源氏物語九つの変奏 (新潮文庫)

  • 446人登録
  • 3.02評価
    • (5)
    • (14)
    • (60)
    • (14)
    • (4)
  • 51レビュー
  • 新潮社 (2011年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339627

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
江國 香織
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

源氏物語九つの変奏 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 豪華絢爛。でした。
    読んでいて幸せでめまいがする。
    江國香織、角田光代、金原ひとみ…ほか九人が書く作家ごとの渾身の「源氏物語」。光源氏の、女性たちの、魅力的なこと、憎たらしいこと、生々しいこと、したたかで、かわいそうなこと。
    角田光代さんは意外なアレンジでしたが初期作品しか読んでいない自分としてはかなり癖を残してくれつつのエンターテイメントで大好きだ。女の子の純粋無垢の裏側。
    小池昌代さんの物語ははじめてでしたがすっかり虜になりました。女の心とからだは、やわくつよい、水、に似ている。そういう美しい描写。
    「川の水よ。わたくしをたちまちのうちに、分解して、骨までをも…どうぞ、微塵も残してくれるな。」
    悲しい最後。

    江國さんの夕顔は素晴らしく可愛らしかった。

    末摘花はみなさまが言われるように天才的な可笑しさ。いるいる…?、こういう……ぷっ。

  • 作家さんそれぞれの解釈、視点が面白かったです。忠実な現代語訳だったり、設定が現代に置き換わっていたり、でも根底はしっかり『源氏物語』で、私が読んだことがない作家さんの文の雰囲気も味わえて、得した気分です。
    角田光代さんの「若紫」と金原ひとみさんの「葵」はなまめかしくて、女性ならではのアプローチだと思いました。
    好きなのは、簡潔な文章の中にも儚げな情景が浮かび上がる江國香織さんの「夕顔」と女三宮視点で描かれた桐野夏生さんの「柏木」です。

  • 源氏物語を9人の作家が描いたアンソロジー。

    ほんの気まぐれで購入したんだけどすごく面白かった!

    町田康さんの「末摘花」は腹筋引きつるぐらい笑った。

    興味深かったのは桐野夏生さんの「柏木」。

    キャラ的な扱いの多い源氏を(原典がそもそもキャラ小説っぽいんだけど)ものすごく人間臭く描いていて、主人公の葛藤や人生よりも描かれた背中やため息が印象強かったです。

  • 源氏物語をまた別の視点から見られるようで、単なる現代語訳で読むより理解が深まる感じもするし、おもしろかった。源氏物語ってやっぱりおもしろいんだなー。よかったのは、江國香織の夕顔(わりに地味にオーソドックスにまとまった感じだけれど、源氏が、ものごとのよい面をさがすのに長けている、っていうのがなんだかすごくツボ。そういう感じ)、町田康の末摘花(いやー、おかしかった、笑った! なんともすばらしい! 命婦の口調とか。命婦の人柄がよくわかったような)、金原ひとみの葵の上(マタニティブルーみたいな葵、頼りない光、がまさしくそんな感じ)、桐野夏生の女三宮(はじめて女三宮のことがわかったような気がした。年とって不満やいらつきが多くなった源氏、っていうのもすごくそんな感じ)。個人的に生理的に単なる好みでイヤだったのが、角田光代の紫の上。紫の上が熱い国の売春宿にいる子ども、っていうのが、なんか悲しくて憂鬱になった。まさにそのとおりかも、って思うんだけど、イメージが壊れるというか。

  • 町田康の末摘花がおもしろかった。
    あと女三の宮視点で書かれたものを読んだのが初めてで柏木が新鮮でした。

  • 源氏物語を題材とした9つの作品を集めたアンソロジー。
    ほぼ現代語訳というものもあれば、時代はそのままに面白おかしく喜劇に仕立てたもの、舞台を現代に置き換え内容も大胆にアレンジしたものなど様々。
    タイトルに惹かれて書店で手に取ったが、江國香織が参加しているのを見てそのままレジに持っていった。彼女の筆で描かれる源氏物語はどんなものなのだろうと興味を覚えたからだ。

    以前何処かで、源氏物語では光源氏は「主役」ではなく「狂言回し」だ、という意見を見かけたことがある。光源氏の恋の冒険譚ではあるが、本当の主役は彼ではなく恋の相手となる女性達だと。
    確かに光源氏とそれぞれの女性との間に描かれる恋模様の違いは、そのまま相手となる女性の個性の違いとも言え、そう考えると個々のお話の「主役」は相手の女性と言えるのかもしれない。

