた (新潮文庫)の作品紹介

私は彼のすべてを望んだ、その存在も、不在による空虚さも-。45歳の翻訳家・柊子と15歳の美しい少女・美海。そして、大胆で不穏な夫。彼は天性の魅力で女性を誘惑する。妻以外のガールフレンドたちや、無防備で大人びた美海の心を。柊子はそのすべてを受け容れる、彼を所有するために。知性と官能が絡み合い、恋愛の隙間からこぼれ出す愉悦ともどかしさを描く傑作長編小説。

がらくた (新潮文庫)の単行本

ツイートする