港町食堂 (新潮文庫)

  • 540人登録
  • 3.32評価
    • (14)
    • (63)
    • (94)
    • (20)
    • (4)
  • 72レビュー
著者 : 奥田英朗
  • 新潮社 (2008年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101344713

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

港町食堂 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 小説かと思って未読だった奥田エッセイ。文章のリズムが好きだなあ。

    出歩くのが嫌いで渋滞と行列を憎むが、誘われれば仕方なくいそいそと出かける。このへそ曲がりぶりがなんともキュート。船のデッキで一人踊る姿を想像してかなり笑いました。

  • 気になる港町に船で入るという企画は『水曜どうでしょう』を彷彿とさせる。例えば東京→名古屋→21時間船旅→仙台なんて、普通に考えたら苦行でしょう。港町という目標を持つ紀行文は楽しみ方が明快で良い。つい先日読了した紀行文がハズレだったから。本書の文体はどこか伊良部先生に通じるフランクさ。そこも楽しい。2005年に刊行された作品ということで、「宮城・牡鹿半島篇」の訪問先が東日本大震災でどうなってしまったのかが心配だ。

  • 2017.4.26 19
    旅に出たい。

  • 時折バカバカしくて笑ってしまった。今度、「お」のつく作家の書いた小説を読んでみようと思う。

  • とにかく腹が減る話でした。
    旅エッセイですが行程に船が必ず含まれていて
    いわゆる港町に船で入り、その地の観光をするのですが
    当然港町で海の幸を食すことが多くその情景描写で結構腹が減りました。
    毎回お約束のように訪れるスナックの話も面白かったですね。

    個人的に奥田英朗という人の視点が結構好きなのと
    あんまりメジャーじゃない観光地を巡っているので新鮮な感じでした。

  • 移動手段に船を使った6つの旅のエッセー。ユーモアたっぷりの筆運びがいい。

  • 長崎地方の方言 てれんぱれん。
    この一言に会えただけでも読んでよかった。

    小説の語り口とよく似た筆運びで
    ただ船に乗り、港町の食堂でうまいものを
    食べながら料理に合う酒を飲み、人と会い
    スナックで女の子とたわむれ。

    それだけの本だが、なんだかうらやましい。

    作家になればよかったなあ。

  • 天王洲 不承不承というポーズをとり、嬉々としてついて行く。つまりは、へそ曲りな人間なのである。 旅に必要なのはスーツケースや洗面道具ではない。リーズン、だ。理由、きっかけ、大義名分。背中を押してくれる人。 おやじを転がすやり手OLのように目を細めた。 川崎港の客船ターミナル シケ はりまや橋 鯨のさえずり ソムリエ 薩摩芋の天婦羅 胡麻鯖で高知清水サバ 異星人でも見るような目で 鰹のたたき四万十流 イヨ飯(魚の入った炊き込みご飯)高知龍馬空港 美人ママに叱られたい 足摺岬 NASAの偵察衛星 四万十流 いやとなればテコでも動かない私と訳が違う 尼崎市 日本人は味噌汁じゃけん 私はシンプルな生活に憧れる。漁が済めば、否応なく一日が終わる。一杯飲って、後は寝るだけ。これが正しい人生だ。だいたい「生き甲斐」だの「自分探し」だのというのは、現代病の一種である。「皆んなが主役」などとマスコミが甘言を囁いた時点で、人は新手の悩みを抱えるようになった。自分なんか勘定に入れるなよ。何様のつもりだ。お体裁屋 天神 島田誠 天王洲アイルから、りんかい線 遣唐使 空海 私なんか拷問にあったら即改宗である。死んでも守りたいものがあったというのは、逆に言えば、強く生きた証だ。 てれんぱれん 私のモラトリアムは年季が違うのである 五島コンカナ王国 五島名物キビナゴ かっとっぽ=ハコフグの味噌焼き 小説家を信じちゃいけませんぜ。楽しくて危険な噓を売って歩くのが、私の商売なのである。 キリシタン弾圧 ムカデ 僅か五分の恋物語五島うどんは遣唐使船によって中国から伝わった 倭寇 アゴ(トビウオ)でとったツユに浸し 透き通るアルト 鰻は焼くに限る 蓬莱軒 熱田神宮 定石 なも 発見discover名古屋 塩竈 つまんねえ人生。面白いのは文章だけだ(自己申告)。 日本三景、だからどうした 松島 ウミネコとの饗宴 調査捕鯨 女川原子力発電所 警戒心の強い動物が心を開く瞬間が好きなんでしょうね。馴れ馴れしい動物は嫌いなのだ。 アニョハセヨこんにちはカムサハムニダありがとう かなりの確率で父親というものを経験しないで死んでいくのだろうなあ 玄界灘 韓国海苔は胡麻油の香りがして旨いのだ 釜山タワー 影島ヨンド チジミ一万ウォン。言い忘れましたが、ゼロをひとつ取った金額がほぼ日本円に当たります。 マッコリ米を原料にした韓国のドブロク 人口四百万の大都市 ガイドのキムさん
    垢すり 人間の尊厳を損なわれた 操は守られた 福岡から遊びに来た常連客 高速艇JRビートル韓国ジェビ 参鶏湯 青唐辛子 噴水台 米原まいばら駅 琵琶湖 小野小町 若狭かれいの干物 敦賀は鰻がポピュラー 電力会社の技術者や工事関係者 美浜原発 最後の国産トキは2003年にお亡くなりになって、現在いるトキは全て中国から譲られたトキの子孫らしい。なんだ、パンダみたいなものか。 一生檻の中に閉じ込めておいて保護もないものである。自由に絶滅させてやれよ。 名物佐渡そば イカのゴロ焼き イカのワタ エブリシング・イズ・グッド 土俗性 グローバリズムがなんだ 止めは佐渡牛の早食い まずは日本最北端の地・宗谷岬へ。べつに何があるわけでもなかろうが、稚内に来たら誰もが行くことになっている。 間宮林蔵 松田伝十郎 たこしゃぶ 稚内は離婚率高い 礼文島の香深港 ウミネコ スコトン岬 石狩挽歌 ホッケのちゃんちゃん焼き 礼文情歌 利尻富士 今回限りの童心です 旅は人は感傷的にする。ともすればそれはエゴとなり、勝手な思い込みを引き起こす。一方的に訪れておいて、そこで暮らす人に触れ合いを期待するのは、ありていに言って図々しい行為なのだ。地元の人には、地元の人の日常があり、旅人の出る幕はない。少なくともわたしは、その温度差に自覚的でありたい。 ありゃり... 続きを読む

