海峡の鎮魂歌(レクイエム) (新潮文庫)

  • 30人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 熊谷達也
  • 新潮社 (2016年2月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101341538

海峡の鎮魂歌(レクイエム) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大先輩のおすすめ本。普段ならあまり手に取らないタイプの本だったが、これは読んでよかった。
    函館の潜水夫、泊敬介を主人公に、函館の大火から洞爺丸沈没事故まで、運命に翻弄される家族が描かれている。終盤いろいろなことが繋がっていき、過去のしがらみや苦しみが解消されていくのに、救われる。過去に踏み出すことが未来につながっていて、希望の持てる話だった。

  • 東日本大震災後の小説。
    「脊梁山脈」もそうですが東日本大震災は作家の方々に特別なモチベーションをもたらしたように思えます。
    災害に生活が翻弄される、または災害によってもたらされる虚無にどう立ち向かうか。
    この本を読んでいる今も地震が熊本を襲っている。いずれ自分自身が当事者になることを覚悟しなければならない。

  • 昭和の函館を舞台に、函館大火、大空襲、洞爺丸沈没と3つの大災害を生き延びた夫婦を主人公にした物語。
    やはり熊谷さんは、平穏な世界を舞台にしたものより、こうした緊迫感を描くのがお得意なように思います。
    もっとも次から次に起こる危機は面白いんですけどね、少々やり過ぎという気もします。特に最後の息子と娘の話はちょっと強引すぎます。その分現実感に欠け、物語として安易な感じが残ってしまうのです。

  • 著者の作品は好きだが、どちらかというと地味で抑えた表現というイメージがある。それはそれで良いと思うのだけれど、本作は少し作風が変わっていて、とても荒々しい表現だ。プロットだけ考えるとかなり非現実的な話ではあるけれど、それはそれでよいのではないかと感じさせるくらい迫力があり、かつ感動できる内容だと思う。それは何といっても、描いている職業への敬意ではないかと思う。これまでの作品にも一貫している。マタギ、蓑売り、そして今回の潜水夫。更に、3.11から5年目の今日読了するにふさわしい内容だったと思う。

  • 昭和の初めの函館を舞台にした海の男の物語。

    昭和9年の函館の大火、昭和16年の空襲、昭和29年の洞爺丸台風と過酷な運命に翻弄されながらも、自らの力で未来を切り開いた泊敬介の生きざまを描く。

    東日本大震災後に書かれた小説だけに著者の哀しみや苦悩が行間に垣間見ることが出来る。もしかしたら、救うことの出来なかった多くの命への鎮魂のための小説なのかも知れない。

全5件中 1 - 5件を表示

熊谷達也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
塩田 武士
恩田 陸
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

海峡の鎮魂歌(レクイエム) (新潮文庫)の作品紹介

昭和9年春、函館の潜水夫・泊(とまり)敬介は、時化(しけ)る海と吹き荒れる風に妙な胸騒ぎを感じていた。予感は的中し、猛火が街を襲う。妻子と母を探し歩く敬介だったが。そして、昭和20年の函館空襲、昭和29年の洞爺丸沈没。立ち直ろうともがく敬介に、運命は非情な仕打ちを繰り返す。震災から半年後、仙台在住の著者が悩み迷いながら筆をとった、再生と希望の長編小説。『烈風のレクイエム』改題。

海峡の鎮魂歌(レクイエム) (新潮文庫)はこんな本です

海峡の鎮魂歌(レクイエム) (新潮文庫)のKindle版

ツイートする