青い鳥 (新潮文庫)

  • 3440人登録
  • 4.28評価
    • (514)
    • (402)
    • (162)
    • (14)
    • (5)
  • 366レビュー
著者 : 重松清
  • 新潮社 (2010年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101349268

青い鳥 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もし自分に子供がいたならば、絶対に読んでもらいたい本の一冊です。
    私自身、どんなことが一番良いことなのかを知ることができ、自分を見つめ直すきっかけをくれた作品になりました。
    寄り添い、見守ってくれる先生のなんとも言えない暖かさに感動して、涙が出るほどでした。

  • 新年早々、良い本に出会えた。
    あぁ、重松さんの本に出てくる人はほんとに優しいな。とくにこの本の村内先生はとことん優しかった。
    正しいことを教えるためじゃない、大切なことを教えたいから先生になったんだ…村内先生の生徒に掛けるいろいろな言葉、話が心の中に静かに積もっていくようでした。

  • 作者、重松清さんの投影とも言える、主人公の村内先生。
    吃音で、中学の国語の非常勤講師。
    「たいせつなこと」しか話さない。
    ひとりぼっちの子どもの「そばに」いる。
    泣けて泣けて、仕方なかった。
    こんな先生がいたら、自分の学生生活は、もっと違うものになっていたかもしれない。

  •  ひとに優しくなれる人間になろう……そう思える作品でした。たいせつなことがこの本の中にたくさん散りばめられています。

  • 吃音という障害のために、上手に話せない村内先生。

    上手に話せないから、村内先生はほんとにたいせつなことしか言わない。

    「僕みたいな教師が必要な生徒もいる。」

    私みたいな先生でも、必要としてくれるこどもたちがいるといいな。

  • 大切なことを教えてくれる先生。こんな先生に会えたら、人生変わるね。

  • 終盤の畳み掛ける様な幸せの波に、もう涙が止まらない。P433は完全に涙でふやけている。
    先生は上手く喋れません。だから皆んなにも迷惑かけてしまうかもしれません。でも一生懸命喋ります。〈たいせつなこと〉〈そばにいること〉〈ひとりぼっちじゃないこと〉
    未だに止めどなく溢れる涙を見て先生なら「おとなは一日に何度も泣かないんだ」ときっと言うんだろうね。金八っつぁん級の先生がここにもいたね。僕もこの本に出会って良かった。間に合って良かった。

  • 私がなりたい人は村内先生のような人なんだと。
    人のそばに寄り添える人。
    ただただ言葉を並べるのではなくて
    大切なことだけを真剣に、
    真摯に紡ぐことができるそんな人。

  • 中学生の時に、読書感想文を書くために読んで、感動したことをよく覚えていて、たまたま本棚に置いてあったので、また手に取ってみました。
    このお話は、吃音でうまく話すことのできない村内先生が、非常勤講師として、学校を転々とし、生徒と出会う話です。
    村内先生は、話すことがうまくないから、「たいせつなこと」だけを話す。
    作者があとがきで言っているように、ヒーローとしては無力で、不恰好かもしれないけど、でもかっこいいなと思います。別に、熱血なわけでもない。村内先生自身が最後まで生徒の問題を解決するわけじゃない。ただ、生徒のそばにいて、「たいせつなこと」だけを話して、生徒に道を示す…じゃないけど、生徒が自身の道を見つける…見つけさせるのは、すごいと思いました。
    また、「間に合う」という言葉がいいです!
    私も小学生時代、吃音で自分の伝えたいことを伝えられず、口開けばからかわれると思って、あまり発言できる子供じゃありませんでした。今ではもうほぼ治って、たくさん話すことができますが、以前は病院にも通っていましたが、そう簡単に治ることもなく、とても苦しかったことは忘れません。
    村内先生は、自分が吃音でも、そういう自分だからこそ救える生徒がいる。待ってる。と思っていて、教師という発言の多い職業を選んで、すごい勇気だと思いました。
    きっと現実では村内先生みたいな先生はいないかもしれない。でも、どこかにいたらいいなと思えました。
    また、表紙の何気無く上に書いてある英文がいいです。
    My teacher cannot speak well.
    So when he speaks,
    he says something important.
    重松清さんの作品は、どの作品にも言えることですが、飾ってなく自然に入ってくるのが、とてもいいです!また読みたいと思います。

  • 問題を抱えた生徒たちと、その生徒たちに寄り添う非常勤講師の話。

    中学生という多感な時期にさまざまな問題を抱えた生徒が、各話に登場する。生徒たちに寄り添うのは、吃音でうまく話すことができない村岡先生。そんな先生は、「たいせつなこと」しか話さない。
    心のどこかに少しでも「孤独」を抱えている人ならば、この本を読んで何か心に残るものがあるだろう。

    強がって、威張って、でも本当は寂しくて。それに気付いて欲しいような、気付かれたくないような。もし私の側にも、私の孤独に気付いて理解して、寄り添ってくれる人がいたならば。そんな想像をさせられて、中学生という時期に村岡先生に出会えた登場人物を、少し羨ましくも思ってしまう。
    私にとって、涙なしには読めない作品であった。

全366件中 1 - 10件を表示

重松清の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

青い鳥 (新潮文庫)に関連するまとめ

青い鳥 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

青い鳥 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

青い鳥 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

青い鳥 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

青い鳥 (新潮文庫)の作品紹介

村内先生は、中学の非常勤講師。国語の先生なのに、言葉がつっかえてうまく話せない。でも先生には、授業よりももっと、大事な仕事があるんだ。いじめの加害者になってしまった生徒、父親の自殺に苦しむ生徒、気持ちを伝えられずに抱え込む生徒、家庭を知らずに育った生徒-後悔、責任、そして希望。ひとりぼっちの心にそっと寄り添い、本当にたいせつなことは何かを教えてくれる物語。

青い鳥 (新潮文庫)のKindle版

青い鳥 (新潮文庫)のハードカバー

ツイートする