新版 チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示 (新潮文庫)

  • 107人登録
  • 3.94評価
    • (10)
    • (13)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 菅谷昭
  • 新潮社 (2011年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101346410

新版 チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 真摯に、でも生き生きと楽しそうに。
    社会への貢献、そして伝えること。

    セカンドキャリアを、深く意識させられました。

  • 旧ソ連時代のチェルノブイリ原子力発電所で起こった事故は、
    子供たちに取り返しのつかないものを残した。

    ソ連崩壊後に独立したベラルーシのミンスク。そこにある甲状腺
    ガンセンターへ医療支援の為に渡った著者の見聞と、子供たちへの
    思いがいっぱいに詰まっている。

    国のシステムが異なることもあるが、経済状況が悪化していたミンスク
    での医療の実態には唖然とした。

    メスは切れない。手術中に下がってしまう手術台。手術数で評価される
    為にベルトコンベア式に行われる多くの手術。消耗品の不足。看護師の
    都合によって急遽中止される手術。そして、生活するには十分とは言え
    ない給料の為、医師でさえもアルバイトを余儀なくされる現実。

    何よりも哀しいのは自分の運命を受け入れているのか、淡々と手術を
    受ける子供たちの姿だ。

    7歳の少年は手術台に乗ってから泣きじゃくり、「1回だけだよ」と
    言って涙をこらえ点滴を受ける。しかし、彼は術後、目覚めることは
    なかった。

    チェルノブイリのハート。原発事故の影響で甲状腺に異常が発見された
    子供たちの首筋に残された手術痕。それは旧式の手術法。甲状腺手術
    のスペシャリストである著者の手法では傷跡はほとんど目立たぬらしい。

    医療行為については勿論だが、本書では支援の在り方や現地の人々との
    交流も綴られている。

    昨年の福島原発事故を受けての文庫化なのだが、チェルノブイリでの
    事故が起こった時、「日本ではありえない事故」という見方が大半
    だった。私たちはそんな考え方を反省しなくてはいけない。

  • 菅谷昭『新版 チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示』新潮文庫。

    東日本大震災の前まで日本人の多くは、まさか日本で原発事故が発生するとは考えずに原発が産み出す電力の恩恵に預かっていたのではなかろうか。未だに原発事故の直接的な原因については地震や津浪や、人為的なミスなど様々な推測が飛び交うだけで、何らの決着を見ていない。さらには事故直後から現在に至るまで政府や原子力関係組織は原発事故による健康被害など無かったかのような対応に終始するという有り様。同じレベル7のチェルノブイリ原発事故という反面教師を知っていながらだ。

    本書は医師で甲状腺の専門家である菅谷昭さんがチェルノブイリ原発事故の医療支援をきっかけに、ベラルーシのミンスクで甲状腺治療にあたった際の記録である。

    チェルノブイリ原発事故当初、事故の事実は住民に隠蔽され、ヨウ素剤の配布が遅れたため、5年目から重度汚染地域で子供の甲状腺異常が目立ち始める。そして、10年目には甲状腺異常値が通常の100倍にまでなったようだ。

    これまでの日本の動きを見る限り、福島やその近隣地域で同様の事態が起きるのではあるまいかと非常に気掛かりである。

  • チェルノブイリ原子力発電所事故後、ベラルーシに甲状腺被害の治療のため赴いた医師の体験談。フクシマ事故以後に出された新版で、新章が付加されている。ロシアの医療設備・人材教育・技能などの問題点を述べつつも、甲状腺がんなどで倒れていく同地の人々(特に貧困層)に涙する著者に心打たれる。被爆と甲状腺がん発症のメカニズムにも触れられており、著者の医師らしい目線が光る一書である。

  • 2011年、福島第一原子力発電所の衝撃的な事故が発生した時、対句のやうに語られたのが、その丁度25年前に起きた「チェルノブイリ」の事故。
    いくつかの出版物も復刊されたのですが、かういふ便乗商法は嫌だなあと、手に取ることはありませんでした。しかしなぜか本書は家に有りまして、例外的に一気に読んだ一冊であります。

