リヴィエラを撃て〈下〉 新潮文庫

  • 1407人登録
  • 3.74評価
    • (195)
    • (154)
    • (312)
    • (20)
    • (7)
  • 98レビュー
著者 : 高村薫
  • 新潮社 (1997年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101347158

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

リヴィエラを撃て〈下〉 新潮文庫の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • つ、疲れた…
    これは傑作だー

    日本・アイルランド・イギリスで展開される諜報戦のスケールのでかさはあくまで設定であり、真の魅力は登場人物たちの鬼気迫る濃厚な心理描写にあると思います。

    展開は結構複雑で、上巻の半分くらいまではなかなか全体像がつかめず読みづらいです。でもあきらめないで!それ以降は目眩く展開に一気読み必至です。
    下巻のピアノシーンは圧巻です!

    ラストのある人物の独白は若干拍子抜けでしたが、この作品の良さを削ぐものではありませんでした。

    ミステリー・サスペンスとして一級品であり、文学性も高く素晴らしい作品でした。

  • 二回目読んでてもハラハラドキドキ。これ読んでから千鳥ヶ淵のイギリス大使館を見に行った事あるのは私だけではないはず。とにかく素晴らしいの一言。

  • スゴイ‼この人ほんとスゴイ‼
    なかなかどっぷり感から抜け出せなかった…なんかせつなくて。

  • スパイやら刑事やらテロリストやらCIAやら5やら6やらがいっぱいいて、登場人物を覚えるのに苦労はしました。
    でも、イケメンピアニストやらイケメンテロリストやら妖艶な美人スパイやら個性的な面々、そしてひとりひとりがしっかりとした過去を持っているので、イメージはしやすいかも。


    国の秘密、利権、国益、、忠義、友情、愛情、裏切り、憎悪、正義、勇気、真実…

    本当にこんな世界があるのだろうか。

    ひとりの人間が背負うには重たすぎるものをみんな、抱えてます。

  • 高村薫の中では割ときちんと読みこめました。
    どうしてそこまで…解説にもある男達の暗い情動が切ない。壮大で濃密なものがたりです。

  • 後半の謎解きを読んでも、組織や人間関係が複雑すぎてさっぱり。

  • 下巻は一気に、物語が進展。

    愛する人、友人、秘密を握るものの死。
    日本へと逃げた若い男女の末路。。。
    リヴィエラとの面会、そしてこの物語の本当の真相とその後の人生。結構、衝撃的に物語が進む。

    ただ、本当の真相を知った時は少しだけ、拍子抜けしちゃったけれど。ここまで引っ張らずに、もう少しコンパクトにまとめても良いんじゃないかなあ。と読み終えた今の感想。

  • 平和な時代に生まれ育った身には登場人物たちの思考に付いていけない部分もあるが、それは幸せなこと。激しい紛争の無い日本でよかったと安堵しつつ読み進めた。

    話のスケールが大きく、重く、複雑で長い。途中、登場人物の名前が「これ、誰だっけ?」と何度も判らなくなり、最初の人物紹介ページで確認しました。高村さんの本は、この人物紹介ページに助けられます。(私だけかも知れないけど)

    ラストは、これでよかったのかな?
    見方によってはストンと落ち着いて丸く収まってるし、違う見方をすると、なんてひどい話なんだ!とも言えるだろう。

    決して読みやすい本ではないけど、読んでよかった。
    これを書ききった作者の持久力に感服します。

  • 登場人物達それぞれの必死の生が眩しくて愛おしくて、しかしそれほどまでにして追い求められていた真実はそれに見合わず醜く馬鹿馬鹿しくさえあったことに釈然としない気持ちになったけれども、
    そんな綺麗も汚いも複雑に絡み合った物語であったからこそ、シンクレアがあのブラームスの協奏曲を渾身の力で演奏したことには興奮しました。
    言葉では言い尽くし難いこの複雑で壮大な物語が、全てこの曲で昇華されているかのようです...。

    長編ならではの壮大な世界観にどっぷりとのめり込めました!面白かった!

全98件中 1 - 10件を表示

リヴィエラを撃て〈下〉 新潮文庫に関連するまとめ

リヴィエラを撃て〈下〉 新潮文庫を本棚に「読みたい」で登録しているひと

リヴィエラを撃て〈下〉 新潮文庫を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする