なきむし姫 (新潮文庫)

  • 606人登録
  • 3.43評価
    • (20)
    • (66)
    • (86)
    • (17)
    • (3)
  • 83レビュー
著者 : 重松清
  • 新潮社 (2015年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101349336

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

なきむし姫 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 唯川恵さんの【手のひらの砂漠】を読んだ後だったので、少しほのぼのとしたものが読みたくて、この本を。

    かなり前ですが、昼ドラ(花王・愛の劇場)で七瀬なつみさん主演の『ぽっかぽか』というドラマがありました。
    母(七瀬なつみさん)、父(羽場裕一さん)、幼稚園児のあすかをとりまくホームコメディ。
    大好きなドラマでした。
    この【なきむし姫】を読みながら『ぽっかぽか』を思い出しました。

    幼馴染の哲也とアヤ、長男の文太(ブンちゃん)、長女の千秋(チッキ)。
    なきむし姫はチッキのことではなく、哲也の妻で、ブンちゃんとチッキの母であるアヤのこと。
    哲也が居なければ何もできないアヤ。
    なのに、哲也は1年間神戸に単身赴任することになる。
    大丈夫か?アヤ~!

    ほんわかした気持ちでさらさら~と読み切りました。

  • 【要旨】霜田アヤは、二児の母なのに大のなきむし。夫の哲也は、そんな頼りないアヤをいつも守ってくれていた。
    ところが哲也は一年間の単身赴任となって、アヤは期間限定のシングルマザーに。そこに現れたのは幼なじみの健。
    バツイチで娘を育てる健は、夫の不在や厄介なママ友に悩むアヤを何かと助けてくれて…。
    子供と一緒に育つママの奮闘を描く、共感度満点の愛すべきホームコメディ!

    泣き虫の二児の母のアヤ、単身赴任となる夫の哲也、シングルファザーになって再会した幼馴染の破天荒の健、カズくんの母親の強気な留美子さん。
    どのお話もちょっと綺麗ごとすぎる気もするし、結局幼馴染の健ちゃんだのみで、泣き虫アヤの成長はあまり見られなかったような・・・?
    少し消化不良。

  • ホワホワした、とっても可愛らしい話でした。
    みんなちゃんとした大人なんだけど。
    絵本の中の世界みたい。
    団地に住んで、単身赴任もして、モンスターペアレントもあって、
    だけどなんか爽やかなお話だった。

  • 健さんのような人が身近に居てくれるなら、どこにでもいるアヤさんや哲也君、水谷先生は前向きに生きて行けるんだろうな。身近に居ない人は、その考え方を参考にできると良いかもしれない。あっけらかんとは出来ないけれど、ちょっぴりの開き直りが明るい未来を呼ぶこともあるよね

  • 内容紹介
    霜田アヤは、二児の母なのに大のなきむし。夫の哲也は、そんな頼りないアヤをいつも守ってくれていた。ところが哲也は一年間の単身赴任となって、アヤは期間限定のシングルマザーに。そこに現れたのは幼なじみの健。バツイチで娘を育てる健は、夫の不在や厄介なママ友に悩むアヤを何かと助けてくれて……。子供と一緒に育つママの奮闘を描く、共感度満点の愛すべきホームコメディ!

  • さらさらーっと軽いライトノベル、ホームコメディ。重松清さんにしては軽すぎるし、内容が浅すぎる印象。
    だいたい二児の母でなきむし姫の主人公アヤちゃんってどうなの。母はもっとたくましいし、そんな泣かないよー。男の人からは守ってあげなきゃって感じなんだろうけど、女性受けしないんじゃないかな、このタイプ。夫の単身赴任中のアヤの成長を描いたストーリーだけど、あんまり成長してないような。ややヒーロー的に登場する健ちゃんも中身はいいんだけど、その言動はちょっと引いちゃう。子どもたちブンちゃんとチッキ、そしてナッコはそれぞれにかわいくて良かったけどね。

  • 二児の母でありながら、泣き虫のアヤ。便りにしている旦那さんが一年間の単身赴任をすることになり…というのがあらすじ。

    アヤが子育てに孤軍奮闘しながらも成長していく話を期待していたけど、イメージとは違っていた。実際は、幼なじみの健ちゃんが動くことで話が進んでいき、アヤは傍観者に近い。旦那さんが健ちゃんに変わっただけのような。二人の子ども、ブンちゃんとチッキがかわいくて、もっとアヤとこの二人のエピソードをメインにしてほしかったと思う。

    健ちゃんの家庭や旦那さんの仕事の話も描かれているけど、それがアヤの成長に深く関わってくるわけではないので、まとまりがないような印象。それぞれのキャラは好きなので残念。