    著者の菅谷昭氏は、チェルノブイリ事故が起きた当時、信州大学に籍を置く外科医でした。氏は、何故だかはつきりしないが、自分は外科医として本来の道筋から外れ、あらぬ方向へ進んでゐるのではと考へてゐたさうです。これをいかに修正し、自分は何をすることによつて満たされた生に浸れるのかを、多分悶悶としながら模索してゐたのでせう。
    そこへ、チェルノブイリの事故が起きます。氏は、放射能汚染による健康障害について思ひを馳せました。「この事故は今後おそらく甲状腺障害の著しい増加をもたらすだろう」(P35)と。そしてそれは氏の専門分野であります。
    自分の専門知識が役立つかも知れぬと考へた時、もう氏はチェルノブイリの救援活動に参加せんと決意してゐたのでした。悶悶としてゐた自分に、「これだ!」と託宣でも受けたやうに感じたのでせうか。

    ウクライナの隣国ベラルーシで数回にわたる検診の後、遂に氏は現地での滞在を決意します。約25年間勤めた信州大学を後にし、極寒のベラルーシの首都・ミンスクへ。
    原発事故発生の事実がしばらく隠蔽されてゐたため、汚染地域の人々は普段と何ら変らぬ生活を続けてしまつた。結果、甲状腺がんを発病した子供たちが続出したと。
    一番の犠牲になつたのは、やはり弱い立場の子供たち。手術を前に気丈に涙を堪へる子、恐怖から泣き出す子、親から離れやうとしない子......しかも不十分な施設での手術。日本でならば一度で済んでしまふ手術が、ここでは二度三度とくり返される。いっそう子供たちの身体への負担は大きく伸しかかるのであります。

    ベラルーシでの医療現場の実態は充実したものとは言へず、衛生上も問題があり、医療器具についても切れないメスや鋏を無理やり使つてゐました。日本ならば、とつくに捨てられる道具類であります。
    看護師たちスタッフの待遇も悪いので、ほとんどが他でアルバイトなんかをして、医療に専念できる状態ではないと。時間が来たら即帰るので、緊急の手術なんかは出来ませんな。病院側の都合で、突如手術を中止することもあるさうです。すべては予算がないためだからとか。
    ところがその一方で、国立のバレエやオペラの劇場は贅を尽くした作りで、まことに金をかけてゐるのを見て、菅谷氏は憤りを感じてゐます。文化芸術を重視するお国柄なのか、経済不況に喘いでゐる国の施設とは思へなかつたとか。

    五年半に亘るミンスク滞在を終へて、2001年に著者は日本に帰国します。本書はあくまでも外科医としての視点から医療現場を語つてゐますが、控へ目ながら日本の原発政策についても提言がなされてゐます。本人が言うふやうに、本当にすぐにでも取りかかれることばかりなのですが、政府はお金にならないことはしませんからね。財界が喜ばないことはしないのです。
    それはそれとして、現地での医療チームとの交流や患者との触れ合ひ、非番時の街巡りなど、ほつとする話題の記述もありまして、深刻一辺倒の書物ではありません。万人向けの一冊と申せませう。

    なほ、著者は現在、長野県松本市の市長(三期目)を勤めてゐるさうです。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-563.html

  • 日本人甲状腺外科医師が単身ベラルーシに渡り、医療活動をしたときの記録が書かれています。
    タイトルだけだと、とても重苦しい内容のように思われるかもしれませんが、著者のユニーク且アイロニカルな文章が連なって読みやすいです。

  • 日本では起こらない事故。
    そう、思っていたチェルノブイリ。
    結局、同じくレベル7の事故が起き、その対応の真っ最中なのが、今。
    この本の中で語られていることが、すべて日本に起こることだとは思えない。
    ただ、少なからず、あの7年後にはでているかもしれない。
    それには、まず、何が起きているのか?今の段階はどんななのか?を怖がらずに知るべきだと思う。

    ベラルーシの病院の状態は、読んでいて「うそでしょ?」と、思わずにいられないような部分もあった。
    今現在は、もう少し進歩しているとよいのだが。。

  • 表題どおり、チェルノブイリの被ばくした子供たちに関する診療記録と、著者のセカンドキャリアへ踏み出すにいたった経緯から、その後のベラルーシでの日常生活記録など、短いながらも内容の濃い本だった。
    恵まれている日本と、貧困のベラルーシ。両国を比較することや、両国で社会貢献している人々の活動を知ることで、今後自分はどのように社会に貢献していくべきなのか考えるきっかけになった。

