100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影 (新潮文庫)

  • 545人登録
  • 3.73評価
    • (33)
    • (85)
    • (58)
    • (13)
    • (0)
  • 75レビュー
著者 : 春日真人
  • 新潮社 (2011年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101351667

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • NHKの放送を見て内容は知ってましたが、本屋さんで文庫になっているのを見つけ読んでみました。テレビで見た内容をもっと丁寧にたどっていけたので、ポアンカレ予想にとりくんだいろいろな数学者たちの性格とか苦悩がわかった感じがしました。あとがきは読む価値ありで、視聴者に数学者の言葉をいかにわかりやすく伝えるかに、心を砕いていた著者の努力を知りました。

  • ミレニアム問題として有名な、「ポアンカレ予想」が解かれ、そして証明した数学者についてのドキュメンタリーを本にしたもの。
    一見、数学の難問と聞くと、身構えてしまうが、この難問は、宇宙の形を考えることでもあるというところが非常に興味深かった。
    何人もの数学者が挑んでは挫折していく・・・
    しかし、その中でも、解決の糸口になった証明なども面白かった。
    数学の専門知識はないが、数式はほとんど出てこず、身の回りの物事で例えてくれているので、文系理系問わず楽しめそう。

  • 似たような感じの本で、サイモン・シン『フェルマーの最終定理』の方がルポルタージュとしてずっと面白いとは思ったのですが、主人公ペレリマン博士の強烈なキャラクターが足りない分を補っていました。

  • 数学は得意ではないが好きだ。問題を解いた時の爽快感に似た感情を思い出す。しかし、大数学者をして難問と言わしめる問題を解くために、ペレリマン博士のように孤独になってしまうなんて……私なら、問題は解けずとも楽しく心安らぐ人と暮らしたいと思ってしまう。凡人ゆえの発想(^^;高校時代、矢野健太郎氏の数学エッセイを読み耽っていたことを思い出した。

  • 数学の難問を解くことに、人生を懸け、周囲と交渉を断って、思索の世界に没頭する数学者。
    そして、ついに100年の難問ポアンカレ予想を解いた数学者は、数学の思索の世界から逃れられなくなった。その世界は、きっと論理的で美しい世界なのだろうと思う。
    ポアンカレ予想が、なぜ解けたのかは、なんとなく分かった気がする。
    中学の数学の時に、グラフ理論の一端は教えてもらった覚えがある。。。しかし、ポアンカレ予想がどう解けたのか理解が及ばなかった(なんとなくわかった気もしない)のは、悔しい。

  • ポアンカレ予想を証明したグレゴリー・ペレリマン。人前から姿を消した彼の消息を追いながら、ポアンカレ予想に挑んだ数多の数学者たちに光を当てる。ペレリマンに会うことはできるだろうか。

  • ポアンカレ予想を解いたグリゴリー・ペレルマンや、それまでにこの難問に挑戦した数学者たちの物語。難しい話題だが、分かり易くまとめられていて、“分かった気になる“ことはできた。
    ペレルマンさん、今はまた別の問題に立ち向かっているのだろうか。

  • 1世紀にわたり、幾多の挑戦者を退け続けた超難 問、ポアンカレ予想が解かれた。証明したロシア 人に対して、「数学界のノーベル賞」フィールズ 賞が贈られ、偉業は大きく祝福されるはずだった が──。受賞を辞退して姿を消し、100万ドルの 賞金さえも受け取らなかった天才は、栄光の陰で 何を見たのか。数学者たちを悩ませた難問の実像 に迫る。大反響を呼んだ傑作ノンフィクション。

  • 数学の発展と教育を目的として組織された、クレイ数学研究所なる団体があるさうです。この団体が、2000年(平成12)年に「ミレニアム懸賞問題」といふものを発表しました。100万ドルの懸賞金がかけられてゐるので、この名称になつてをります。さしづめ20世紀の数学界が遣り残した「宿題」と申せませう。
    全部で七つあり、そのうちの六つはまだ解決してゐません。解決した一つが「ポアンカレ予想」で、これの証明がされた時は、結構なニュースになり騒がれた記憶があります。なにしろポアンカレが1904年に提唱してから、あまたの数学者の挑戦を跳ね除けてきた、まさに「100年の難問」ですから。

    そのポアンカレ予想を証明したのが、ロシアの数学者・ペレリマン博士。
    これほどの偉業を為した人ですから、「数学界のノーベル賞」といはれるフィールズ賞が贈られることになりました。ところが! ペレリマン博士は受賞を辞退し、懸賞金も受け取らず、社会と関はるのを避けるやうに姿を消すのでした。どうして?