    その個性豊かな女性達の中で、私にとって何を考えているか分からなかったのは夕顔だ。
    少女のようにあどけなく、男性の庇護欲をそそるような可愛い女性。そういう人物なのは分かる。ただそれは彼女の振る舞いがそう描かれているからであって、その裏にある心についてはどうにも分からず、長年もどかしい思いを抱えていた。
    そんな中、収録作の「夕顔」では、状況をあるがままに受け入れ、理屈よりも感覚を重視して生きている女性として描かれている。臆病なのに、いや臆病だからこそ、自分が置かれた状況抵抗せず、いつの間にか馴染んでしまうのだろう。
    いかにも江國香織が得意とするタイプの人物で、彼女の作品を読みなれている身としてはすんなり読み進められた。個人的には、この作品で初めて夕顔がどういう女性なのか少し理解できたように思う。「マ・シェリ」とか「チューインガム」等の一部の言葉には苦笑してしまったが、相変わらず綺麗な文章だし、手にとってよかったと思う。

    他に印象に残ったのは桐野夏生「柏木」、小池昌代「浮舟」。

  • 9人の現代作家が9帖の「源氏物語」に挑戦しましたが、残念ながら、原作のレベルに迫るものはなく、千年はおろか数十年先に残りそうなものすらありません。ただ、「柏木」は女三の宮の目線で描かれ興味を引きました。「源氏」に挑戦するのは女性側の目線というのは有効ですね。当時の女性は言葉少なですが、感受性は現代人を凌いでいそうですから。

  • 「末摘花」源氏の君の悩みが人間臭く面白い。
    「柏木」女三の宮の目線から見た恋愛観。源氏の君を疎い柏木を受け入れた心理がわかった気がする。
    源氏物語も現代風に解釈するとこんな風になるんだなぁ。

  • 「源氏物語」語りに挑戦する。

    現代語訳、といってもやり方は色々なのだと思う。違う話になっているものもあれば(時代とかが)、普通にするっと現代語訳だなというものもある。

    町田康「末摘花」源氏のやさぐれ感がなんともいえない。この感じで全部書いたら、源氏物語はこんなに後世まで残らなかっただろう。多分。

    金原ひとみ「葵」時代は現代。葵と光の妊娠なんやかんや。すごく金原ひとみっぽい。この企画としてはこれが一番成功例なのではないかと。でも、原作だと葵死ぬよね。これは未来を感じるかたちで終わっているけど、この後死ぬと思うと。

    角田光代「若紫」これも時代は現代に移って、幼い若紫視点。ううん、角田光代怖い。角田光代は平然とした顔でえげつない話を付きつけてくるイメージ。これも若紫の、よく考えたら源氏危ない人じゃね、という奇妙さをよくあらわしている。

  • どうなんでしょうか。

    作家とはそれぞれに著したいものを心に抱く存在で。人の言葉に仮託することなどできる人たちではないように思うのです。

    変奏曲は原曲の魅力を生かしてこそ。

    私は読むべきではなかったかもしれません。原典への思い入れが強すぎます。

  • 2013.10.20読了。
    「私たちは何と物狂おしい運命を生きていることでしょうか。皇女という身分の私は、決して愛を得られない運命。紫の上様は、愛を得ても地位を得られない運命。六条院様は、すべての女人の和を望んでいらしたのに、私を入れることで壊しておしまいになったし、私を欲した柏木様は病を得られた。すべては、六条院様の欲望が、周囲の人間を皆不幸にしているのでございます」(桐野夏生「柏木」)

  • それぞれの作家の色が出ていて、比較するのが面白い。
    浮舟、好きだなあ。タイムスリップ感。

  • 桐野夏生氏による女三ノ宮視点の物語は斬新で良かった。

  • 130413*読了
    源氏物語をほとんど読んだことがないので、この本で大方の流れを学びました。
    江國香織さんの源氏物語「夕顔」が読みたくて、開いたこの本。
    作家さんによって、こんなにも表現の仕方が違うとは。
    実際の源氏物語にも興味が湧きました。

  • 著者、それぞれに個性の見られる源氏物語短編集で、作品によって、好き嫌いがくっきりと出ました。
    原典とあまりにかけはなれた、独創的かつ現代的な書き方の話は、源氏物語オリジナルのもつ品性や色褪せない感性が感じられず、読まなければよかったとすら思いました。物語全編読んだ上で、オリジナリティーを出したのかと疑問…。

    桐野夏生さんの『柏木』の章は素晴らしく良かった。物語原典を崩し過ぎず、見方をほんの少し変えることで作者独自のスパイスの効いた仕上がりになっていました。

  • 町田康の末摘花、いい。

  • いろんな人が書く『源氏物語』。

    設定がばらばらで入り込めず。

    あさきゆめみし読も。

  • 源氏好きだし、金原ひとみ目当てで購入。
    短編集なんだけど、それぞれの章であまりにもテイストが違いすぎて、集中力を切らさず読むのがとにかく難しかった(´・_・`)
    でも末摘花の章は秀逸だった!!

