神の火〈下〉 (新潮文庫)

  • 1113人登録
  • 3.56評価
    • (93)
    • (128)
    • (260)
    • (19)
    • (6)
  • 80レビュー
著者 : 高村薫
  • 新潮社 (1995年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101347134

神の火〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • いろいろと考えさせられました。本が書かれた後に起きた出来事のいくつかが、小説の舞台や設定と重なり合い、様々な想像へと誘い込む、あまり経験したことのない読書体験となりました。

  • 2016/10/21

    江口が自殺したと書かれた文章が、一番胸が痛かった。良が死んだと判ったシーンに、いちばんぼうぜんとなった。

    そんな感じです。

  • 相変わらずデティールの細かさが凄い。UNIXのftpがぁ、とか書ける作家はそうそういない。
    ストーリー的には「黄金を抱いて翔べ」とか「レディー・ジョーカー」とかに似てる。徹底的に綿密な犯罪計画と実行みたいな。まぁ、本作に関しては、虚々実々のスパイ心理戦の面が強くて、原発襲撃については終わりの1/4くらいしか出てこない。襲撃の動機がぶっ飛び過ぎて理解出来ないのもなんかなぁ。
    まぁ、作者的には原発安全神話への問題提起をしたかったかも知れないけど、やや木に竹を接いだ感は否めない。

  • 甘くない終わり。
    高村さんらしい。
    好きだけどっ!!

    島田という男の複雑怪奇さ。
    ダンディ江口の軽やかさ。
    日野の大将のキレっぷり。
    良のお手紙。

    堪能しました!!

  • 根暗でゲイでナルシストな主人公がどうも受け入れなかった。そんな主人公を周りが助けてくれるご都合主義に辟易。また本人はそれが当たり前と思っている節があり、さらにイラついた。
    物語に厚みをつけようと取ってつけたような専門知識が滑稽で小説自体を底の浅いものにしてる。

  • 面白かったけれど難しいところは読み飛ばし。ついてこれる奴だけついて来いって高村薫の姿勢だな笑
    なんで原発に忍び込み蓋を開けたくなったのか、とか、良の望みだったからとか全部衝動のように描かれて勢いで流す、それに乗れるか乗れないかはある。でもこんな理由でテロ起こされちゃたまらんな笑フィクションの中の世界です。

  • 2011年3月11日の東日本大震災と、それに伴う東京電力福島第一原発事故。

    これらがなかったら、おそらく読むことはなかったであろう、この本。

    しかし、読んでみると、これがまたしんどい。

    動機、目的、使命、その他諸々、まったくわからないのだ。

    物語もなんだか妙に淡々と過ぎていくし。

    結局最後までよくわからないまま進んで、よくわからないまま終わってしまった。

    高村薫の作品にしては、とらえどころがなくて残念だった。

  • 2015.7.9読了。
    冒険ものとして読んでも、社会派小説として読んでも面白かった。
    福島の原発事故が起きた今読むからこそ、原子力に対して疑問を投げかける言葉がずっしりと響く。良が、ミサイルの一発もあれば原発は壊れてしまう…というセリフを吐くシーンなど、何度も読み返してしまった。そして技術者だったからこそ、「原子力の平和利用」という、世界の状況とは矛盾した原発の理念に誰よりも違和感を覚える島田。
    登場人物がみんな深い背景を抱えていて、それぞれのストーリーも面白かったし、なおかつ原発への侵入シーンでは映画のような躍動感に満ちており、長い物語だが最後まで飽きなかった。
    これを、原発事故の前に読んでいても、同じことを感じたのか…今更ながら、もっと早く出会いたかった一冊だった。

  • 原発事故前だから、書けた話だと思う。
    今はフィクションでも、反発が強くて無理じゃないかな?

  • 再読なんだけど、昔は読み飛ばしていた原子炉の構造の描写とかが(以前に比べると)格段にわかるようになっていることに気がついた。
    良くも悪くも身近になった原発というものを感じざるをえない。

    携帯電話もデジカメもない時代のスパイ小説はどこか時代錯誤。
    でも閉塞感とか、やり切れなさとか、今の時代にも通じるものもある。

    現実は高村薫が描いた世界より遥かに残酷で過酷だったけど、廃炉のニュースを見ながら、日本海岸にコンクリートの石棺が並ぶ日がまもなくやってくるのかな、、と思った。

  • スパイの行動とか考えの方法が描写されてて、自分も無意味に周りに神経を研ぎすませてみたりして、町中で遊ぶことができたことが、読書中の楽しみでした。

    小説を通して、世の中のことを知るって楽しいなと思えた本です。
    原子力の技術的な話には全然付いていけなかったけれど。。

  • p.199
     すべての科学技術は本来、その運用に当たって完全という言葉は使えない人間の所産にすぎないが、いったん壊れたが最後、周辺地域が死滅するような技術の恩恵を、人間はどれほど受けてきたというのか。原子力は、人間にどれほど必要な代物だったというのか、そう思い至ると、島田は回復不能の懐疑の闇に陥った。