    確かにだんだんアヤは泣かなくなっていくけど、最後まで自分からは動かず、健ちゃんに頼りっきり。やっかいなママ友との関係も変わらないままだった。

  • 2児の母に 泣き虫って姫って
    ないやろう~
    と 半ばドン引きしながら
    読み始めましたが
    話の大半は 長男ブンちゃんを
    取り巻く 昨今の小学生事情
    過保護と放任のバランスに
    苦しむ 親御さんの姿を
    上手に コミカルにまとめてあると思います

  • ‹内容紹介より›
    霜田アヤは、二児の母なのに大のなきむし。夫の哲也は、そんな頼りないアヤをいつも守ってくれていた。ところが哲也は一年間の単身赴任となって、アヤは期間限定のシングルマザーに。そこに現れたのは幼馴染の健。バツイチで娘を育てる健は、夫の不在や厄介なママ友に悩むアヤを何かと助けてくれて……。子供と一緒に育つママの奮闘を描く、共感度満点の愛すべきホームコメディ!

    ーーーー
    泣き虫な奥さんというところにまず共感しました(笑)
    夫から見たら「小さなこと」でも、いろいろと考え込んで悩んでしまい、追い詰められて泣いてしまうアヤ。
    哲也も負担があるのかな……と思いましたが、彼の「アヤちゃんを泣かせないように守るのが俺の仕事」というスタンスは見習わなければならないかも、と思いました。
    小説の流れとしては、アヤが健に振り回されながらも成長していく物語。いつもふざけていて、大人になってもガキ大将のままの健ですが、意外と深く考えていることもあるようで、アヤに「二人目の子供だから、ということはない。こどもにとって親が一人であるように、「ブン(兄)」の親も「チッキ(妹)」の親も初めてのことで、子育てしながら一緒に親も成長していくんだ」という趣旨のことを言う場面には感動しました。
    たしかに、弟や妹に対して、兄や姉に接していた経験から接するのは違うのかもしれないな、と感じました。

    ストーリーに加えて、こういった「学び」につながる部分があったのは良かったなと思います。

  • 図書館で。
    久々に重松氏の小説よんだけど…アレ?という感じ。
    なんだか全部とっ散らかして人生は続く、でもちょっとは変わったとこもあったのよ、というような終わり方。そりゃ人間なんて簡単に変われるモノじゃないのはワカルけどそう言うドラマみたいなものを読みたくて小説を手に取るのではなかろうか?なんて考えてしまいました。

    最初は夫婦の絆の話かと思い、頼りないヒロインの母として、妻としての成長ものかと思ったら、ママ友の確執と子供の成長物?となり、幼馴染イケメンが出てきてもしかして不倫の話?と驚愕し、学級崩壊や先生イジメの話が出て、同僚の家庭不和の話と、会社内での男性のマウント取りの話とまあなんて言うのかてんこ盛りで結局何が言いたかったんだろう?と読み終わってため息。
    「今は時代が違うのよって言うけど昔と何が違うの?親が変わったようにしか思えない」とか「二人目だから慣れるって事は無い。その子は一人しかいないんだからいつだって初めてだ」なんて台詞はそうだよなぁ、と感心したのですが。

    アヤちゃん、男性には人気ありそうだけど女性からは嫌われそうなキャラだなぁ…。彼女はボクがいなくちゃダメだ!なんて思わせるキャラですがいや、彼女旦那いなくてもそれなりにきちんとやってるし問題ないですから(笑)そう言う所、男性は見えてないんだろうな~って辺りはちょと愉快。それを真に受けて赴任日を伸ばし伸ばしにするダンナもダンナだけど。

    グズグズしてるだけで自分では決断しない、でも結果にはグチグチと文句を言う。こういう人をおためごかしって言うんだろうなぁ。息子が攻撃されるかもしれないからカズ君ママに逆らえないの、旦那と離れるのはイヤだけど会社の命令だから仕方ないの、子供が寂しい思いをしているし喜ぶから他の人と遊園地に行くけど仕方ないよね、みたいな。自分で考えて判断していないから逃げ…というか私の責任じゃないし、という甘えた態度なのがにじみ出ている。こういう人、イラァっとするけど…じゃあお前はルミコさんみたいな女性が良いのか?と言われたらそれはちょっととなるし…。難しいものです。
    でもさ、結婚して子供二人もいていまだに「姫」はないだろ(笑)と思わなくはない。

全83件中 1 - 10件を表示

なきむし姫 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

なきむし姫 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なきむし姫 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なきむし姫 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

なきむし姫 (新潮文庫)の作品紹介

霜田アヤは、二児の母なのに大のなきむし。夫の哲也は、そんな頼りないアヤをいつも守ってくれていた。ところが哲也は一年間の単身赴任となって、アヤは期間限定のシングルマザーに。そこに現れたのは幼なじみの健。バツイチで娘を育てる健は、夫の不在や厄介なママ友に悩むアヤを何かと助けてくれて……。子供と一緒に育つママの奮闘を描く、共感度満点の愛すべきホームコメディ!

なきむし姫 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする