いつかX橋で (新潮文庫)

  • 80人登録
  • 3.41評価
    • (3)
    • (10)
    • (10)
    • (3)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 熊谷達也
  • 新潮社 (2011年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (580ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101341521

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

いつかX橋で (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 終戦間際から戦後までの仙台を舞台にした物語。

    空襲で母親と妹を失い、天涯孤独となった祐輔は自分を見失うことなく、ひたすら真っ直ぐに生きて行く。特攻崩れの彰太と出会った祐輔は…

    動乱の時代をひたむきに真っ直ぐに馬鹿正直に生きて行く祐輔の姿が胸を打つ。人生とはこういうものなのかと納得しつつも、遣る瀬無い思いを感じた作品だった。

  • 若者が希望を持ち始めてやりたいことやってくところが楽しくて一気に読んだらクライマックスでどーん!
    びっくりしたけど面白かった。

  • 「邂逅の森」を超える作品に出会いたいものの、トンデモ本にも遭遇させられてしまう熊谷達也の一冊。やっぱり気になるので読んでみれば、うーん、という感じ。

  • 戦後を必死で生き抜いて、幸せをつかめそうなところで
    そんな終わり方って。。。
    誰も幸せになっていないような気がする。

  • 切ない。なんでわたしの好きなキャラ死んでしまうん。久しぶりに青春小説を読みましたがたまにはいいものですね。

  • 戦後の仙台の街を舞台にした、青年たちの絆の物語。

    空襲により、母と妹をなくした土屋祐輔は、仙台駅北の「宮城野橋」、通称「X橋」で、特攻隊くずれの澤崎彰太と出会う。

    師範学校の学生であった祐輔は堅実な生き方を望み、靴磨きで日銭を稼ぐ。一方の彰太は違法なワイン造りに、ケンカ、そして愚連隊の旗頭へと、不良街道をまっしぐら、ウラの世界で成り上がりを目指そうとする。

    まるで正反対の生き方の2人の間には、それでも友情という言葉で簡単に括ることのできない、固い絆が生まれていく。

    そんな2人を温かく見つめる父親のような存在が、2人を自分の店舗に居候させてやる、バー『Louisiana』の主人・徳さんだ。ときに厳しく、ときにユーモラスで、飄々然とした性格の持ち主である徳さんは、我が子のように2人の青年の面倒を見、なにかれと尽力してやる。

    この徳さんと祐輔・彰太との関係もまた、強い絆で結ばれていく。

    そんな徳さんの店に淑子を温かく迎え入れてやる場面(第三章中盤)は、この小説のなかでの僕のお気に入りのシーンの1つだ。簡単に紹介しよう。

    武山淑子は、仙台の大空襲後、母の亡骸を探しに訪れた大願寺の火葬場で、当時、火葬場の手伝いのために住み込みをしていた祐輔と運命の出会いを果たしている(そこで、淑子が祐輔に言った、「たすける、という字が2つで“祐輔”。いいお名前ですね」という言葉も印象的だ)。

    しかし、母の遺骨は見つからず、やがて淑子はやむなく米兵相手の街娼へと身を持ち崩してしまう。そして、「X橋」で祐輔と再会することとなる。

    淑子は我が身を按じ、親切にしてくれる祐輔に強く反発する。凋落した己の姿を、最も見られたくない祐輔に見られてしまったことへの恥じらいを隠さんがための強がりであったのはいうまでもない。

    ある米兵の“オンリー”となった淑子であったが、やがてその米兵に呆気なく捨てられてしまう。冷たい雪の降る街に放り出され、行く宛てをなくした淑子が、傷心を抱えて辿り着いた場所が、祐輔の住まうバー『Louisiana』であった。

    祐輔と淑子は、火葬場で初めて会ったときから、お互いに惹かれるものを感じていたのである。祐輔は、淑子の住まいを徳さんに懇願する。はじめは渋い表情を浮かべた徳さんだったが、祐輔の熱い頼みを聞き入れ、行き場をなくした淑子を迎え入れてやる(もちろん、徳さんは祐輔が頼まずとも淑子を迎え入れていたであろうことは、小説を読めば分かる)。

    そして、祐輔と淑子の2人の新しい生活が始まった。祐輔と淑子、この2人の関係もまた、単なる愛情や思慕という言葉を超越した、強い絆があるように思われる。まだ成人にも達していない幼き2人ではあるが、2人がお互いを思いやる心は果てしもなく深い。それが、とても温かい。

    祐輔と彰太の絆。祐輔と淑子の絆。そんな若者たちを見つめ続ける徳さん。

    終戦直後の不遇な時代にあって、それぞれが暗く重たい過去を背負いながらも生きていかんとする姿は、しかし「不幸ではない」と感じた。生きていくだけでもやっと、明日をも知れぬ生活。そんな時代である。だが、自分が独りで生きているのではない、と強く実感させてくれる仲間や恋人、大人たちがいてくれることは、なんと強く素晴らしいことであろうか。

    そんな濃密な人間関係に胸熱くしていると、小説の最後に衝撃の展開が待っている。深い余韻に満たされて、最後の幾頁を何度も読み返した。

    人間が生きていくうえで、何が明日へと突き動かす原動力となるのか。何が人間を支えているのか。そんなことを深く考えさせてくれる傑作である。ひとりでも多くの人に読んでもらいたい小説だ。

  • 邂逅の森 を読んでからすっかりファンになった作家さんの一人。今回は仙台を舞台にした終戦間際から戦後2-3年後の話でした。
    邂逅の森 ほど迫ってくる感じはなかったものの、前半の空襲の様子や、生き残った人々が必死に生きる様子、その中での人々の絆、描写が見事です!
    あとがきの解説にも書いてあるように、仙台を舞台とした作品が多い作家さんなので、この震災以後、どのような作品を通じて何を訴えかけられるのか、ますます楽しみ。
    他の本も文庫になっていたら読んでみよう。

  • 空襲を受け焼け野原からの復興をめざす仙台。
    その片隅で生きることに必死な2人の若者を描いた作品。
    『いつかX橋の上に大きな虹をかけよう』と夢を語り合い友情を結ぶけれど進む道は別の道。

    不遇の時代で、重苦しい空気が伝わってくる。

  • 物語の前半はグイグイ引き込まれていく。その勢いは凄くて、前半の勢いにまかせて読み進めていくうち、いつの間にか辺鄙なところに連れていかれてしまう印象。

    読み終わったときには「あれ?こんな話だっけ?」みたいな。

  • 終戦~戦後2年位の間で戦争で全てを失った若者が立ち上がる話。

    凄く勇気を与えられる話だと思うんだ。

    だから最後の終わり方が寂しくて寂しくて。

    どうしてあんな寂しい終わり方をしてしまったんだろうね。

    考えてみたけど分からないや。

  • 前半のえぐさと後半の無駄な爽やかさがミスマッチ。

全14件中 1 - 14件を表示

いつかX橋で (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いつかX橋で (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いつかX橋で (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いつかX橋で (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

いつかX橋で (新潮文庫)の作品紹介

空襲ですべてを失った祐輔は、仙台駅北の通称X橋で特攻くずれの彰太と出会う。堅実に生きようと靴磨きを始める元優等生と、愚連隊の旗頭となり不良街道まっしぐらな正反対の二人。お互い反発しつつも、復興の街で再スタートを共にする。そして、いつかX橋の上に大きな虹を架けようと誓い合う。不遇な時代に選ばれてしまった人間に、何が希望となり得るのか-心震える感動長編。

いつかX橋で (新潮文庫)はこんな本です

いつかX橋で (新潮文庫)の単行本

ツイートする