ビタミンF (新潮文庫)

  • 5434人登録
  • 3.47評価
    • (286)
    • (722)
    • (1310)
    • (111)
    • (17)
  • 588レビュー
著者 : 重松清
  • 新潮社 (2003年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101349152

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印

ビタミンF (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • いやぁ〜うまいな。
    最近、人気の女流作家の短編をたて続けて読んだが、短編ではまだまだ重松清や浅田次郎には遠く及ばないのを感じた。
    大きな感動を期待した人には物足りないかもしれないが、子を育て成長させた親の目でみると身につまされる思いががあふれでた。
    特にセッちゃんは秀逸。いじめに対して、小説や映画のようにはスパッと解決することができず無力な自分を感じながらも、たとえ迷信でもそれにすがってでも子供の側に立っていようという親心は泣かせる。親世代のみならず子供世代にもお勧めの一冊。

  • 短編としては、割と良かった。どんな家族も完璧ではなく、大小の問題を抱えながらも家族として生きている、目には見えづらくてもそれ自体が重要なことなのだなぁと感じた。なんとなく、心あたたまった。

  • 主人公たちがほぼ同世代で家族に対するちょっとしたイライラだったり歯車の噛み合わなさがじくじくと痛む……ダイレクトに「分かるー」と声を上げたくなるよりも「似たような現実を忘れたくて読書してるんです」の気持ちのほうで受け取ってしまい、重松さんの作品は好きだけどこの本は合わなかった……。
    とはいえゲンコツやかさぶたまぶたなんかは楽しく読めたのですが。
    この本を読む前に殺人鬼フジコの衝動を読み終えたばかりだったので、家族の話が続いたことで食傷でした。

  • 久しぶりの重松清。

    徐々に僕もこの本の主人公たちの年齢に近づいて来ているけども、もしこのようなら少し悲しい。

  • う〜ん、期待ほどではなかったかな。重松清さんの作品を手に取るのは「青い鳥」に続いて二作目。アラフォーという人生の”中途半端”な時期に差し掛かった人たちに贈るエールを綴った短編集。ちょっと鼻についてしまったのが、全ての登場人物が世間一般的に言われる幸せの王道に乗っているということ。健康で仕事があって結婚していて子供がいる。それらを持ち合わせた上での些細な悩み事がテーマとなってるところに、読んでいて居心地の悪さを覚えた。まぁアラフォーといえば、世間一般的に家庭を持っているイメージがあるので仕方がないことなのかもしれないけれど…。「青い鳥」にあるようなマイノリティに触れるような物語があると、もっと作品に深みが出て良かったのではないかなと思う。

  • 長く生きていると、この本の意味が男なら理解できる。
    特に「かさぶたまぶた」は、普通の仕事人ならこうなるのではないか。
    この本の全ての短編に通ずる私が思った事は「男の見栄」。
    男子ならそう思うのは至極普通だと思います!!が…家族や仕事上での個人的な見栄ってどうなんでしょか。そんな所を描いてる本だと思う。
    今の私は…見栄なんて(p_-)面倒くさいと思います(この本の全ての短編もそんな男の事を描いているのでは)。

  • このビタミンは心に効きます。疲れた時にどうぞ。「家族小説」の最高峰。直木賞受賞作!

    38歳、いつの間にか「昔」や「若い頃」といった言葉に抵抗感がなくなった。40歳、中学一年生の息子としっくりいかない。妻の入院中、どう過ごせばいいのやら。36歳、「離婚してもいいけど」、妻が最近そう呟いた……。一時の輝きを失い、人生の“中途半端”な時期に差し掛かった人たちに贈るエール。「また、がんばってみるか——」、心の内で、こっそり呟きたくなる短編七編。直木賞受賞作。

  • 挫折しました。

  • 第124回(2000年下半期)直木三十五賞受賞作。
    私にとっては初めての重松作品。

    40歳前後の男性視点で描かれる、家族にまつわる7つの短編からなる本作。
    自身の生き方やかつての夢、息子や娘との距離感、妻との関係、そして自身の親や兄弟たちとのかかわり。
    「不惑」まわりの男子の様々な立場と家族との関係の、しっかりと落ち着いた視点での過不足ない描写。
    『一時の輝きを失い、人生の“中途半端”な時期に差し掛かった』ダンシたちの、悩みや葛藤、苦悩、それらと対峙し、時に乗り越え、時に消化し、前に進もうとする姿を描く本作。

    今の私は40代半ばであり、本作の主人公たちよりは少し年上。
    ただ、来年には中学校と小学校にそれぞれあがる、2人の娘を持つ父親です。
    その意味で、本作の主人公たちとのシンクロ率は半端ない。
    (かつて広島で10年ほど暮らしていたこともあり、作中の方言の浸透率もかなり高いです。)

    もう少しの時間の経過とともに、ひょっとしたら我が身にも...と思える作中の出来事や境遇。
    読み進めるうちに、どんどん心に響いてきます。
    そして、そこから前に進んでいこうとする主人公たちの姿に、身体の芯からじわっとくるような勇気をもらいます。
    その意味で本作は、「アラフォー男子の、家族にまつわるビタミン剤」とでも言えますでしょうか。