  • 毎年基礎栄養学の講義の中で無機質の栄養について講義している。例年なら自分が学生時代に放射性ヨウ素を実験でバカスカ使わなければならなかったため、甲状腺への影響を心配した教授からわかめを山ほど食べろ、と言われていた事、幸い徳島在住だったため、わかめは外食でもたっぷり食べられる環境で助かった事ぐらいしか話さないのに、なぜかふと思い出してこの本に書かれていた、松本市長がチェルノブイリで診療に当たっていた事などを話していた。(本当はもっと過激な話もしたのだが、それは私と受講生との秘密にしておこう)
    受講票の感想で何人かが「知らなかった。すごい市長さんだったんだ。」と書いてくれたので、ぜひ読んでもらいたいと思い、推薦することにした。
    内容については、色々書いてしまうと読んでもらえない恐れもあるので、ここでは一切書かない。ただ、単身で当時共産圏(こういう単語の意味もニュアンスも、今の若者にはわからないだろうな、と思いつつ)だったベラルーシに乗り込み(今で言えば日本国籍を持つ者が北朝鮮に単身入国するような感じか?)、自分の退職金をつぎ込んで医療活動に当たった事は、他の誰にもできなかった事であろう。

  • 医師であり甲状腺の専門家であった著者が、チェルノブイリ原発事故での医療支援をきっかけに、勤務していた病院をやめ、ベラルーシのミンスクで甲状腺治療にあたった診療記。チェルノブイリ事故では事故発生が当初住民に隠され、ヨウ素剤の配布も遅れたため、重度の汚染地域では5年目から子供の甲状腺異常が目立ち始め、10年目をピークに甲状腺異常値は通常の100倍になったらしい。放射線の特に内部被曝は長期にわたり影響が出るのが怖い。
    著者は現松本市長で、本書は福島原発事故を受けて新版で文庫化。

  • (「BOOK」データベースより)
    チェルノブイリ原発事故の影響で甲状腺ガンになった子どもを助けたい―外科医菅谷昭は、ベラルーシに5年半にわたって滞在。貧弱な医療体制の中で数多くの子どもを救い、その手技は「奇跡のメス」と賞賛された。事故後、子どもたちの身に何が起きたのか。現地で綴った貴重な診療記に福島第一原発事故を受けての警告を加筆した、原発禍を最も深く知る医師による真実のレポート。
    内容紹介
    甲状腺外科医は、原発事故の放射能汚染地域で多くの子どもを救った――「レベル7」事故の悲劇を知る医師による貴重な記録と警告。

  • 福島のことがあって購入。なかなか読み進まない。

  • チェルノブイリのメルトダウン、日本のメディアが大きく取り上げたことを覚えています。

    まさか、この国でも同じく原発事故が発生するとは、真剣に想像したことはありませんでした。

    原発がそこにある限り、事故の可能性は0ではない。当たり前の事実は唐突に訪れました。

    この本はベラルーシの、とりわけこどもたちの未来に光を与えようと奮戦された医師の体験談です。

    印象に残ったのは、二つ。

    この戦いが長期戦であること。

    そして、それを目の当たりにした人間の生き方について。

    我が暮らしを維持しながら、何も出来ない自分の歯痒さがあることが示された一説がありました。

    今、自分に出来ることは少しでも知ることしかありません。

    「あせらず、ゆっくり、ゆっくり」

  • まさに今読まれるべきだろう内容。
    菅谷先生は福島原発事故後、懸念される内部被爆等について、松本市長としての立場で記者会見でお話しされているが、それはこのチャルノブイリでの経験があってこそ。事実菅谷先生の懸念通りに、様々な現象が今になって起こってきている。

    「福島はチャルノブイリとは違う」などと、眼を逸らしている場合ではない。チャルノブイリの周辺住民も、自分の国の政府が事実を隠蔽をしているなどとは思ってもいなかったはずだ。今の日本政府の対応を、菅谷先生は「新版に寄せて」という分の中で、痛烈に批判している。
    結局、同じ過ちを繰り返そうとしているのだ。

    自分たちも覚悟すること。
    そして「自分には何ができるのか?。」を脳みそから血が出るぐらいの想いで考えること。
    それを思い知らされた一冊でした。

  • 6月30日に長野県松本で震度5強の地震が発生。
    その時たまたまニュースで松本市長が出ていて、大まかなプロフィールが紹介されていて、その方が元外科医と知った。
    1986年4月に発生したチェルノブイリ原発事故後、1995年、当時信州大学医学部の助教授だった著者はベルラーシの国立甲状腺ガンセンターに出向き、そこで5年藩甲状腺ガンの治療にあたったと知った。
    それでこの本を購入。
    長野県は私の郷里でもあるし、松本はたびたび出かけていた街。
    去年も友人と出かけて、涼しいはずの信州が松本駅前の電光掲示板が37度を記録していてビックリしたことを覚えている。

    今年3月11日未曾有の東北大地震、さらに津波、加えて原発問題と日本はすっかり変わってしまった。
    今の政府はまったく機能をなさず、被災地の復興は一向に進まず、全てが後手後手に回っている。

    私の住むところもすでに放射線は検出されており、日本は汚染国となった。

    私くらいの歳になるともうどうでもいいけど、将来を担っていく子供たちの健康はどうなのかと・・
    この本を読んでかなりショックだった。
    日本の政府は最近やっと18歳以下の子供たちの甲状腺の検査をすると言っているけど、
    今後どうなっていくのかと心配でならない。

    チェルノブイリでの子供たちも当時の政府のあり方で可愛そうな人生を背負うことになってしまったけど、日本の原発近くの子供たちはどうなってしまうんだろう。
    ソ連と全く変わらず東電や政府の隠ぺい。

    常に犠牲を強いられるのは国民。

    先日も「報道特集」で前に放送したチェルノブイリの今の様子を記録したドキュメントを福島の方たちが見て一様に驚きを隠せないでいた。
    いつかは帰れると思っていた人も諦めのため息・・
    「チェルノブイリより悪い」とつぶやいた男・・

    見えない放射能の恐怖
    一日も早くあの地域、被災者の方、未来ある子供たちのことを一番に考えて、取り組んでほしい。

    経験のある方たちの知恵と知識と経験を大いに活かしてほしい。
    今まさに読んでおきたい一冊だと思います。

  • これ読むとなんで福島がチェルノブイリと一緒なんだよと。それはないだろうと。いくら民主党政府が無能でも当時のロシア政権みたく5日間も事態を隠していたとかそういうことはやってない。一方でこどもに対してはヨー素剤の配布も含めて十二分のケアーが必要かと。

  • 1986年にチェルノブイリ原子力発電所で起こった爆発事故、
    そしてこの原発事故で被害を受けた近隣のベラルーシ共和国。

    この本は、チェルノブイリ原発事故後、
    近隣国のベラルーシで子ども達の甲状腺がんが異常に増えた事実を知った
    大学の(当時)助教授であった著者の菅谷昭さんが、単身でベラルーシに渡り、
    外国人としてただひとり、治療にあたった5年間の記録です。


    初版は1998年8月に刊行されているのですが、
    3月の福島原子力発電所の事故後に、新版が発行されたようです。
    (新版には前書きが添えられています。)

    ベラルーシは、風向きの影響でチェルノブイリ原発事故より大きな被害を被り、
    事故から5年後、子どもたちの間では甲状腺がんが急増。
    (発生率が事故前の100倍にも上がった)
    国の情勢が貧困だったため、医療もままならない状況下で
    2度3度と手術を受けなければならない子ども達、そしてその家族。。

    ベラルーシの経済状況や医療環境、他国での対応、比較。
    様々な面から汲み取れる著者の観察力や見解力、そして思い。
    著者のひとつひとつの言葉をしっかりと読むと
    同じことを繰り返さないように私たちはきちんと学ばなければならないと実感しました。

全18件中 1 - 18件を表示

新版 チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新版 チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新版 チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新版 チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

新版 チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示 (新潮文庫)の作品紹介

チェルノブイリ原発事故の影響で甲状腺ガンになった子どもを助けたい-外科医菅谷昭は、ベラルーシに5年半にわたって滞在。貧弱な医療体制の中で数多くの子どもを救い、その手技は「奇跡のメス」と賞賛された。事故後、子どもたちの身に何が起きたのか。現地で綴った貴重な診療記に福島第一原発事故を受けての警告を加筆した、原発禍を最も深く知る医師による真実のレポート。

新版 チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする