セックスレスキュー (新潮文庫)

  • 65人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (1)
    • (14)
    • (5)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 大橋希
  • 新潮社 (2008年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101350714

セックスレスキュー (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 【本の内容】
    セックスレス-うつや不眠をも引き起こすという、この深刻な問題に悩む人妻たち。

    そんな彼女らをリハビリとしての性交渉によって救おうとするボランティア、「性の奉仕隊」の存在に著者は驚き、取材を始める。

    組織を主宰する人物は何者か。

    隊員たちの本音とは。

    そして利用者の実体験とその効果は?

    家庭内セックスレスという、身近にある現代の病に鋭く迫った衝撃のルポルタージュ。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    セックスレスに悩む人妻が増えているという。

    単なる性的な欲求不満ではない。

    最も親密な異性と肉体的に触れ合えないこと、女として認められないことに傷つき、「生きていてもしかたがない」とまで思い詰めている。

    彼女たちの心身のリハビリのため、ボランティアの「奉仕隊」を用意し、彼らとの婚外交渉を勧めている「相談所」がある。

    〈夫以外の男性と知り合い、自信を取り戻してもらうこと〉が目的で、苦しむ女性たちのための〈野戦病院〉なのだという。

    著者は、相談所の主宰者や奉仕隊員、彼らを利用した女性たちの声にじっくりと耳を傾ける。

    「奉仕隊ではなく、奉仕され隊ではないか」と幻滅した女性もいる。

    「必要な時間だった」と自然体になれた人も。

    奉仕隊を受容はするが、奨励はしない。

    それが取材を終えての著者の立場だ。

    家庭内で疎外感にさいなまれる女性たちにとって、自らを冷静に振り返る貴重な機会にはなっているようだ。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 367.9
    相談所「せい」主宰者キム・ミョンガンとは、相談所を訪れる妻たち、奉仕隊員たちの本音は…

  • 発売時、話題になった本書。
    でも、側面として一面しか見ていない気が何となくして、
    ぜひ読みましょうと勧められるかというと。。。???
    です。
    出てくる書籍など中には読みたいものもあって
    その部分は、ありがたかった。

  •  「マイノリティーの叫び」(本文中より)

     男と女は価値観が逆転するのかもね、結婚すると。

     「疲れた」「そんな気になれない」

     「子供のママには手を出さない」

    ていうその男は、結婚前は必死こいて女性を追いかけていた同じ男なんだよねえ。

     逆に女性は結婚前と違って、結婚後は心のつながりを五感全てで求めてくる。だから突き放されると自分の魅力やつながりや、自分自身すらをも突き放されたと感じるのかも・・・。違ってますか^^?

     センセーショナルでもある本書の内容は他のブログにゆずるとして、僕は著者の大橋さんよりも、「せい」の主催者の「キム・ミョンガンさん」の越し方に興味をそそられました。

     それは「在日韓国人」として生まれ「性」をご自身の専攻と決められ、学問の世界からもマスコミからも異端扱いされ、それでも他者へのかかわり・癒しを活動の中心におき続けてこられたから。

     まさにマイノリティに同苦され、その解放に尽力され続けておられる方。


    http://chatarow.seesaa.net/article/122421861.html

  • セックス小国日本。
    日本人の平均年間セックス回数は46(2004、デュレックス社調べ)。一位フランスの137回と比べるとその差は歴然だ。
    結婚してからセックス回数が少なくなり、セックスレスに陥る夫婦は多いようだ。
    場合によってはうつ病を引き起こしたり、体調を悪化させることもある。

    セックスレス問題に対処する選択肢として、夫との関係修復、我慢、離婚、と考えられるが、婚外セックスもその1つ。
    本書では、セックスレスで悩む男女に別のパートナーを紹介する「性の奉仕隊」という組織に焦点をあてている。

    あくまでもセックスレスによる障害を回復するためのリハビリの一環であり、不倫の斡旋ではない。
    批判は多いが、婚外セックスにより自尊心を取り戻し、そこから新たなスタートを踏める人は確かにいる。
    セックスレス問題は単にセックスがない、というだけでなく夫婦間のあり方や結婚とはなんぞや、という大きな命題にも関わってくるため、画一的な解決はできない。
    難しい問題である。

    自分自身、30、40と歳を重ねていってもパートナーとセックスを続けているかどうか疑わしい。本書を読み終えて、いつまでもエッチでありたいと思うようになった。

  • セックスしてもらえない女の嘆き、不安、焦り

    女としてもう相手にされないのか・・・

    夫に対して抱くそんな気持ち

    夫がなぜ妻を抱かなくなるのか、その原因は人それぞれで定かではない
    けど妻の方は不安でたまらない、時に心まで病んでしまう

    そこで夫がダメなら他の男で・・・というユニークな発想でセックス奉仕隊というものが誕生した
    セックス奉仕隊とは、セックスレスによって病んだ女性を治療する
    男と女の関係でもって女性の自信の回復を手助けする

    けど二人の恋愛は御法度


    賛否両論だと思う、
    このセックス奉仕隊についてあなたはどう思いますか?

  • う〜ん、感想がうまくまとまらない。

全7件中 1 - 7件を表示

セックスレスキュー (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

セックスレスキュー (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

セックスレスキュー (新潮文庫)はこんな本です

セックスレスキュー (新潮文庫)のKindle版

セックスレスキュー (新潮文庫)の単行本

ツイートする