    時折うるっときてしまう本作。
    読者によっては、電車など、公の場での本作読書にご用心。

  • 重松清さん好きになったきっかけ本です!自分と重ねて読んでまう。今後の子育ての危険予知しとるみたいで楽しかったし、心の声を事細かく表現しとんのが

  • 家族に会いたくなる本

  • 図書館で借りた本。
    さすが直木賞。さすが重松清さん。
    特に4話目の「セッちゃん」、予感はあったのに、薄々感じていたはずなのに、途中からべそをかきながら読んでしまいました。
    加奈子ちゃんのことも、架空のセッちゃんのことも抱きしめてあげたかった。

  • ちょうど同世代の内容で 身につまされて ちょっぴり切ない短編集でした。

  • 随分前から気になっていた作品でしたが、自分と同い年くらいの父親が描かれているという事で、購入して読むことに。

    どの作品も若干身勝手な父親イメージなのですが、心情的に共感できる部分も多く、面白かったです。

    30代後半のお父さんたちにお勧めの作品ですね。

  • 家族の間の問題とかを、お父さん視点で書いた短編が7話入ってる短編集。普通に面白かった。やっぱりお父さん視点で書いてる分、男にオススメかなぁ。女子視点で読むと、中年ジジイめんどくせぇってなりそう。世の中のパパさんは大変

  • 30代後半の中途半端な世代が抱えている家族の悩み集的な。
    もし自分が同じ立場だったら、絶対にそんなこと言わない。もっと気の利いた、子供のことを考えた一言や行動ができる!と思いながら読んでたが、実際は難しいんだろうなと感じる。

    セッちゃんは特に辛かった。
    積極的でリーダー的な存在の娘が、本当は学校でいじめを受けていた。それを隠すかのように、自分のことを転校生のセッちゃんとして、可笑しく親に学校での出来事を話す。

    子供のプライドを傷つけず、親が救い出す方法ってないんじゃないかとさえ思う。

  •  何の問題も無い家族なんて無い。
     「サザエさん」や「ちびまるこちゃん」を見て育った僕らは時々とまどうが、どの家族も似たような、でもそれぞれに完全オリジナルの問題を抱えているものなのだ。
     誰の過失でもなく何かのバランスが崩れることなんてよくあること。 幸せな家族であろうとする慎重さが、賢さが、正直さが、明るさが、そして愛情までもが、時にバランスを失わせる原因になったりもする。
     どんな立派な人にとっても難しいのが家族。 だからこそ、おもしろい。 掛け替えがない。

     難しい問題に出会ってしまうことを当然のことと受け入れ、それを乗り越える嬉しさを重ねることで、みんなで強くなる。 そんな家族を築きたいと思った。

     登場人物それぞれの内面が、ドラマチックに、でも何故か静かに伝わる文体がよかった。

  • 親子、夫婦、家族においてたとえ取り返しのつかない事が起こったとしても、そこからやり直す事は出来る。少なくともその努力をするかしないかでその後の関係性は変わって行くと思う。何もなくても家族の形は少しずつ変わって行くのだから時代や他人に惑わされず、何よりも家族を大切にしたい。家族は一番小さい‘族’だからそこさえしっかりしていれば大丈夫。帰りたい場所になる。

  • 重松清の小説を読むと、気分が重くなる。

    弱い人間が登場し、落ち込んだり、ため息を吐いたり、自己嫌悪に陥ったり、諦めたり、といった情景を見せつけられることが多いからだ。

    積極的に前向きな小説ではないしね。

    一応、サラッとフォローしたり、ちょっとは救いのあるエンディングだったりすることもあるんだけど、やっぱりあんまり読後感は良くない。

    その心情は、その小説を読んでいる時の精神状態にも寄るんだろうけど。

    ということで、ちょっとは期待していたんだけど、この短編集も他の重松清の小説と同様に、読後感は変わらず重い。

  • 何か分からないが、日常の中の一シーンが切り取られ、自分の人生の追体験をしている錯覚になる。おれも38歳の幸せな人生があったな。勿論苦しさも。

  • 男性の視点なので、妻の立場から読むと結構キツイです。
    ただ、一方的に「うちのダンナは…」という方は、男性の本音も垣間見れますのでご一読を。もしかすると夫もそう思ってるのだろうか、と自分の言動を振り返るいい機会かも。
    家庭という集合体のバランスが崩れたら、お互いが冷めてしまったら、ちょっと怖いと考えさせられました。
    それでも重松清さんの作品をもっと読みたくなりました。

  • 「お父さん」の本だった。
    38歳という年齢になったときの環境によって
    また思うことが違うのだろうなあ。

全588件中 1 - 25件を表示

ビタミンF (新潮文庫)に関連するまとめ

ビタミンF (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビタミンF (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビタミンF (新潮文庫)のKindle版

ビタミンF (新潮文庫)の単行本

ツイートする