くちぶえ番長 (新潮文庫)

  • 2272人登録
  • 3.73評価
    • (235)
    • (288)
    • (407)
    • (39)
    • (5)
  • 302レビュー
著者 : 重松清
  • 新潮社 (2007年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101349206

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
石田 衣良
東野 圭吾
瀬尾 まいこ
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

くちぶえ番長 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 内容は児童向け。小学4年生に連載されていたものらしいです。
    小4のツヨシのクラスに、くちぶえと一輪車が得意なマコトが転校してきます。マコトは初日のあいさつで女の子なのに番長になる宣言をします。
    マコトは宣言どおり、弱いモノいじめを許さず、意地悪な上級生にも立ち向かう、みんなの頼りになる存在になります。ちょっとひねくれモノだけど、正義感の人一倍強いマコトと一緒にいるうちにツヨシたちにも変化があらわれます。
    子どもたちの友情成長物語です。
    子どもにはもちろんおススメです。大人でも児童向けと侮ってかからないほうがいいです。子ども時代を想い出し、心が懐かしさやら何やらにグッともっていかれます。大人にもおススメです。あっと言う間に読めます。

  • 小学生向けの本だが心豊かになる。感想文で漱石や太宰を読むなら、こっちの本の方がよっぽど良いと思う。読んで欲しいし、読んでもらいたい。児童物だけど途中、涙が出そうになったてしまった。置き換えれば、社会人にも通用する本だと思うのです。

  • 四年生のクラスに引っ越してきたちょんまげ姿の真琴。
    ぶっきらぼうで優しくて、怒ったり照れたり笑ったり。
    口笛と一輪車が上手。

    ・チョンマゲの転校生
    ・オツボネさま
    ・困ってる一人
    ・マコト嫌い同盟
    ・マコトの秘密
    ・ガムガム団の襲撃
    ・夏休みの大事件
    ・ゆかたのマコト
    ・ジャンボのなやみ
    ・泣きたいときには、口笛
    ・クリスマスの奇跡
    ・ガムガム団との最後のたたかい
    ・思い出は、ここにあるから
    ・さらば、くちぶえ番長

  • こんな子いたらいいな。っていう爽快な子です。

  • 重松清はほんといい。

  • 小学生向け雑誌に掲載されたので、敬遠する人もいるだろうけど、そういう人にこそ読んで欲しい。

  • マコトちゃん、かっこいいわあ…
    一輪車バランス難しいよね(乗れませんでした)
    いじめっこの6年生も蹴散らす
    強くて優しい番長。
    その優しさがさりげなくて
    ぱきっとしてて
    それがまたかっこよくて。

    オツボネちゃん、ちょっとはらはらしたけど
    この子もいいとこあって。
    よかった( *˘ω˘ *)

    このクラスが最高だ、って
    言える、
    思える、なんていうのも
    宝物の気持ちだとおもいます。

  • 重松清さんの書く小学生の世界が大好きです。
    マコトとツヨシの関係がとても良いです。
    ツヨシの両親も素敵。
    最後のいろいろな別れのシーンでは涙が出ました。
    小5の娘も面白い!とあっという間に読んでいました。

  • お父さん同士が同級生で卒業後、父たちはそれぞれ長い間、別々に暮らしていたが片方のお父さんは亡くなり、その子どもが同じく同級生として転校して来る。

    転校してきた娘(マコト)は男勝りの女の子で運動万能、転校してきた時にクラス紹介でこの学校の番長になると宣言する快活な子。と主人公(ツヨシ)は男の子だが、反対に運動音痴で引っ込み思案だけどクラスの級長を務める子。

    ツヨシとマコトの父親同士が親友だった事を知っている二人はお互いの長所や欠点を理解しながら、だんだんと仲良くなり、いつしかツヨシもマコトも互いにこころを寄せる。

    この二人の小学生時代の思い出話として話は進む。
    マコトとツヨシは5年生に上がる時にマコトの事情でマコトが転校していき、別れ離れになり、それまでの想い出を作家になったツヨシがこの本に書いてもし読んで自分を思い出したら再開したいと願うという事で、小学4年生の1年の間に起こった想い出を書いていると言う筋立て。

    ひょっとしたら誰にでもあった小学生時代の淡い思い出話かもしれない。

  • 私が読んだ重松清作品の中で、一番好きかもしれない♪

  • 多忙のため1ヶ月ぶりに本に触れた。チョンマゲが特徴的な男勝りな性格の小学4年生の女の子マコトとクラスの学級委員である男の子ツヨシの青春物語。笑いあり、感動ありでとても楽しめる作品。平易な文章で書かれているためサクッと読める。小学生の頃に戻りたくなった。
    2016.3.15

  • 読みやすく、すぐに読み終わることができた。マコトみたいに生きれたら世界が輝きそう

  • やさしい。せつない。なつかしい。
    ★★★★★
    人気作家、重松清さんの数ある作品の中でも、これは最も甘酸っぱくてピュアなストーリーではないだろうか。「小学四年生」に連載されていたらしく、文章はとてもやさしくて読みやすい。とはいえ、細やかな日常と心の描き方は大人でも十分に感情移入できるものであり、昔を思い出しながらジーンとしてしまう内容である。刺激的な楽しさとはやや違うものかもしれないが、今年小学校を卒業する甥っ子にも、自分が過ごしてきた日常が一生忘れることのない経験となることを確認できる一冊として、この本を選んだ。(大阪府・男性)

    というレビューを添えて小学校六年生の甥っ子2人に贈った。2016.正月。

  • まっすぐで、素直で、平和だけど、心までしっかり届いて、泣かないつもりでも、涙がでる。
    小学4年生〜

  • 小学生のころのかっこいい転校生。忘れられないまま本を書く大人になって、作品で呼びかけてるなんてステキだ。

  • 久々にほんと久々に本を読んだ。娘が借りている本で、重松清さんの本だったから。重松さんの本、いくつか読んだけどとてもあったかくて、ほっこりです。

    お話のあらすじは、小学校四年生の1年間にやってきた、気の優しい、でも勇気のあって活発な女の子と、はじめは本当に弱虫だった、ツヨシくんの話。

    小学校四年生の成長、て、感じで、こうした本からもじんわり力をもらえる気がします。重松さん、ありがとう。

  • 多くの子供たちに読んでほしい作品です。マコトのように正義感があって芯の強い子どもたちが増えればいじめなどの問題もなくなるのになぁ…と思いました。

  • マコトは番長。
    強くて、やさしい。人の痛みが分かる、女子。
    それを理解できる、ツヨシ。
    マコトを見習い、強くあろうとする、男子。
    二人とも、「やさしくて、つよい」。

    42才。中学1年・小学4年・小学2年の息子を持つ父親として、
    彼らに「やさしくて、つよい」人間になって欲しいと思う。
    自分が「やさしくて、つよい」人間にならにゃ、いけん。

  • 読了。
    くちぶえ番長
    重松清

    さすがは重松清、子供の描写がものすごくうまい。きよしことはまた違った視点で子供の淡い戦いの様子が描かれていて、好感がもてた。
    最後のあいまいなエンドも素敵。

  • 気持ちを整理するのに大分助かった
    なんだか元気が出た

  • すべての小学生に読んでほしい。そして、わたしのように単純な子には、マコトくんかツヨシを目指してほしい。こんな子が増えたら、もっともっと日本は明るくなる。

    小学生じゃなくても、年は違っても、今からでも遅くはない。自分の心のどこかにマコトくんを住まわせて、正義を振りかざすのも、きっと気持ちいいだろうなあとおもった。

    読み終わったあと、やわらかくて熱い正義感がふつふつと湧いてきた。

  • さくさくーと気持ちよく 読み進められる作品
    気持ちいい子どものころのお話
    くすぐったくて かわいくて 読んでいて 嬉しくなる作品でした

  • マコトとツヨシの一年間。プロローグの数ページだけでぐっときた。
    「マコトをさがすのをいっしょに手伝ってくれないか。」

    転校早々、学校の番長になるというマコト。くちぶえが得意で、強いけど弱い者いじめや喧嘩が嫌いで、皆に慕われる番長になって、ツヨシとは反発しながらも少しずつ仲良くなって。でも小学四年生って、男女は反発して恋愛までには至らない微妙な時期だよね。それはそれで良かったのかもしれない。ツヨシの中ではマコトはずっと小学四年生の元気な番長のままで。

全302件中 1 - 25件を表示

くちぶえ番長 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

くちぶえ番長 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

くちぶえ番長 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする