舞姫通信 (新潮文庫)

  • 1361人登録
  • 3.20評価
    • (63)
    • (122)
    • (431)
    • (72)
    • (17)
  • 151レビュー
著者 : 重松清
  • 新潮社 (1999年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101349114

舞姫通信 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっぱりこの作者の小説は性に合わないのかもしれない。物語のテーマや設定や書き方は良いのに、空想で物事を書いていると思われるような、ちょっと?なエピソードが目立つ。

    自殺願望、自殺をする自由、という思想がお茶の間まで広がることに違和感。ある女子高で、舞姫通信という変わった(幼稚な)文章と薄い内容の通信がなぜか毎年作られること。その支持率の高さは教師まで及ぶこと。高校生達が自殺のあった裏庭に、こぞってプレゼントなどを置くという心理も腑に落ちない。また「ハートマークの遺書」の一部掲載されたものを見ると、そこに心うたれるものも、考えさせられるものもない。

    文章力はあるのだけど、もうちょっと現実味のある小説を書いたらいいのに。

  • 作品が悪いので★1つなのではなく
    単純に個人的に嫌悪感を抱かずにはいられない内容だったので。
    とくに登場人物の女性の1人に対しては最初から最後まで否定的でマイナスな感情しか抱けず。最低の一言。

    作中のちょっとした人間関係や主人公のラストには
    色々考えさせられるものが。

  •   暗い。そして重い。最初のうちはよかったものの、読むにつれて読むのがどんどん辛くなっていきました。けれど、いろいろと考えさせられることが多かったです。

      逃げ道としての自殺ならわかるけど、理由もなしに "なんとなく" 死んでみたいというのは、どうなんだろう。生とはそんなに軽いものでしょうか。

    「人はいつでも死ねる」
    繰り返しでてきたこの言葉、確かに理屈ではそうだろうと思う。でも、死ぬってそんなに簡単なことじゃないと思うんです。この言葉を唱える人たちの中のどれほどが死に直面した時にそれを受け入れることができるのだろう。

      私が何よりも怖かったのは、自殺よりも無気力に生きることでした。
    生きる意味も見つけられないけど、死ぬ意味も見つけられないから生きている。それは、本当に生きていると言えるのでしょうか。救いが見えない気もしました。生きる意味を言える人なんてそうそういないだろうけど、それでも生きていて楽しいと思えればそれで十分じゃないのかな・・・。

      最後の、祈りにも似た舞姫通信で少し救われたかもしれない。他の人が自殺をする権利は奪えないけど、私も好きな人たちにはできるだけ長く生きていてほしいと思います。

  • 「泣ける!」「涙が止まらない」と書いてあったので、本当に泣けて泣けてしょうがないんやろなーと思ってたが、そんなでもなかった。わりと泣けなくて残念。
    最期に主人公が抱く「生きなければ」という意思よりも、「死はいつも、いつでも自分のそばにいる」という実感の方が共感できる。

  • テーマは自殺。
    『人は死ぬことができる』
    うん、確かに。自分で自分の終わりを決めてもいいよね。
    わたしは自殺をするつもりないけど…

    読み終わってもなんかすっきりしないけど…『自殺はだめだ!!』って熱血教師みたいに言う本よりは好きかな。

  • 好きじゃないです。この話。
    自殺は良くない、絶対に。
    最終的には、この本もそう言ってるんだと思うけど
    城真吾とか舞姫とかスター的存在になる(する)のは
    正しくないでしょ。佐智子も気に入らん。

  • 結構好きな重松清の作品で、あまり好きではなかった一冊。
    『自殺』がテーマなので暗くなるのは良くわかるが、
    文章がまわりくどいような、じゃあだからどうしろって....
    と言いたくなるような....

    まあ気分が落ち混んでいるときに決して読んじゃいけない一冊
    かな!?

  • 重松清は比較的好きは方だが、この本は好き嫌いがハッキリ分かれるのではないか。というより、いつ読むか、で心の許容の仕方が大きく変わるように思える。もし今大切な人が笑顔で、人生の温かさや明るさを謳歌しているのであれば、どこか遠い物語のように、もっと言えば薄ら寒くすら感じるだろう。だれか大切な人が健康とは言えず、悲観的な思いをしていれば、この本はその心のとなりに佇み、慰めの一つになるかもしれない。自殺を白と黒でとらえず、灰色に見ておきながら、それでもやっぱり最後は生きることに肯定的な書き方をするのが重松清らしいなと。ただ、自分にとっては今ではなかった。それだけの話。

  • 面白いし、引き込まれてしまうのですが、いざ感想を書こうとすると困ってしまいます。
    結局著者は何を言いたかったんだろう。素材だけが投げ出されて、結末が無いような。まあ、いつものことなのですが。
    生きることの大切さを言っている様な、でも「いつでも死ねる」も否定してないような。まあ、それで良いのでしょう。こんな話題に結論を出してしまったら陳腐に成るだけなのかもしれません。

  • 人を含めて生き物は皆いつか死ぬために生まれ、それまでの間を生きているのではないかと思っている時期もありました。
    でもそれは自ら死を選ぶという意味ではないのだと読み終わってつくづく思いました。

    双子の兄、陸男(リクオ)は何故自殺したのか、心中未遂した城慎吾に死にたい理由は本当にあったのか(たぶんない)、最初に舞姫通信を書いた原島先生の娘、慶子の心の闇?
    そもそも毎年、舞姫通信を誰が書いていたの?(物語の中では最後の方で自殺した女性徒?)佐智子の妊娠?などわからないことがたくさん。
    それをはっきりさせる必要はなかったのでしょうかね?

    一つだけわかるとしたら自殺してしまう事よりも生きて行く事の方が大変だという事。
    ‘生きていればいい事もあるさ’的な無責任な意味ではなく、‘いい事があるように頑張ろうね’という意味で。

    人は必ずいつか死ぬけれどそれがいつなのかは誰にもわかりませんし、‘いつでも’などという事は否定します。
    先に逝った大切なや人や愛猫に恥じないように天寿まで生きて行きたいです。

全151件中 1 - 10件を表示

重松清の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

舞姫通信 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

舞姫通信 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

舞姫通信 (新潮文庫)のKindle版

舞姫通信 (新潮文庫)の単行本

ツイートする