巨額粉飾 (新潮文庫)

  • 132人登録
  • 3.27評価
    • (3)
    • (17)
    • (14)
    • (9)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 嶋田賢三郎
  • 新潮社 (2011年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (531ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101344379

巨額粉飾 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カネボウの崩壊迄の奇跡

  • 2015/6/17読了。
    父親から譲ってもらった一冊で、硬そうな内容に読むのを躊躇っていたけれど、読み始めたら面白かった。
    カネボウのことだったのね。

    きっと自分が経営に携わる経験をしたことで理解できるからだろうなぁ。

    日本に健全な組織なんて、いくつあるんだろうか。
    結局粉飾などを行うのは自己保身と虚栄心からなんだろうな、と。

  • 231118

  • 限りなく5点に近い面白さ。

    途中までは、はやく続きが読みたくなるくらい面白いんだけど、検察の取り調べが長すぎて最後にトーンダウン。

    チョット残念です。

    内容はカネボウの粉飾事件をテーマにしたフィクションなんですが、なんと作者がその当事者(経理担当常務)なんですね。

    作家でもないのに文章もこなれているし、当事者にしか出せないリアリティでグイグイ読ませてくれます。

    本当は満点あげたいところですが、第三者が書いた話ではないので、どうしても穿った見方(本当に潔白なのか?)になってしまいました。

    そんなゲスな考えが邪魔をして、仕方なく減点です。

    予備知識が無ければ、もしくは第三者の作品なら満点でした。

    ただ、やっぱり実体験からくる迫力は読ませる力があります。

    カネボウ裏事情に興味があり、経済小説か好きな人にオススメです。

    是非!

  • 読み終わった。
    長年 粉飾決算をし続けた会社の 財務経理担当だった主人公
    番匠啓介 それは、作者自身の実体験を基礎に、物語を紡ぐ。
    作者にとって、かなり辛い作業だったと言える。
    まだ、客観的に見れない部分があり、
    経済的私小説と言っても良さそうだ。
    確かに、会計学とは、何とセコイ学問だろうとも思う。

    含み資産があるうちは、何とか、タコ足を食べて成り立つが、
    それがなくなった時に、現実を見据える勇気のある経営者が必要なのだが、
    自分で自分を首を締めることができない。
    粉飾という手法で生き延びることで、ますます、病巣は広がり、
    死に至る。そういう中で、会社を見捨てることなく、
    ささやかな抵抗を続ける。
    黙認し、消極的な協力をし続けた役員は、その責が問われない。

    まして、その背後にいた銀行は、追求の対象にもならない。
    銀行の保身性がよく暴かれている。
    熟成した純度が足りないが、いい作品である。

  • 本当におこったことが真実なのではない。明るみになったことが真実なのだ。

  • 名門トウボウは紡績から身を起こし、化粧品事業で世に知られる。だが長年にわたる粉飾決算のため、その屋台骨は蝕まれていた。常務取締役・番匠啓介の孤軍奮闘も虚しく、トウボウはその両翼をもがれてしまう。やがて、彼は東京地検特捜部にある疑惑を抱かれ―。経済界を揺るがせた企業崩壊、その渦中にいた者にしか描きえなかった、迫真の人間ドラマ。

  • 小説としては特段面白いわけでもないが、
    カネボウの粉飾事件の当事者が書いてるだけあって、リアリティがある。
    わかりやすく書いてあるのだろうが、随分と杜撰で安直な手口に感じてしまう。こんなものでも監査する側しだいで何とでもなるんだな。。
    ペンタゴン経営でカリスマ視された会長の扱いが「沈まぬ太陽」の時と真逆なのが面白い。まああちらはもっと作り話だろうが。
    ノンフィクションのドキュメンタリーで書けなかったものだろうか?
    エンロン事件のように。

  • 一応、小説(フィクション)という体は取っているが、元カネボウの経理担当役員が書いただけあって、やたらリアリティがある。ってか、ほとんど事実なんじゃないかってくらい現実のカネボウ事件をなぞらえている。グイグイ引き込まれて一気に読んでしまった。これが事実に近いとしたら、ほんと企業として終わってる。破綻するのも推して知るべし。

    経理とか決算に関わる人は、襟を正す意味でも読んでみるとおもしろいかも。

    まぁ、筆者がモデルと思われる正義感に満ち溢れた主人公がカッコ良すぎるのは鼻につくけど。

  • カネボウの粉飾決算事件を題材にしたフィクション。
    主人公の番匠啓介はトウボウの経理担当常務。自らの保身から粉飾決算を常とする社長と副社長を相手に孤軍奮闘する番匠の苦労を描く。
    今でこそ監査法人が粉飾決算を指南する事はなくなったが、経理も甘くなぁなぁの時代には、経理担当もやりたくない事を多々やっていたのだろう…読んでいて胸が痛くなった。
    粉飾決算の過程や苦悩、東京地検特捜部の取調べあたりはかなり感情移入できた。
    途中やや中弛みもあるが、会計に興味のある人なら楽しく読める作品。ただ、会計とはあまり関係のないロマンスはいらないかな。島耕作じゃあるまいしw

全20件中 1 - 10件を表示

嶋田賢三郎の作品

巨額粉飾 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

巨額粉飾 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする