青い鳥 (新潮文庫)

  • 3319人登録
  • 4.28評価
    • (499)
    • (395)
    • (156)
    • (13)
    • (5)
  • 351レビュー
著者 : 重松清
  • 新潮社 (2010年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101349268

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

青い鳥 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • すごく良かった。特に最後の話は泣けた

  • 「ただしくても、たいせつじゃないことはある。
    でも、たいせつなのにたいせつじゃないことはない。」
    正しいか正しくないかだけで判断することが愚かに思えました。

  • 吃音の村内先生は大切なことしか言わない。

    不恰好で笑い者の先生だけど、ひとりぼっちの生徒のそばにいてくれる。

    なんだか温かい気持ちになれる。いい話だった。
    キレイごとではない先生の言葉がジンワリと沁みる。

  • 良かった。重松さんの作品は初めて手に取ったが、とても読みやすく、心が何か温かいものに包まれるような優しさを感じる文体が心地よかった。重いテーマを扱いながらも、どこか清々しく救いのある物語の数々に心が温まる。

    主人公は中学教師、村内先生。彼の設定がユニークで面白い。重度の吃音、臨時の国語教師、もっさりした中年のおじさん…それ以外の描写はほとんどない、主人公なのに。しかも、作中では行動描写しかなく登場回数も極めて少ない。ものすごく控えめな主人公。

    しかし、登場するマイノリティで苦しむ中学生たちが、この冴えない控えめなおじさんと触れ合うことで、大切な何かに気づき救われて行く。やはりマイノリティの心を癒せるのは、同じマイノリティなのだなぁと改めて感じる。

    生まれながらに重度の吃音という宿命を背負わされた村内先生がマイノリティとして過酷な人生を送ってきたことは、想像に難くない。本当に人の気持ちがわかる人は、村内先生のように、言葉を慎重に選び、大切なことしか言わない。決して世間一般的な陳腐な励ましはしないし、言葉が見つからなければ黙って側にいてくれるものだと思う。

    そういう恩師や親友がそばにいてくれる人生は本当に豊かで幸せだと思う。

  • ムラウチ先生いいなあ。
    この本を読むと会えているような心地よい気持ちになる。
    私は大人だけど、会いたくなったらまた読もうと思う。

    どの短編も好きだけど、「ハンカチ」「おまもり」
    「カッコウの卵」よかった。

  • こんな先生に会いたい。こんな先生になりたい、と思う一冊。もう教育書の域。

  • 学生時代に読んでおいてよかったと心から思う一冊。責任についての考え方は、この本から大きな影響を受けた。

  • いじめなどの悩みを抱え、基本的にはどの話も苦しいけど、その中で村内先生の存在(先生だって吃音を抱えていて悪意が向くことがあってそれも苦しいけど)が読んでいて救いになる。村内先生は“そばにいる”と“大切なことしか言わない”、この2つだけど、逆にこの2つができるかどうかが教師にとって大事なことなのではないかなと思う。
    卒業してだいぶ経ってからも先生と生徒の関係が続く『カッコウの卵』が一番印象に残っている。

  • 中高生におすすめ青春小説

  • 心温まる、感動に包まれた話で良かった。吃音である国語の村内先生が生徒との触れ合いから静かに伝わる文章が優しく、温もりがあって良い。多感な時期の子供たちが様々な悩みを抱え、傷つきながらも、先生との関わりから少しずつ前向きになっていく姿が良く、そこから見えてくる大切なものは何かを感じさせる。先生自身も吃音で他の人に馬鹿にされたり、それによる悩みを抱えながらも生徒に対し、見捨てたりせずに、静かにそっと寄り添ってあげるのが素敵である。実際、難しい所もあるが、先生のような人に出会えたら、心救われるかと感じてしまう。

  • 幼い頃、やったことをやってない。やってないことをやった、と小さな嘘をたくさんついていた。
    怒られたくないからついた嘘も、誉められたいからついた嘘も、そうか。
    あの日の私は寂しかったのだなぁ。
    今にして思えば、ほとんど何一つ不自由なく過ごした幼年期だったけれども、その時の私はきっと、寂しくて寂しくてたまらなかったのかもしれない。
    そして、そんな子供はこの世にはありふれているのだろう。
    村内先生は私にとって、遅れてやってきたヒーローだ。

