心に龍をちりばめて (新潮文庫)

  • 827人登録
  • 3.38評価
    • (23)
    • (106)
    • (137)
    • (24)
    • (7)
  • 96レビュー
著者 : 白石一文
  • 新潮社 (2010年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101340715

心に龍をちりばめて (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男性視点から書けばいいかもしれない…

  • 白石一文さん、3冊目。

    「俺は、お前のためならいつでも死んでやる」

    久しぶりに、小説の中の男性に恋をしました。
    私が言われた訳でもないのに、まだドキドキしています。
    私は、仲間優司さんが大好きです♪

    相変わらず、女性陣はみんな強いですね〜。
    今回の主人公、美帆は特に強い!
    しかし、それ以上に強い男が仲間優司!!
    それと、優司の博多弁は痺れるほど色気があるのは何故!?
    生きるべき義、死すべき義を語る優司の言葉は、すぅっと胸に入ってきて、かなり納得。

    結末も私好みで、久々の大ヒット小説になりました(^O^)

  • 久しぶりの白石作品。
    「僕のなかの壊れていない部分」以来、ずっと敬遠していたのだけれど、これはそこまで嫌悪感を持つことなく読了。
    読後感は、「私という運命について」に似ている。

    ただ、この人の描く登場人物には基本的に共感しにくい。
    白石作品はキャラクタ造形も含めて究極のエンターテインメントなのだと解説されていたものの、ところどころで現実世界とリンクする部分があることも入り込めない一因かもしれない。
    私にとって、読書は現実逃避の手段である場合が多いから。

  • 落ち着いた文章でじっくり書いてある作品なのに、何故か入り込めなかった。
    登場人物の殆どが実の両親とは離別しているという設定までは受け入れたとしても、背景が実親が朝鮮総連の活動家、元覚醒剤中毒で売春させられていた女性、孤児院出身の元やくざでおまけにマグロの遠洋漁船に乗せられていた、自殺した愛人の子を本妻が養子にしたなど、昭和のやくざ映画さながらの極端な事例のオンパレードで、笑えるぐらい「やり過ぎ」ていることが理由でしょう。
    エンターテイメント性と受け止めれば良いかも知れませんが、自分には合いませんでした。

  • こってり塩味。
    たんたんと読み進んでしまった。面白いんじゃなくて、染みるな。

  • 2017_035【読了メモ』(171210)白石一文『心に龍をちりばめて』/新潮文庫/978-4-10-134071-5

  • エリートで不自由がない女の葛藤と不自由さを書いたもの。
    読みやすい。

  • 運命と生について

  • 2016/8

  • 白石作品はまだ二作目だけど、純度の高い激しさが痛いくらいに響いてくる。
    もとより傷だらけで、けれどそこから再生するために尚も無傷ではいられなくて。
    共感と、憧れ。

全96件中 1 - 10件を表示

白石一文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
白石 一文
伊坂 幸太郎
村上 春樹
村上 春樹
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

心に龍をちりばめて (新潮文庫)に関連する談話室の質問

心に龍をちりばめて (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

心に龍をちりばめて (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

心に龍をちりばめて (新潮文庫)の単行本

ツイートする