  • 小難しいホモ―小説。

  • CIA・KGB・北朝鮮情報部・そして日本の公安警察。4か国の諜報機関が<トロイ計画>、その鍵を追って日本海に相見える。
    良の願いが潰えたと知った島田と日野は、原発襲撃へと動き出す。

    「こんなアホなスパイがどこにおるんや、こんなアホなスパイが……」

    襲撃に意味はない。ただ、火を見たいだけ。現代の神殿、原子炉格納容器の最奥で青く静かに燃える<神の火>を解き放ちたいだけ――。


    眩暈。歓喜。甘美。いつかしら体が覚えていた死への誘惑に身をゆだね、国家や背負い続けた自分と自分以外の人生から解放されてゆく。
    ひたすらな破壊衝動に身をゆだねる男の滅びを描ききったサスペンス。

  • 3.11がなければこの本は手にしなかったかもしれない。

    後半原発に乗り込むシーンは迫力があり、読み応えがあった。

    しかし、高村さんって男っぽい文章書きますよね。

  • 北との交換劇、原発への襲撃など細かい描写のおかげでその場に居合わせているかのような臨場感があった。紆余曲折、と言っていいか分からないが、こんな人生もあり得るのだろうなと眺めさせてもらった。自分が同じ立場だったらどう行動するだろうか。

  • 終了日:2010・6・21、今まで読んできた高村作品の中でもかなり暗い、個人的に何とも言えない、空疎が辛かった。
    辛いってのも語弊があるが、どうも、かなしい、と連呼したくなる。
    あのラストも、救いとは違うのだろうか。でも私はあれを一抹の希望と思いたい。泣くしかない。

    レディ・ジョーカーの石灰や黄土色とは違う、何か白濁とした中に滲むほの暗さ、追憶の不確かさの滲む光、とにかく不透明な白銀が脳裏に浮かぶ。

    確実に激情はあるのに、雪の描写に掻き消されて空虚さばかりが際立つ。やり切れなさの充満する余韻は、大半の高村作品に共通するのに、神の火 はどうも辛かった。読んでる間にちらちらと脳裏を走っていた、ああ、 黄金を抱いて飛べ に通ずるんだな、という感覚がいまやっと吹き出した。
    (密林かなんかで神の火は黄金~の蘇生みたいなこと読んだことがあって、理解した)

    とにかく下巻の怒涛の展開はすごかった。
    スロースターターである。

    島田が最後に見たのは救いだったのだろうか。

  • (2013.02.28読了)(2013.02.17拝借)
    【2月のテーマ・[原発を読む]その④】
    【東日本大震災関連・その113】
    最初から最後まで、ハラハラドキドキでこれから先いったいどうなるのだろう。なにが起こるのだろう。ということで、大変でした。読み終わってもこれから先いったいどうなるのだろう。と大いに余韻が残っています。
    髙村さんの小説を本の形で読むのは初めてでした。時間を見つけて他のを読んでみようかと。(『新リア王』を日経の連載で読みました。ただし、トラブルがあって、途中で連載を終わってしまいましたが。)

    登場人物メモ。
    島田浩二:主人公。元原発技術者。木村商会社員。
    江口彰彦:アメリカ、ロシアの二重スパイ。島田をスパイに育てた。
    日野章介:島田浩二の中学生時代までの同級生。日雇い労働者。
    高塚良:ロシア人。日野章介が働き口の面倒を見ている。
    柳瀬律子:日野章介の元妻。「北」の手先。薬物中毒。
    柳瀬裕司:柳瀬律子の兄。「北」から原爆開発資料を持ち出した。
    川端美奈子:木村商会の事務員。日野の親戚。
    小坂正彦:音海原子力発電所原子炉主任技術者。東海村での島田浩二の後輩
    山村勝則:野党議員。「北」とつながっている。
    ハロルド:アメリカ諜報部員。
    ボリス:ロシア諜報部員。

    高塚良が「北」に誘拐され、島田浩二との交換を要求してきたので、ロシア、アメリカ、日本のスパイが連携して、取引に応じることになった。
    ただし、島田をいったん「北」に渡した後、奪還する作戦を計画している。
    島田には、公安の尾行がついているので、「北」と接触するには、工夫がいる。5日もかけて、あれこれと偽装工作をしたりするので、実際にも、スパイたちはこんなことをしてるのだろうか、と思うけど、かなりもっともらしい気もする。
    その間にも、昼間は、ごく普通の日常生活を送っているので、その辺の描写も恐れ入る。
    人質交換作戦は、うまくいったような、行かないような。
    高塚良は、父親がチェルノブイリの原発事故で亡くなり、良は、父親を捜すためにチェルノブイリで大量の放射能を浴びていて、長く生きられない人物だった。
    島田と日野は、高塚の思いを引き継いで、音海原発の襲撃を計画する。
    入念な下見を行い、詳細な計画を立て、実行に移す。この辺になると冒険小説という感じになってくる。
    計画通りにいかない部分が出てくるのは、作家の力量、というところでしょう。主人公に予定外のところをどう対処させるか?原発のしくみがよく分からないので、書いてあることがどこまで専門家を納得させるのかはわかりません。こういうのを作家は、どうやって仕入れて書くのでしょうか。感心してしまいます。少なくとも、作家が自分で経験した範囲内で書くということではなさそうです。
    この本を読んだ印象では、原発というのは、少々のことでは、外部に多くの影響を与えるような事故にはならないということのようです。破壊するにも、かなり強力な爆弾を使わないと無理ということのようです。

