灰塵の暦: 満州国演義五 (新潮文庫)

  • 76人登録
  • 4.43評価
    • (12)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 船戸与一
  • 新潮社 (2016年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (669ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101343242

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

灰塵の暦: 満州国演義五 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 1928年~1945年の17年間の満州の歴史。登場人物4兄弟の視点で語られる。満州事変から第二次世界大戦終結までの流のなかで、南京事件、張鼓峰事件、ノモンハン事件、葛根廟事件、通化事件と有名な事件が次々と起こり、4兄弟それぞれの立場で事件と向き合う様子が描かれる。満州の歴史を詳しく知らなかったので、勉強になった。何が正しくてなにが正しくないのかなんてだれにもわからないと感じた。

  • 2016年5月17日読了

  • 満州国演義ももう五巻まで来ました。
    船戸与一のハードボイルドを読みながら歴史の勉強もできる、なんとも贅沢なシリーズです(笑)
    ついつい没頭して読み進めてしまいたくなるところを、じっくりゆっくり楽しんでます。
    満州国建国からわずか5年、日中はついに全面戦争に突入していく。
    時代が動く時のスピード感に驚きを覚えると同時に、現在の日本の情勢にあらためて危機感を強くした。

  • 軍の論理。理想と現実の乖離

  • 関東軍の暴走により、戦火は、上海、南京に広がる。
    歴史を目撃する役目を負った敷島四兄弟は、それぞれに転機を迎えつつある。
    四兄弟の目は、これから満州の歴史に何を見るのだろう?満州を見つめる目がどの様に変わっていくのだろう?

  • ついに日中戦争に突入。
    敷島兄弟に運命は?
    特に次郎の運命は

  • 第五巻。船戸与一が最後に残した壮大な歴史冒険小説もついに折り返しを迎えた。

    立ち場の違う敷島四兄弟の眼を通して描かれる満州国の混乱と大日本帝国の悪鬼のような振る舞い。石井部隊、南京大虐殺も描かれる。侵略と建国…そこには欲望を満たすための人間の姿しか見えて来ない。

    残り四巻で船戸与一は我々に何を見せてくれるのだろうか。

全7件中 1 - 7件を表示

灰塵の暦: 満州国演義五 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

灰塵の暦: 満州国演義五 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

灰塵の暦: 満州国演義五 (新潮文庫)の作品紹介

満州国国務院へ出向した敷島太郎。抗日ゲリラの殲滅を続ける次郎。三郎は関東軍が細菌戦を準備していることを知り、四郎は謎めく麗人に心を乱される。岸信介ら新官僚の到来と大移民計画に沸く満州。その南、中国では軍人たちが功を急ぎ、兵を突き進ませてゆく。昭和十二年、日中は全面対決へ。戦火は上海から南京へ燃え広がる。敷島兄弟が目撃したこの世の地獄とは。戦慄の第五巻。

灰塵の暦: 満州国演義五 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする