村上海賊の娘(四) (新潮文庫)

  • 947人登録
  • 4.02評価
    • (109)
    • (168)
    • (73)
    • (12)
    • (1)
  • 117レビュー
著者 : 和田竜
  • 新潮社 (2016年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (363ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101349817

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

村上海賊の娘(四) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 予想以上のズダボロ具合。

    えぇーい、登場人物みんなバケモノか!

  • ちょっと都合のよすぎる終わり方な気がするので星一つマイナス。読んでいていて気持ちのいい物語であることは変わりないけど。

  •  圧倒的なスケールと展開の熱さに、全四巻をほぼ一気読み。巻末で分かる通りの膨大な”史料”を丹念に読み込んで、史実を曲げることなく書かれているにも関わらず、これだけドラマティックな一大戦記に仕上がっていることに驚愕させられます。
     漫画のようなキャラ付けの登場人物たちが皆個性的で、それぞれの生きざまが、現在の価値観とは全く違うものの、それぞれ最高に格好いい。主な登場人物たちの誰にも死んでほしくなくて大変でした(笑)
     また、あたかもその場で見ているかのような海戦シーンがひたすらに圧巻です。各人の化け物じみた戦闘能力はともかくとして、船の陣形から兵の配置から、武器から操舵から、一体どれだけ史料を読み込めば、ここまでリアルな描写ができるのか……。
     派手で痛快で疾走感があって、でも決してそれだけではない、読者までもを飲み込んでいくようなパワーを持った作品でした。面白かった……!

  • 不死身、景。能島や瀬戸内の島に行ってみたい。大阪湾でこんな大きな戦があったとは。今は埋め立てられて歩いてる所もあるんだろうな。

  • ずっと戦、戦、戦。
    景が活躍する。
    こういうのを待ちわびていた。

  • 4巻目ともなると文体にも慣れ、特に戦闘シーンは緊迫感もあり、映像が浮かぶ描写で素晴らしい。他の著作も読んでみたくなった。

  • 戦国時代に起きた数々の戦(いくさ)の中でも教科書にも載らない小さな戦いを、史実を元に、海賊や武士達の汗がこちらまで飛んできそうな臨場感たっぷりの小説に仕上げた著者には、ただただすごい!と思った。
    あとがきによると、登場人物はほぼ実在した人物だそうだ。主人公の女海賊、景、以外は。。。
    3巻までの景はあまり共感を持てなかったが、最終巻でようやく応援することができたのでよかった。
    その他の登場する海賊や武士もそれぞれが個性豊かに描かれていてそれぞれの役目をしっかり果たせた感じだ。
    個人的には七五三兵衛の様なオヤジは脂ギッシュな感じでクド過ぎて嫌い(笑)
    3巻のレビューでも書いたけど、やっぱり児玉就英が一番のお気に入りです。きっと彼がこの中でも最も個性がキツくないからだろうと思う(笑)

  • 完結。この歴史事象を舞台とした活劇の主人公は眞鍋七五三兵衛でした。

  • 2017/5/14
    長いわ。
    戦が長すぎてうんざりしてしまった。
    もういい加減死ねよとか思ってしまったら終わり。
    七五三が生き返るたびにまたかと思ってしまう。
    何回か「おっ!」と気持ちを持っていかれそうになるのに、そのたびに長い解説か戦の描写か心理の説明が続いて冷める。
    心理を文章でくどくどと説明されるとホント冷める。
    これそんなおもしろいかなぁ。
    村上海軍という存在を知れたのはよかったけど、小説としてはもっとおもしろいのいっぱいあるなと思った。

  • 前巻の三冊はこの四巻のためにある!と思わせる怒涛の流れ。何よりも敵・味方双方の人物をことごとく輝かせる描写の展開力は、渦に似た引力で巻末まで無条件で流されます。

    第一次木津川の合戦に参加した男たちの清々しい姿は、男ならかくありたいと願わずにはおれません。

    大河ドラマ、イケるのではないでしょうか。2014年本屋大賞作品、面白かったです。

  • 堂々、怒涛の結末。合戦が幕を閉じる往来のさまは、鳥肌が止まらなかった。活き活きとした登場人物たちの息遣いすら感じる、勢いと細やかさを伴うラストだった。

  • テンポよく話は進み、木津川合戦に至る。白熱した海上での戦いがクライマックスを迎え、そして終章となる。解説から、作者の史料への執着を知った。2017.4.19

  • うりゃぁぁぁ!合戦じゃー!!全員の武勇も見事に描き切ってて…いやぁ、興奮した!本の表紙から私の指紋くっきりとれるんちゃうかってくらいアドレナリン出た。ただあまりに人が死に過ぎて読み疲れた。でも勝ったよかっただけじゃないのがリアルで心に残った。和田さん脚本もやってらっしゃる?なるほどな劇的展開。でもちょっと泉州侍を盛り過ぎじゃない?(笑)流石にそれはぁ…と思う場面もありつつも見事完結!はふぅぅぅ、、、(深いため息)

