むかし女がいた (新潮文庫)

  • 61人登録
  • 3.07評価
    • (4)
    • (2)
    • (17)
    • (6)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 大庭みな子
  • 新潮社 (2008年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101344126

むかし女がいた (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 不思議な不思議なつぶやきを読んでいるような、小説であったり、詩のようでもあったり。幾人もの女たちの生き方を描いている。著者自身の人生が反映されてもいるような。
    男をみる眼がシニカルで、その眼にとらえられた男たちの行状・顛末には、どこか星新一の不条理なSFショートショートに似たような味わいもあり。

  • 散文と韻文が混在した、私小説のようなフィクションのような不思議な味わいの掌編28編がつづられた短編集。それぞれの短編は一応独立しているが、別の短編間で同じようなフレーズがあったり、リンクするストーリーがあったりして、やはり何らかのイメージでつながっているのかなと思う。そのイメージとは、女であり男であり、生であり死であり、夫婦や家族であり、戦争である。

    ほとんどの短編が「むかし、女がいた」で始まることからわかるように、この短編集は「女」を主題においている。フェミニズムの視点が古臭くて鬱陶しく感じるところもあったが、わたしもン十年女として生きてきたので、しぶしぶとはいえ納得してしまうことの方が多かった。しぶしぶ。悲しいけれど。所詮女。...という後ろ向きの共感ではあったが。これは、若い人にはちょっと理解しづらいかもしれない。

    時々どこかで読んだような錯覚に陥ったのだが、それは、わたし自身のなかの"女"を具現化しているような物語に、デジャヴを感じたのかもしれない。

  • 小説なのか、散文なのか、詩なのか?

  • 何が良いのかさっぱり分からない。昭和40年代はこんなまったりとして漠然と妄想する女性が新しかったんだろう。

  • むかし女がいた・・・で始まる伊勢物語女性版のような28編のショートストーリー。
    その女は夢見る少女であったり、欲深い女であったり、無気力なだらしのない女だったり、諦めることに慣れてしまった女だったり、そして、それはとある女の一生の話なのか、別々な女の話なのか作家本人の話なのか、そしてそこは現代の事なのか戦時中の事なのか日本の事なのか異国の事なのか、本当の事なのか作り事なのか・・・読み続けていくうちに深い沼に足を取られて身動きできなくなっていくような不思議な感じ。
    どの女も怖いです。まんまと大庭みな子ワールドに嵌ってしまった。

  • 短編は、やっぱりちょっと苦手です。
    好みが割れる1冊かもしれません。
    深いような…深くもないような…。

  • 「あなたにあげます。もう読んでしまったから」

  • 「むかし女がいた」という書き出しで始まる28編の短編集。そうです、「むかし男ありけり」の現代版、女性版という訳です。女が描く女は、時に残酷で愚かで、でも切なく愛しい存在でもある。

  • 28人の女を描いた短編集。どの女も独立した存在でありながら、全ての女が繋がっている(一人の女)様に感じられる物語。万有子みたいな女も出てきてどきっとした。鈴虫の話が気になる。大国主命も出てきてゼミ発表の悪夢が再来。でも、アレよりは解読しやすそう・・・・な気がする。28章の最後に出てきた詩(?)が凄く気になる。あの短い詩の中にみな子の一部がぎゅっと凝縮されている感じがする。みな子作品2つ目の作品だけど、増々彼女に惹かれています。

  • 「むかし女がいた。」から始まる数々の物語。本の粗筋書きには”現代版伊勢物語”とあります。(むかし男ありけり)
    でも読んでいて「むかし女がいた」は、「今は昔」のような響きとなって聞こえてきます。
    内容は、女が思う、経験する、様々な物語をショートショートのような形式で綴っていきます。
    時にはフェミニズムであったり、時には自由奔放であったり。
    女性が日常的に昔から変わることなく思い続けていることを、微にいり細にいり、又は大胆に連ねていくのです。夢のような、おとぎ話のような語り口で。
    「まったく、男って・・・。」と、思っている女性にはうってつけの本かも知れませんね。

  • 本の持ち主の少年が死ぬほどかっこいい…

全14件中 1 - 14件を表示

むかし女がいた (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

むかし女がいた (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

むかし女がいた (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

むかし女がいた (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

むかし女がいた (新潮文庫)はこんな本です

むかし女がいた (新潮文庫)の単行本

ツイートする