    『100年の難問はなぜ解けたのか』は、元々「NHKスペシャル」として放送された同名の番組を書籍化したもの。著者の春日真人氏はその番組を制作したディレクターださうです。
    彼らは、行方が分からないペレリマン博士を探し、サンクトペテルブルグを皮切りに取材を開始するのでした。
    果たして、取材班はペレリマン博士に会ふことができたのでせうか...?

    そもそも、ポアンカレ予想とはどういうものでせうか。それは次のやうに表現されてゐます。
    「単連結な三次元閉多様体は、三次元球面に同相である」
    わたくしには全くわかりません。著者がいろいろと用語を云ひ換へて素人に解るやうにい工夫するのですが、それでもわからない。
    数学語と呼ばれる特殊な用語を駆使するため、一見日本語でも、まるで未知の外国語で説明されてゐるやうな気分になるのです。

    それでわたくしは数学上の記述を完全理解するのは諦め、ポアンカレ予想に関つた数学者たちの栄光と挫折を描いたノンフィクション作品として愉しむことにしました。本書については、「掘り下げが足りない」「内容が浅い」との声も聞きますが、わたくしにはこれで十分であります。これ以上深く掘り下げられても、ついていけないのは明白。
    数学語を知らない人向けの入門書として取り扱ひませう。

    ぢや、また。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-503.html

  • 【本の内容】
    1世紀にわたり、幾多の挑戦者を退け続けた超難問、ポアンカレ予想が解かれた。

    証明したロシア人に対して、「数学界のノーベル賞」フィールズ賞が贈られ、偉業は大きく祝福されるはずだったが―。

    受賞を辞退して姿を消し、100万ドルの賞金さえも受け取らなかった天才は、栄光の陰で何を見たのか。

    数学者たちを悩ませた難問の実像に迫る。

    大反響を呼んだ傑作ノンフィクション。

    [ 目次 ]
    プロローグ 世紀の難問と謎の数学者
    第1章 ペレリマン博士を追って
    第2章 「ポアンカレ予想」の誕生
    第3章 古典数学vs.トポロジー
    第4章 1950年代「白鯨」に食われた数学者たち
    第5章 1960年代クラシックを捨てよ、ロックを聴こう
    第6章 1980年代天才サーストンの光と影
    第7章 1990年代開かれた解決への扉
    エピローグ 終わりなき挑戦

    [ POP ]
    世紀の難問と呼ばれ、100万ドルの懸賞金までかけられた「ポアンカレ予想」。

    これを解決しながらも、数学界のノーベル賞といわれる賞を辞退、しかも忽然と姿を消した伝説の数学者ペレリマンとは一体どんな人物なのか。

    そしてポアンカレ予想とは?

    NHKスペシャルとして放映され大反響を呼んだドキュメンタリーを文庫化。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ポアンカレ予想を解いた天才と何年も前から挑戦してきた数学者たちの話
    NHKスペシャル見てないけど面白かった
    学生時代に数学の美しさを感じられるまでになりたかったな、というのと問題解けた時の、あーもうこの爽快感をこの問題では感じられないのかっていう嬉しいけど切ない感じを思い出した

  • 面白かったけど、番組を見てから補足として読んだほうがいい本だと思う。これだけだと物足りない。

  • 「フェルマーの最終定理」に続いて
    これは元のドキュメンタリー番組のが分かりやすかったかな。
    内容も大体同じ。
    内容がおもしろくないといことでは決してないです。

  • 読了。

    100年の難問はなぜ解けたのか~天才数学者の光と影~ / 春日真人

    NHKスペシャルの文庫化のやつでした。

    ポアンカレ予想を解いたグレゴリ・ペレリマン氏。
    とりあえずペレリマン氏がフィールズ賞を辞退して人との接点を経ってしまったため、本人と親交がある人たちによるペレリマンの人物像と、ポアンカレ予想とはなんぞやです。

    ポアンカレ予想
    『単連結な三次元閉多様体は、三次元球面と同相と言えるか?』

    何を言ってるかなんて、もちろんさっぱりわかりません。

    地球の場合、ロープの端を灯台に括り付けてロープを伸ばしながら地球一周して灯台についたのち、そのロープを手繰り寄せることができたら地球は丸い。ではそれは宇宙でも同じことが言えるか?