    解説は、井家上隆幸さんです。本の内容を手際よく要約しているので、拝借しておきましょう。
    ●主要な登場人物(406頁)
    主要な登場人物、ひとりは島田浩二、39歳。母とロシア人宣教師との情事で生まれた「日本海と同じ深い緑色の瞳」を持つ〝不義の子〟。実業家であり詩人であり骨の髄までダンディな策謀家江口彰彦、60歳の誘いでソ連のスパイとなり日本原子力研究所に入る。ひとりは、幼友達の日野草介、40歳。《プラハの春》の話を聞かせ、真面目に生きてみよかと思わせた柳瀬裕司の妹律子と結婚、殺された柳瀬に人生の《借り》を背負っている。そしてもうひとりは、チェルノブイリ原発事故で被曝、江口の手引きで日本へ密入国した高塚良、25歳。
    ... 続きを読む

  • 原子力発電の必要性と、対するリスクが議論される今日において、原発に反対している人に支持される内容ではないだろうか。僕は原発以外のエネルギー源を支持するので、最後の原発襲撃は、現実にはあり得ない分、大変興味深く読んだ。過去に起きた原発事故と被害の甚大さに鑑み、僕たちは未来に向けて学ぶべきなのだ。

  • 下巻では島田のスパイぶりを味わった。良と島田の再会が辛かった。

    後半の原発襲撃まで、山で身を潜めているジリジリとした時間は読んでいるこちらも、もどかしく忍耐の要る時間であり、ふと島田もそんな感じか…と思ったりもした。

    原発と原爆は違う。
    俺らに侵入できたら安全やないいうことや。
    原子炉の蓋を開ける。

    ↑単純だけども的を射た言葉で、何となく記憶に残った。

    忠実で意思の堅い良。
    本能で動く日野。
    死ぬときまでダンディな江口。
    気の毒なベティさん。
    最後に幸せになれたであろう島田。

    どのキャラクターも色々なモノを背負っている様が伝わり人間らしさを感じた。けれど皆寂しく、寒さ厳しい若狭の冬が更にそれを後押ししていた。

  • ハードカバー版(旧版)を全面改稿したというので、読んでみた。個人的に、旧版よりもよりスマートな感じになっているような印象を受けた。とある主要キャラクターの人格(というか性格)も角がいくばくか丸くなっていたなあ。あと、島田の持つ孤独感や、日野が持つ虚無感がわかりやすく書かれているとも思えた。
    島田の人間としての苦悩や、スパイだったころの苦悩、いまでも逃れることのできない呪縛、それらがみっしりと書き込まれていた。濃度が濃くなっていると感じた。話が先に進むにつれて、島田と日野が持つどうしようもない世界、というか現実が読み手にもやってきて、どんどん沈んでいく。島田と日野はこの世界から抜け出すために、手に入れることができるもの、手にあるものすべてを投げ出してしまったけれど、もっと他の方法はなかったのだろうかと思えずにはいられなかった。自分がこの世から抹殺されてしまうカウントダウンを過ごす島田の心境に、どうしてもやりきれなくなった。
    暴力の末路ってこういうもの、っていうのもかなしい。
    著者の作品にはよくアルコール飲料の描写があるけども、この作品はいちばんおいしそうに思える。ウォッカを啜る、それだけでもおいしそうに思えるのだからすごい。
    あと、どなたかがいっていたのだけど、最初島田と日野はお互いのことを「日野」「島田」と呼び合っていたけれど、最後には「草介」「浩二」と呼び合っていたということに気付き、このふたりの深い穴のような関係性にぞっとした。男同士の濃い結び付きの艶っぽさを書くのが、著者はうまいなあ。

    (809P ※上下巻)

  • 福島の「人災」をきっかけに、手にとった本。

    もし震災からの一連の出来事がなければ、私は島田という人物に疑問しか抱かないまま、読み終えていたかもしれない。

    チェルノブイリによって人生を定められた青年・「高塚良」という存在を、福島が生み出さないことを願わずにはいられない。

  • 面白く読めるのは人質交換まで。その後は、冗長でスピード感ゼロ。話自体も、主人公の動機が理解できず、説得力がない。
    読むのが苦痛。

全80件中 1 - 25件を表示

神の火〈下〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

神の火〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

神の火〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする