同姓同名小説 (新潮文庫)

  • 284人登録
  • 3.15評価
    • (10)
    • (32)
    • (56)
    • (17)
    • (8)
  • 37レビュー
著者 : 松尾スズキ
  • 新潮社 (2008年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101346526

同姓同名小説 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初、松尾スズキ。
    クワイエットルームへようこそ。は映画でみた。
    本で読むのは初めて。
    題名と、この本の紹介文が気になって読んだ。
    面白いけど、ぐんぐん読み進められるほどではない。あほだなー、だけどよくかんがえるなぁと思いながら読んでいた。
    っつーか、同姓同名どころじゃないけどね、完全に本人って感じ

    松尾スズキは、大好きな食材をひどい組み合わせで食べているような感覚。
    納豆とマンゴーとか。うーん、いまいち、ぴんとこない組み合わせだけど。上手くいい表せないな。個々で食べたほうがおいしいのに、それを混ぜてぐちゃぐちゃにして、まずいけど食べるみたいな。
    表現の仕方が独特で、理解できないのもあれば、面白いっていうのもある。
    10打席1安打だけど、その1安打がホームラン!みたいな感じがあるから、凄いファンじゃないけど、またたまーに松尾スズキを読みたくなるかも

  • たまには息抜きでも、と読んでみた。
    一昔まえの芸能人達を題材としたばかばかしい小説。
    たまに読むにはまあね。

    出てくる芸能人の名前ははかなり有名なんだけど、そのキャラをよく知らないと面白みがわからない話ばかりである。

  • ジョユユ動員で。

  • ネタにされてる有名人のイメージやエピソードからの飛躍っぷりがすごい。しかし的ははずしていない。自分さえもその中に取り込んでしまうところも。

  • 松尾スズキの口調を楽しむ小説。
    内容はないので、その風味だけを楽しむ感じ。

  • 2013/12/3読了。

  • 芸能人と同姓同名の登場人物という設定と
    松尾スズキの想像力のキワキワ感が楽しい。
    だけど当時の芸能ネタを知らないとついていけない。
    なんだかんだ言って、やっぱり松尾さん本人の話が一番おもしろい。

  • 松尾氏の小説はクワイエットルームになんとか、ってのを以前に読んだことがあるんですけれども、って、そして、それをそこそこに気に入った記憶というものがあって、今作を手にとってみたんですけれども、短編集? なためか、少々味気なくてガッカリ…はしないまでももうちょっと松尾氏の文章を味わっていたかったな、って感じがしましたね。

    ヽ(・ω・)/ズコー

    なんか実際の芸能人をモチーフに書いておられるようで、僕はあんまし芸能界ってやつに興味がないのであるからして、実在のソノ人のイメージにちゃんとそぐっているのかどうなのか…分からないんですけれどもまあ、松尾氏の文章ってことで読めました。 ←は?? 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    ラストの松尾氏自身が自分をモデルにして書いた短編が秀逸でしたかねー。高血圧に悩まされている松尾氏…大変でしょうけれども、今作を上回るクオリティの作品を今後も書いてくれたらと願う次第であります!

    おしまい。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 水道橋博士のブログで紹介されていた「小説・哀川翔」から興味を持って読んでみました。「荻野目慶子」が秀逸でした。

  • そもそも、同姓同名小説っていう設定がすごい。ぶっ飛んでて、シュールで、妄想の世界を一緒に飛び回った感じ。笑った。つっーか、こういうのアリなんだね〜。活力もらった感じ。

全37件中 1 - 10件を表示

松尾スズキの作品

同姓同名小説 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

同姓同名小説 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

同姓同名小説 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

同姓同名小説 (新潮文庫)の単行本

ツイートする