    おもいっきりひらたく言うと、宇宙は形はどないなってんねん。です。

    アンリ・ポアンカレの紹介読んでたら、この話を思い出ししまして

    天文学者と物理学者と数学者がスコットランドに旅行に行った。
    電車の窓から外を眺めると、
    一頭の黒い羊がいた。
    これを見て天文学者が行った。
    「へぇ、スコットランドの羊は黒いんだ。」
    すると、天文学者のこの言葉を聞いた物理学者が言った。
    「だからおまえ達天文学者は論理的じゃないとバカにされるんだ。
    正しくは『スコットランドには少なくとも一頭黒い羊がいる』だろ?」
    すると、物理学者のこの言葉を聞いた数学者が言った。
    「だからおまえ達物理学者は論理的じゃないとバカにされるんだ。
    正しくは『スコットランドには少なくとも一頭、少なくとも片側が黒い羊が
    いる』だろ?」

    ってやつ。
    まさにこんな感じですね。

    数学者のパパキリア・コプーロス博士、スティーブン・スメール博士、ウィリアム・サーストン博士などの、突破口を開いた人物。
    そしてペレリマン博士。
    そのほかポアンカレ予想に着手していたライバルたち。
    すべての数学者の予測と発見が数学史なわけですねぇ。

    とまぁNHKスペシャルなのでほどほどの期待でしたが、なかなか面白かったです。
    まぁでもちょっと物足りない。
    数学素人ってNHKディレクターも言ってますし。
    ただサイモンシンあたりが書くともっと違うだろうなと思います。
    ペレリマン氏本人の話も聞けないからね。内容自体詳しくならないものなのかもしれない。

    数学は得意じゃないですし好きでもないけれど、サイモンシンの「フェルマーの最終定理」を読んでしまったばっかりに数学史は好きですわね

    ポアンカレ予想についての本は様々出てますのでそのうち。

  • 数学の証明に関するストーリーを追う本の中では、
    比較的分かりやすい本だったと思う。
    元がNHKの番組なので、写真や画像もちょこちょこ入ったり、
    具体例が身近で想像しやすい。

    つくづく、数学者って大いなる何かに選ばれた人たちだと思う。
    同じなんだけど別の世界を生きているというか。
    私がこうしてレビューを書いている今も、昼も夜もなく数学の世界を解き明かそうとする数学者たちがいるんだろうなぁ。

  • 数学界で100年余り解かれることのなかった難問「ポアンカレ予想」。
    数学界では有名な難問の一つで100万ドルの賞金が懸けられていた。

    その問題を証明したというロシア人数学者に、名誉あるフィールズ賞が決定した。
    しかし彼は、受賞を辞退し懸賞金も受け取らずに姿を消したという。
    彼がどんな人物だったのか。
    そして、ポアンカレ予想とはいかなる問題提起だったのか・・・100年の間数々の著名な数学者が挑んできた歴史を映し出す。

  • 【ひとことポイント】
    いくたの天才を退け続けた難問があった。

    最初にあえて尋ねますが、数学嫌いですか?
    かくいう推薦者も高校数学・受験数学に苦手意識を持っている一人。
    じゃあなんで本書を手に取ったのかというと、ずばり直観です。
    アンリ・ポアンカレによって提起され、100年のあいだ誰にも解けなかったポアンカレ予想とは、数学の分野では「トポロジー」に分類されます。
    この分野は、私たちが習ってきた微積分やら代数などの古典数学とは異なり、直観的な理解を可能とする新しい数学なのです。
    トポロジーは大雑把でいいのです。方程式もいりません。
    本書もそんなトポロジーと同じです。もちろん、難しいことを分かりやすく伝えようと書かれていますが、面倒なところは飛ばしましょう。頭を柔らかくして読みましょう。
    その上で、天才数学者たちの人間ドラマを堪能してください。このポアンカレ予想を解決したペルリマンという数学者は、直後、表舞台から一切の消息を絶つことになります。それは何故なのか、ペルリマンの真意はなんなのか。ぜひあなた自身で確かめてみてください。
    人間を理解すること、こればかりは面倒臭がってはいけません。

    <健康栄養学部 K・K>

    企画コーナー「成長する本棚」(2Fカウンター前)にて展示中です。どうぞご覧下さい。
    展示期間中の貸出利用は本学在学生および教職員に限られます。【展示期間:2013/6/6~】

    湘南OPAC : http://sopac.lib.bunkyo.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1601251