  • 源氏物語のアンソロジー。

    ある人は今まで発表された数々の名訳に挑むかのように原文を忠実に訳そうとし、ある人は女性の側に焦点を当て心情を語らせてみせ、ある人は舞台をガラリと変えて現代風にアレンジしているといった風に、九人の現代作家が九人九様の解釈で源氏物語を現代語に訳している。

    角田光代さんの「若紫」は紫の上の心情を現代風の舞台でアレンジして表現しているのだけれど、なんとなく「曾根崎心中」の遊女お初を彷彿とさせた。もしかしたらこのアンソロジーから着想を得たのかもしれない。

    町田康さんの「末摘花」は特に笑えて面白かった。源氏の頭の中将に対する心の声は本心なのか冗談なのか分からないが、源氏の嫌そうな顔が目に浮かんでくる感じでなかなか良い。男友達ってのも色々と大変なんだなと思う。

    桐野夏生さんの「柏木」は女三の宮の視点から不義密通事件の真相が語られている。女三の宮から見た源氏の描写は彼女に対してかなり軽んじるようなひどい扱いをしていることがわかるし、彼女自身が自分の立場についてどんな風に考え行動していたのかわかって興味深かった。

  • 現代語訳とは違って、源氏物語をそれぞれの作家がどう感じているのか、登場人物に対する見方も伝わってきて面白い。

  • 江國香織さんの『夕顔』を読みたくて買ったところ、町田康さんの『末摘花』、小池昌代さんの『浮舟』、金原ひとみさんの『葵』がものすごくよかった。
    『夕顔』はさすが、一行目から引き込まれる。
    そして『葵』と『浮舟』では、しみじみと心にしみわたる、数々のリアリティ。

    アンソロジーとはいえ、原典に対する解釈とアプローチが統一されていないところが読みにくくもあり、面白くもあり。あれこれつまみ食いできるという点ではうれしい小説です。

    ともかくもまぁ末摘花が面白すぎて、まさに「だめっすわ、」という感じでしたナ。わはは。

  • 源氏物語の9つの巻をもとに,各作家さんが書いているスタイル.人によって,ほぼそのままの現代語訳に近かったり,視点が変わってたり,現代小説風にアレンジしてたり.試みとしてはおもしろかった.

  • 9人の作家による源氏オムニバス。なのですが。どういう趣旨で編まれたアンソロなのかわかりませんが、作者によって「変奏」の解釈はまちまちで、現代語訳しただけ?というストレートなものもあれば、独自の解釈どころかパラレルまで飛躍しているものもあり。まあそれが逆に色々なジャンルを楽しめて面白いなとは思いました。掲載順は、オリジナルの年代に添っているようです。

    ・松浦理英子「帚木」
    ・江國香織「夕顔」
    ・角田光代「若紫」
    ・町田康「末摘花」
    ・金原ひとみ「葵」
    ・島田雅彦「須磨」
    ・日和聡子「蛍」
    ・桐野夏生「柏木」
    ・小池昌代「浮船」

    個人的には、やっぱ町田康の「末摘花」が面白かったです。例によって源氏なのに関西弁になってるし、ちょっとウザい感じの頭中将と笛のセッションとか、思わず噴きました(笑)。

  • (メモ)
    源氏物語×江國さん で惹かれて購入。
    いろんな書かれ方で源氏物語を読むと、記憶にとどめやすくてよい。また読もう。
    江國さんの夕顔 さすがだったー
    全部江國さんの源氏物語が読みたいくらい。
    角田さんの若紫と 小池さんの浮舟も◎
    末摘花が書かれようがひどくて悲しい。。

  •  源氏物語の9つの巻を、各作家によって現代語に訳すだけでなく、オリジナルの解釈を含めて新たに紡がれた本。

     一応その巻のあらすじがついてはいるが、先に全体を見渡す本を読んでいてよかった!正直これを読むだけでは源氏物語としてはわかりにくく、面白みにも欠ける。
     というのも巻が9つしか入っていないため、物語がものすごく飛ぶから。

     原典は原典で面白いけど、全巻こんなふうに新たな解釈で読んでもみたいな。特に金原ひとみさんがされてる現代版光源氏は、ありきたりだけど、全編通して読んでみたい。

全51件中 1 - 25件を表示

源氏物語九つの変奏 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

源氏物語九つの変奏 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

源氏物語九つの変奏 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

源氏物語九つの変奏 (新潮文庫)の作品紹介

時を超えて読み継がれ、日本人の美意識に深く浸透した『源氏物語』。紫式部が綴って以来千年を経た「源氏物語千年紀」に際し、当代の人気作家九人が鍾愛の章を現代語に訳す谷崎潤一郎、円地文子らの現代語訳により、幾たびも命を吹き込まれてきた永遠の古典。その新たな魅力を九人九様の斬新な解釈と流麗な文体で捉えたアンソロジー。

ツイートする