女という病 (新潮文庫)

  • 289人登録
  • 3.37評価
    • (16)
    • (30)
    • (58)
    • (14)
    • (2)
  • 47レビュー
著者 : 中村うさぎ
  • 新潮社 (2008年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101341712

女という病 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者の描き方に非常にはまる。もともとこうした事件ものが好きではあるが、こんなの一気に読めたのは、珍しい。読みながら、どうもこの文体はどこかで……と思ったら、朝倉喬司さんのルポだった。そういえばこのお二人には共著もあったなあ。13の事件の中で、気になったのは佐世保の小学生、あの子今いくつになったのだろう。そして事件の凄惨さに引いたのは保育園園児殺害と神奈川の主婦連続殺人。女性として一番興味があるのは浮き草売春テレクラ殺人の人。ワタクシが犯罪に興味があるのは、自分には関係ない、見世物として好きなのではなくて、いつ「そこ」に自分が立っているかわからない、そんな「恐怖」(であり快感)があるからだ、と再確認。

  • 犯罪を犯した13人の女たち。彼女たちが犯した事件や取り巻く環境、そして何よりそれぞれの心の内が、中村うさぎの内面と交錯する形で描かれる。
    それぞれが持つ背景や、また彼女たちの結末も三者三様であるが、その根底には強烈な"自意識"の問題が存在する。そんなこと考えない方がきっと楽に生きられるに違いない。しかし彼女たちは、"何か"が欠落した自分に対して目を向けずにはいられないのだ。
    多くの犯罪者は自分の感情を言語化することに不得手だ。勿論、ここで描かれるそれぞれの"犯罪者"に対する中村うさぎのの解釈が誤っている可能性も、彼女自身が前書きで指摘する通りあるわけであるが、とかく分かりやすい形でセンセーショナルに取り上げるマスコミに代わって、その内心をえぐるように言語化するという作業こそ、解説で述べられる"祈り"の行為なのだと思う。

  • 「自分という病」というエッセイで東電OL殺人事件の被害者女性に感情的に馮依・同化して、女視点で赤裸々に肉薄をした筆者の、肉薄同化シリーズの続編。

    事件の被害者女性・加害者女性に中村うさぎが馮依・同化して、突き詰めて抽出する女(特有)に自意識は、多分男女問わず共感を引き起こすものが多かったのではないか。少なくとも自分は、部分的には「自分の物語」として読んでいるモードに入っていた。とくに
    やおい漫画作家殺人事件被害者の『謎めきたがる癖」には少し共感してしまった。底の浅い人間だと思われたく無いという想いが自分には強い気がする。

    ちょっとこれも怖いけど面白い話しだった。

  • 私のいつものテーマである「女性性の肯定と否定」に関して触れられており良かった。性的な価値を認められたい欲求は大概の女性が持っているだろうし、若くないとか美しくないとかの女性は大概不満を抱えて生きているのではないでしょうか。
    男性性への恐怖に関しても概ね共感であった。私は常々、若くなくなった自分の価値の消失が怖いと感じてるんだけど、それは露骨な男性の対応が怖いのかもしれませんね。というか殆どがそれです。

  • 女性が主役を演じた実在の13の事件。
    その闇に迫るドキュメント。

    描かれる事件と当事者の心理はもちろん
    それを描き出す著者もまた、良くも悪くも
    女性特有の形で表現されていて
    大変面白い一冊でした。

    奥底にあるテーマは、以前に読んで感想を記した
    「グロテスク」や「ヘルタースケルター」と、ほぼ同じかも。

    今回も、前出の二冊も、関西弁で言うところの
    いわゆる「えげつない」話なんだけど、目を背けることができない。
    そこに生きている彼女達は、可哀想という言葉をかけるには
    あまりにも力強くてたくましくて、まぶしすぎる。

    「女の自意識は、それ自体、病である。」

    というコピーに、首をふれない女性は多いんではないかしら。
    少なくとも、私は首をふること、できません。

    毒気に当てられて、くらくらと眩暈を感じながらも
    滑稽だとは、笑えない、もう一人の私がいます。

  • 女の自意識はそれ自体病かもしれないけれど、
    持っていて悪いことばかりじゃない。

    うさぎさんの描く物語として読めば面白い。
    現実の事件としては、やっぱり痛ましい。

  • 女性犯罪者13人の実録犯罪集。とはいえ著者本人も言ってたけど、やはりどうも著者の中で一度取り込まれ練り直された段階でだいぶ主観が入ったというか、ここまで断定するのはどうか、と思われる内容になっている。思い入れが強すぎて、センチメンタル&どろどろ&センセーショナルに脚色し過ぎじゃないか。犯罪はドラマじゃないし、犯罪者サイドの理由を他人が後付けする必要もない。個人的にはもうちょっと後に引いた立場から書かれたものが読みたい。

  • イキナリ同人誌作家の殺人事件から始まるので、妙にドキドキしました…;;
    自分の嫌なところとかを突きつけられた感じで、納得いかないんだけど納得するしかないなーみたいな気分になる。もっと大人になりたいなーと思います。

  • いつもは軽めのおバカなエッセイを書いている中村うさぎ女王様ですが、今回は13人の女性犯罪者・被害者に焦点を当て独自の見解というか、まるでイタコのように彼女たちの恨みつらみ心の闇を突き詰めて語って行く。
    「女」はそれ程日頃から「女」を意識していない様にも思えるのであるが、この様な本を手に取ってしまうあたりやはり私も「女」を意識している女の一人であるという事か?個人的に中村うさぎにはこの固めというか、噎せ返るようなねっとりとした文章で永田洋子か福田和子の一人称長篇小説を書いて欲しい。需要は全く無さそうだけど。きっと後味の悪い濃い読みごたえのある本が出来ると思う。

  • アンビリバボーであった事件が載ってるってことで読んでみたけど、結構楽しめた。
    わたしが一番自分かも…って思ったのは最初の同人家殺害事件かな。

    私もこういうところで自分の意見を言ったりして、自分自信を演じて、いろんな自分に酔ってるのかもな。

全47件中 1 - 10件を表示

中村うさぎの作品

女という病 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

女という病 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女という病 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

女という病 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

女という病 (新潮文庫)の作品紹介

ツーショットダイヤルで命を落としたエリート医師の妻、我が子の局部を切断した母親、親友をバラバラにした内気な看護師…。殺した女、殺された女。際限ない欲望、ついに訪れた破滅。彼女たちは焼けるような焦りに憑かれて「本当の私」を追い求め、狂い、堕ちた。女性が主役を演じた13事件の闇に迫る圧倒的ドキュメント!女の自意識は、それ自体、病である。これは、あなたの物語。

女という病 (新潮文庫)のKindle版

女という病 (新潮文庫)の単行本

ツイートする