裂けて海峡 (新潮文庫)

  • 87人登録
  • 3.42評価
    • (3)
    • (9)
    • (11)
    • (2)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 志水辰夫
  • 新潮社 (2004年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101345185

裂けて海峡 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「飢えて狼」も素晴らしかったが、こちらも負けていない。この話はラストに勝負がかかっていた。見事にやられたよ、撃沈。私が読んだ本は新潮文庫なのだが、講談社文庫とはラストが異なるようだ。

  • 飢、背と同コンセプトの作品。
    矍鑠とした爺さんはやっぱりカッコイイ。

  • 書評:歳月を費やしようやく向かいあえた男女を、圧し潰そうとする“国家”。運命の夜、閃光が海を裂き、人びとの横顔をくっきりと照らし出す。

    感想:いやー、どこまでいくねん。ちょっと反省。SF⇒冒険小説との変遷で出会った作家。文体がいい。何十回と読み直しているが毎回いい!
    男はつらい、女は悲しいのよね。ラストの1行が超有名。
    『天に星。地に憎悪。南溟。八月。私の死。』

  • シミタツ節健在。必読。

  • 「飢えて狼」と「背いて故郷」のシリーズ、表現の巧みさがすばらしい。

  • 國家權力と人間の自由、そんなことは脇に置いても、
    この作品は充分に面白い。<BR>
    一人稱冒險小説の傑作である。<BR>
    <BR>
    すべてが無となる結末も潔いではないか。<BR>
    <BR>

    2004年9月8日讀了

  •  ヒロインが何をしたいのかさっぱりというか、社長でこれだけ仕事放り出している時点でほんとに社長できているのか謎。危機管理能力の無さも謎。
     ワガママなヒロインかわいいって時代だったのかなぁ。

全7件中 1 - 7件を表示

志水辰夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
志水 辰夫
有効な右矢印 無効な右矢印

裂けて海峡 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

裂けて海峡 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

裂けて海峡 (新潮文庫)はこんな本です

裂けて海峡 (新潮文庫)のKindle版

裂けて海峡 (新潮文庫)の新書

裂けて海峡 (新潮文庫)の文庫

ツイートする