  • う〜ん、おもろい!
    噂に違わぬ傑作でした。途中から読む手が止められない美味しさ!
    和田竜はのぼうや忍びの国など歴史に埋もれそうな物語を いい意味での漫画的手法で盛り上げるのが上手い!
    やっぱちょっと嘘くささは拭えないから?随所に史実を挿入(ちょっとしつこかったかも 笑)して全体のバランスとってるのがまたあざとくて好感が持てます。
    ちなみに僕自身はれっきとした「泉州・高石市」産まれ。
    せやから、おもろいかおもろないかが 唯一の価値観なんやなぁと再認識 (⌒-⌒; )

  • うう。。
    戦闘のシーンがおぞましい。
    でもこんなにに血みどろでも、1500人くらいの死。
    それでこの死闘。

    何かのガンダムでも言っていたけど、モビルドールみたいに殺す相手が見えないような戦いはしちゃいけない、と心底思った。

    なんにせよ、気分が重い終わりだなー。

  • 村上海賊の娘 読了
    俳味への憧れを抱きつつ、まぁこの結末は泣きますよね。前半は冗長としてますが、後半に行くほど引き込まれます。

    #book #読了 #歴史小説 #俳味

  • 当時の醜女、現在の美女である瀬戸内海の海賊の娘が主人公。腕っぷしが強く、身のこなしは軽く、カリスマ性もある娘が本当の戦というものを目の当たりにし、自分の考えの甘さにひどく落ち込むが最後には自分の信念を貫き、それに皆同調して大円団、という感じ。
    戦の話がメインなので人がすごく死ぬ。そしてこの作家の特長なのか、登場人物がくどい。途中では主役が泉州の海賊に乗っ取られている。なので文字だけなのにけっこううるさい。
    しかし、事実を非常によく調べていて、それにフィクションを重ねているのはとてもすごい。

  • 本屋大賞2014年1位。この作者ののぼうの城がとても面白かったし、この本は本屋大賞1位だし、めっちゃ期待しただけにちょっと残念。1巻の途中位までは、これまた大好きな傑作、町田康の告白を彷彿させるような、南河内テイストの突き抜け感満載で名作の予感がしたんだけど、海戦の場面で一気にリズムが悪くなって退屈になった。泉州海賊のおちゃらけたところや、史実に忠実なところも最初はすごく良かったけどとにかくくどくて冗長。飯嶋和一の歴史小説のしようなしんどさ。この人の文章はユーモアあるし感動させるし技術高いのだから、もう少し説明を押さえてリズム重視でやって欲しかった。あと、やっぱり、前提となる知識がないと海戦シーンの絵が浮かばなくってつらい。関船とか安宅の甲板の高さなんか知らんし。少しの間なら勢いだけ感じれば良いんだけど、同じような描写が延々繰り返されるので、とうなってるかサッパリ理解できないのを読み続けるのはとても苦痛。子供の本みたいに挿絵が欲しかった。あと、なんしか長すぎました。

  • 2017/03/13

    3巻から怒涛の面白さが押し寄せてくる。
    戦いものは勢いがあるうちに読んでしまいたいので
    3巻から続けて読了。
    1巻読んだときは出典ばっかりで
    悪い意味でこれどないなんの…と悪いましたが
    最後面白くなってよかった。

    七五三兵衛の口調がうつってしょんない

  • たった一度の海戦がこんなにも長く緻密に書かれていて、そして面白い。それぞれのキャラが立ち、生き生きと脳内を駆け巡る。
    全体を通して、景が嫁ぐことを決意するまでのシーンが最も印象的で、そこからこの物語に一層のめり込んだ。

  • 難波海での睨み合いが終わる時、夜陰に浮かび上がったわずか五十艘の船団。能島村上の姫、景の初陣である。ここに木津川合戦の幕が切って落とされた!煌めく白刃、上がる血飛沫。炸裂する村上海賊の秘術、焙烙玉。眞鍋家の船はたちまち炎に包まれる。門徒、海賊衆、泉州侍、そして景の運命は―。乱世を思うさまに生きる者たちの合戦描写が、読者の圧倒的な支持を得た完結編。

  • 戦国時代に瀬戸内海で力があった村上水軍の話。最終巻では、村上水軍主体の毛利軍と信長側の泉州侍との壮絶な船戦が生き生きと描かれている。ダイ・ハードのような、どんでん返しに次ぐどんでん返しで、飽きることなく読み進んだ。口の減らない大阪武士の振る舞いを想像するのも楽しい。

全117件中 1 - 25件を表示

村上海賊の娘(四) (新潮文庫)に関連するまとめ

村上海賊の娘(四) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

村上海賊の娘(四) (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

村上海賊の娘(四) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

村上海賊の娘(四) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

村上海賊の娘(四) (新潮文庫)の作品紹介

難波海の睨み合いが終わる時、夜陰に浮かび上がったわずか五十艘の船団。能島村上の姫、景の初陣である。ここに木津川合戦の幕が切って落とされた! 煌めく白刃、上がる血飛沫。村上海賊の投げ放つ焙烙玉が、眞鍋家の船を焼き払う。門徒、海賊衆、泉州侍、そして景の運命は――。乱世を思うさまに生きる者たちの合戦描写が読者の圧倒的な支持を得た完結編。

村上海賊の娘(四) (新潮文庫)のKindle版

ツイートする