  • 教育というものを考えさせられる

  • 「普通」にならなくても助けてくれる人はいることを知りました。

  • いい先生だよなぁ‥。

  • 電車で読んだ。とても危険なくらいグッとくる。
    子ども関連の色々な事件を目にする今だからこそ、思うことが多い本だと思う。

  • 一人のために村内先生のような人がいたら良いなというのは分かる。ただもし自分のクラスに村内先生がいたら、授業が滞って絶対イライラしてただろうなと思う。39人の国語の授業が疎かになるよりも、1人の人生が救われる方が価値がある事だ。頭では分かってる。ただ、冷たい性格なのは自覚してるが、この辺がどうにも感情移入出来ない。あとがきで筆者は村内先生に理想を重ねていたが、個人的にはもっとクラス全体を最適化させる教師こそ理想なんじゃないかと感じてしまう。あくまで理想で。

    ☆4
    静かな楽隊、拝啓ねずみ大王さま、進路は北へ

    ☆3
    ハンカチ、ひむりーる独唱、おまもり、青い鳥、カッコウの卵

  • まだ途中までしか読んでいないけど、
    いろんな感情が溢れる。
    自分がわからなくなったり、
    すっごくすっっごく悩んでるのに
    誰にも相談できないことが
    今の自分にも
    このお話の登場人物にもあって、
    そのもどかしさとか葛藤が
    村内先生の存在によって
    とても楽になる。

    先ほど読んだ
    静かな楽隊、
    カスタネットの音を
    心地よく響かせながら
    読み進めた。
    なんだか懐かしい気持ちになった。

    村内先生が言うことは本当に大切なことだけ。
    そばにいること、
    本当の気持ちをわかること、
    それだけでいい。
    私も春から教師を目指して
    大学に通うが
    村内先生のような
    教師になりたい、という
    新しい目標ができた。
    気持ちを汲み取って、
    でもお節介はしない。
    生徒をそばで支える存在になりたい。

    いや〜、久しぶりに
    ぼろぼろ涙が出た。
    さあ、続きを読もう。

  • 大切な言葉の連続。
    村内先生がみんなのところに間に合ってくれてよかった。
    いろんな生徒がいるからいろんな先生がいてもいいんだ、とか、寂しいから嘘をつく、とか、名字ではなく名前でいっぱい読んであげないといけないんだ、とかとか。
    ジンとくる言葉ばかり。
    中学の教科書に載せるべき。

  • 言葉の濃さを考えさせられます。中学生の時から多分一番大事にした本。

  • 「本気で言ったことは、本気で、きっききき聞かないと、だっ、だめなんだ」
    ー村内先生


    非常勤で国語講師の村内先生は吃音でうまくしゃべれない。けど、うまくしゃべれないから、大切なことしか言わない。

    そんな村内先生は、ひとりぼっちの子や問題を抱えた子に寄り添い、大切なことを教え、子供たちを救っていきます。
    やさしいやさしいヒーローです。

  • 「おまもり」と「進路は北へ」が気に入りました。「おまもり」は、やはり被害者は勿論、加害者の気持ちもよくわかるからです。それに先日、普通自動車免許を取得したばかりなので、そういう意味では心に刺さりました。「進路は北へ」は、私の高校時代に感じていた窮屈さ、居心地の悪さ、教室の気味の悪さそのままでした。「進路は北へ」だけでも高校時代に読んでいたら、と後悔しても遅いですが、楽になれたかもしれません。「ひむりーる独唱」の真田先生も、私は気に入りました。

  • 随分前に読んだけどほとんど忘れてたので再読。
    村内先生に私も会いたかったなあ。先生と仲良くできるタイプの子供じゃなかったけど、村内先生なら、と思ってしまう。
    涙をみせられる、本音を吐き出せる、何も言えなくてもそばにいてくれる、そういう存在があるって大人になっても大事なことだけど、こどもの頃はなおさら。

全351件中 1 - 25件を表示

青い鳥 (新潮文庫)に関連するまとめ

青い鳥 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

青い鳥 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

青い鳥 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

青い鳥 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

青い鳥 (新潮文庫)の作品紹介

村内先生は、中学の非常勤講師。国語の先生なのに、言葉がつっかえてうまく話せない。でも先生には、授業よりももっと、大事な仕事があるんだ。いじめの加害者になってしまった生徒、父親の自殺に苦しむ生徒、気持ちを伝えられずに抱え込む生徒、家庭を知らずに育った生徒-後悔、責任、そして希望。ひとりぼっちの心にそっと寄り添い、本当にたいせつなことは何かを教えてくれる物語。

青い鳥 (新潮文庫)のKindle版

青い鳥 (新潮文庫)のハードカバー

ツイートする