  • 旅行記。奥田さんの性格が怖いくらいに自分に似ていて、まるで自分のアバターがいるみたいだった。おっさんがブツブツ愚痴をこぼしてる嫌いもなくは無いが、一枚の写真も使わずその場の雰囲気がしっかり伝える描写力はさすが。でも不思議と蛭子さんの顔が浮かんでくるのには困った。奥田さんと蛭子さんは性格が似ているのか。蛭子さんがバスの旅なら奥田さんは船の旅で勝負といったところか。バスにしても船にしても中年男性の悲哀感を演出するには最高の乗り物だと思った。もっともこの本と蛭子さんは全く無関係だが。

  • 奥田英朗さんが全国5か所の港町へ行った旅行記です。「奥田さんってこんな感じの人なんだ~。」っていう感じで妙に親近感が湧いてしまう一冊です♪

  • 文庫版を再読。
    奥田英朗の文章が旅のゆる~い感じとマッチしていてこんな旅をしてみたいなと思えるものだった。

  • 再読。エッセーも楽しい。村上春樹と同じ(と言うかこっちはエッセーの方が)。

  • 旅行に行くのに、どの本を持っていこうかなーと、なんとなく入れた本がたまたま、旅のエッセイ。なんと!

    なんてことはなく、つらつらと書き連ねたこの本は、旅のお供にぴったりではないかと、思った。テンションに起伏がない本が旅行には合っている。

    港がある街に、奥田英朗と編集者が行き、とにかく食べて、飲んで、現地のスナックに行って…というルポ。
    特に礼文島が笑えた。
    悲惨な体験も想定外の楽しい思い出。

    旅先で、あーこのままここに住んでしまいたいとか、仕事やめて、のんびりしたいとゆう 思いにかられて、夢想する、奥田さん。よくわかるわ!

    寄港地に、仙台があった。

    震災前に書かれたもので、とても平和で、暖かな旅の様子だった。

    きっとこの先もこうした日常は、そこにはある。誰も疑わない日常。
    震災後の今、現地を旅行し、同じようにこうした、文章を作家は書けるんだろうかと、思う。

    ずっと昔から、災害や戦禍を超えて、今の暮らし、社会を人はつくってきた。その歴史も一部となり、新しい地域をつくってきた。

    東北を表現するのに、つかえるものがあるとゆうことは、まだ、人々の中で、出来事を受け入れ、地域を創造するところまで、至っていないとゆうことかなと、思った。

  • 奥田さんの文章が好きで読んでみましたけれども、うーん…僕も奥田さん同様、出不精なタチでして、旅行とかどうもね…いや、これは旅行というよりも旅の記録なんですけれども、途中でやっぱし興味薄れてしまったかな…まあ、所々、小説でも魅せてくれる奥田さんのユーモアがあったから最後まで読めましたけれども…

    ヽ(・ω・)/ズコー

    奥田さん…結構、旅先では現地の人に絡んでいますね! 奥田さんの性格からして…って、僕は奥田さん本人を知っているわけではないのであれなんですけれども、今までのエッセイからしてあまり自分から他人に話しかけられるようなタイプの人じゃないと思っていたので…これは迂闊でした!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    まあ、そんなわけであまり旅行に積極的じゃない人の旅行記、と思って読んでいただければいいんですかね。奥田さんの性格が表れているような、物凄くユルユルなエッセイでした。おしまい。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 全国の港町へ船で入って・・・という紀行エッセイ。暇つぶしレベル。

  • 再読。歯に衣着せぬ言い回しで、結構きわどい文句もはいりつつ、ほめてばかりでなくけなしもするし、本当に作者の思ったこと、言いたいことを書いてある。しかし、現地のスナックには確実にいってるのが面白い。考えてみれば、地元の話も聞けるのでいいんでしょうね。

  • この作品の掲載誌を読んでいましたが、この連載だけ異彩を放っていて(←褒め言葉)すごくおもしろかった。いっつも場末のスナックを訪れるのも微笑ましくてヨシ!またこの手のエッセイ、出してくれないかなあ(≧∇≦)

  • やっぱ現地で魚介類だよねー。漁師メシだよねー。
    フェリーと冬の稚内には興味ないけど、他はそそりまくり。
    出張のたびに地方のスナックに行きまくっている人って何なの?と思っていたが、意外と多いことが分かった。確かに、ああいう所には地域のキャラが色濃く出ていて楽しそうだ。

  • 奥田さんと
    旅行できたら
    たのしそうだと思った

  • 久しぶりの奥田さんの本。そして寄港エッセイ。国内の旅ってどんな感じなのだろうと思ってたんだけど、やはり目的地がどこだろうが旅は旅で、観光とは違ってがつがつしてなくてゆるい感じが、やっぱりたまらなくいい。とくに大事件なり、大きなイベントなりがなくて、終始ほのぼの、時にしみじみが旅っぽくて、日本ぽくって、そしてものすごく海鮮系が食べたくなる。それもお腹いっぱい。
    新幹線や飛行機やら短い時間で移動できる便利な時代に、あえて船を使うモノ好きなのも渋くていい。ウミネコのエサやりなんて聞いたことなかった。五島列島はボートタクシーがあるなんて知らなかった。フェリーがまだそんなに運航してるなんて思ってなかった。いいなあ、行きたいなあ。こういう食べ物メインのフード&トラベルもやってみたい。
    出会った人と「またね」ってもう会わないだろうし、もう来ないって知ってるのに言うのは万国共通なのかとしみじみした。

  • ☆$$まあまあだが、期待とは違った。$$もっと料理について、著者なりの視点があっても良かったとは思う。

  • 「旅に憧れつつ、理屈をつけ行動しない。誘われれば不承不承というポーズをとり嬉々としてついていく」雑誌の企画で各地の港町へ船旅で行って港町の名物料理を食べ地元のスナックを巡る旅エッセイ。
    奥田小説を読む前にこれを読んだ人は、小説家の出版社丸抱えの食べ呑み歩きエッセイ。奥田ファンにとっては奥田語調の面白いエッセイ。題名は「港町食堂」よりも「港町スナック」か。
    「土佐清水」、「五島列島」、「牡鹿半島」、「釜山」、「敦賀」「佐渡」、「礼文」今度、港町の食堂に行こう。

    「世界三大ナントカ」三番目はいつもこじつけという論も面白い。世界三大美女は「クレオパトラ、楊貴妃、小野小町?」常々そんなの世界の誰も知らないだろうと思っていたが、韓国では「世界三大料理は、フレンチ、中華、韓国?」、確かに三番目は各国好きにしていいんだろう。

  • 港町の食堂を訪ねて船旅をする旅のコラムだけど、
    奥田さんらしい(!?)独特なルポ(笑)
    長時間の船旅は読んでいるこちらにもその暇さ加減が伝わってきて、
    でも敢えて船で港にたどりつくことに重きを置いているこの企画が面白い。
    特に礼文島への旅は過酷過ぎて笑えた。それに、全編に出てくる「港町食堂なのにカツカレーやカツドンなんかが多い」というのにうなずけた!!!漁師さんは魚に飽きてるのね^^;
    そして旅は終わり、「旅は人を感傷的にする。。。」という思いがこもったような最後の詩を読み、奥田さんをまた好きになった(笑)

  • 旅のルポ作。奥田英朗のこだわり?が垣間見えて、こんな旅がしてみたいと思わされる('∀`)

全72件中 1 - 25件を表示

港町食堂 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

港町食堂 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

港町食堂 (新潮文庫)の単行本

ツイートする