村上海賊の娘(一) (新潮文庫)

  • 1664人登録
  • 3.73評価
    • (88)
    • (230)
    • (181)
    • (25)
    • (0)
  • 147レビュー
著者 : 和田竜
  • 新潮社 (2016年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101349787

村上海賊の娘(一) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本屋大賞受賞作ということで興味を持ってはいたが、文庫化を待っていた。
    主人公は、村上海賊の娘景姫、貰い手のない醜女だとか。主人公はだいたい美女が相場だろうがと、思っていたが・・・
    この時代は、おたふく顔が美女の基準だとか。
    読み進むにつれ、我が主人公はやはり、現代なら八頭身美女のモデルに相当するとわかり、納得。
    この型破りな、魅力あふれる主人公の活躍、続いて第2巻へ。

  • おもしろい。
    こういう歴史小説すきです。
    物語の展開が早いので、どんどん読みたくなる感じ。
    児玉就英が結構すき。

  • 文庫本の(一)は、まだまだ序盤。前半は人物や土地、歴史の説明的な部分が多くなかなか全て頭に入らなかった。中盤以降に村上海賊、その娘が登場すると面白くなりそうな雰囲気がでてきます。関西在住で舞台になっている瀬戸内海の島々にも馴染みがあり、旅行でもよく訪れるのでとても興味深く読み進めました。

  • 冒頭から景姫が登場するまで、当時の背景等を説明するためにあの長さが必要だったのかもしれないけど、長かったー。でも、姫様が登場してからは一気でした。醜女だなんて失礼な、景姫は現代に生まれていたらモデル体型の美女です(泉州の海賊は見る目があるね)。少し単細胞だけど、豪快な肉食系女子な姫様から目が離せませんので、このまま二巻へ突入します。

  • 文庫では全4巻のうち、まだ1巻
    面白いのだけど、この頃すぐに眠くなり、
    また、時代背景はわかるけど、
    登場人物の名前がなかなか覚えられなく
    なかなか読み進められなかった
    でも、景という娘の性格が少しずつわかると
    どんどん面白くなってきたので、これからが楽しみ

  • 初の和田竜作品。思ってた以上に漫画チック。いくら命の価値が低い時代とは言え、戦を好んで人を斬りまくり、粗暴なだけのヒロインには不快感しか覚えないが…次巻に期待。

  • 戦国時代、瀬戸内海で権勢を誇っていた海賊の娘を主人公にした小説。
    歴史ものの小説だが、エンターテイメントの要素が強く読んでいて楽しい。
    所々筆者が当時の資料など挙げ、当時の歴史的背景を説明する部分が入るのもテレビの歴史ものの途中でナレーターが歴史背景を解説している様な感じで新鮮であった。
    主人公の海賊の姫様である景のキャラクターもエンターテイメント小説にふさわしくポジティブな行動派(武闘派?)で好感が持てる。文中では醜女と書かれているが美醜の価値観は時代や文化圏によって異なるということが後ほどわかる。
    海賊だけに結構殺戮とか残酷な刑罰を行っているシーンがあるが、エンターテイメント小説的な描写となっているので陰惨な感じはない。
    他の登場人物も個性的かつ魅力的な人物ばかりで彼らの織りなすドラマもスリリングで刺激的である。
    会話なども歯切れがよくそのまま映画とかドラマにできそうな感じだ。
    歴史小説というよりエンターテイメント小説を楽しみたい人にはお勧めだと思う。

  • 2016/9/8

  • 主人公の景の容貌の表現が醜女(しこめ)と連呼するように書かれているのだが、文章を読んでみるとそうでもないと思われる。(目鼻立ちがハッキリした女性だと思いながら読んでいます。)まあ、おてんば娘のイメージで読み進めています。来島村上家の領土から抜け出し、当時の有力な戦国大名織田信長の下へ行こうとするところで話は続くようだ。景がこの先どんな騒動を起こすのか。文章自体は面白く読めるので続けて読んでいきたいと思う。

全147件中 1 - 10件を表示

和田竜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

村上海賊の娘(一) (新潮文庫)に関連するまとめ

村上海賊の娘(一) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

村上海賊の娘(一) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

村上海賊の娘(一) (新潮文庫)の作品紹介

時は戦国。乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。村上海賊――。瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上武吉。彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、娘の景だった。海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女。この姫が合戦前夜の難波へ向かう時、物語の幕が開く――。本屋大賞、吉川英治文学新人賞ダブル受賞! 木津川合戦の史実に基づく壮大な歴史巨編。

村上海賊の娘(一) (新潮文庫)のKindle版

ツイートする