  • 100年解けなかった数学の難問を、とあるロシア人が解いてしまった。しかし、その後彼の消息は不明。彼の幼少期から失踪するまでを追ったドキュメント

  • NHKスペシャルのノベライズ。
    宇宙の形はどんな形かということにつながるポアンカレ予想というものは聞いたことはあったけど、どんなものかは知らなかったし、その予想が解決されていて、なおかつ証明した数学者は行方不明・・・というとてもミステリアスな話。
    ポアンカレ予想にかかわる位相幾何学やトポロジー(いっしょかな?)がわからなくても読み物として面白い。
    個人的に数学好きだから、楽しんで読めたけど、数学嫌いでも楽しめるんじゃないかな。

  • 2000年、アメリカの私設研究機関であるクレイ数学研究所が数学上、重要な未解決問題を選び、100万ドルの懸賞金をかけた。

    その中の一つ、「ポアンカレ予想」
    「単連結な三次元閉多様体は、三次元球面と同相と言えるか」
    というもの。

    専門知識がなければ、何を言っているかさえ分からないが、宇宙の「外」に出ることなく、宇宙の形を調べる事につながるもの。
    1904年にポアンカレの論文の中で「問題」として提唱されたため、「ポアンカレ予想」と呼ばれるようになった、この「宿題」は、その後、約100年の間、数学者を苦しめることになる。

    そのポアンカレの「宿題」も2002~2003年に一人のロシア人数学者、グリゴリ・ペレリマン博士によって解決される。
    その事自体、数学界が大騒ぎするほどの話題になったが、それ以上に騒ぎになったのは「数学界のノーベル賞」と呼ばれるフィールズ賞受賞が決まった時のこと。

    ペレリマン博士は、その賞の受賞と賞金の受け取りを辞退したのだ。
    裕福なわけでもないのに・・・。
    それどころか、その後、公の場から姿を消してしまう。
    ・・・というより失踪同然の状態となる。

    100年の間、数学者を苦しめた難問とはどのようなものか
    その難問を解いたペレリマン博士はどんな人物なのか
    そして何故、フィールズ賞を辞退したのか

    本書は、2007年10月22日に放送されたNHKスペシャル「100年の難問はなぜ解けたのか 天才数学者 失踪の謎」が元。
    そのためか、番組で使った写真が多数掲載されている。
    ただ、その写真も人物ばかりでなく、ポアンカレ予想や関連する問題を解説する図にして欲しかったという気はする。
    (そのため、分かりにくくなっている、というわけではないが)

    ちなみにポアンカレ予想の説明は、イメージ優先ではあるが分かりやすい。(少なくとも分かった気にはなった)
    また、この問題の解決に関わった数学者達の話もついつい引き込まれてしまう。

    本筋から離れてしまうが、著者は番組作りの際、何度もこう言われたという。
    「数学の番組を作る?私は数学は嫌いでしたねえ」

    確かに学生時代、自分も数学は嫌いだった。
    が、社会人になった直後くらいから、全て理解できなくても、数学の話題について興味を持つことも多くなった。
    (それに比例して「玉砕」することも多くなったが)

    数学が現実の自然現象を解くカギになることが分かったからだろうか、試験で合格点を取る必要がなくなったからだろうか。

  • 世紀の難題「ポアンカレ予想」がどのような来歴を辿り、如何に証明に至ったかを纏めたTVドキュメンタリーの編著。所々映像の一画面をそのまま貼り付けたような見にくいところがあるか、直感的に素人にも馴染めるような解説は好感が持てる。

  • ポアンカレ予想と、それを解いたペレリマンを追った本です。
    NHKスペシャルとして放送された内容をまとめてます。
    さらっと読めますが、数学者たちの人生を追った部分はどうしてもちょこっとだし、かといってわかりやすい数学の本、というわけでもなく…
    やはり中途半端な感じの本になってました。
    NHKスペシャルの副読本みたいなもんでしょうか。
    1冊の本としての面白さは少々欠けますが、入門編としてはいいのかも。

  • 大変,興味深い本でした。私のような人間には,ポアンカレ予想そのものを意義を理解すること自体がむずかしいですが,この本は,そこのところ,素人にもわかりやすく解説しつつ,難問に挑戦する人間の姿を活写しています。

全75件中 1 - 25件を表示

100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影 (新潮文庫)に関連するまとめ

100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影 (新潮文庫)の作品紹介

1世紀にわたり、幾多の挑戦者を退け続けた超難問、ポアンカレ予想が解かれた。証明したロシア人に対して、「数学界のノーベル賞」フィールズ賞が贈られ、偉業は大きく祝福されるはずだったが-。受賞を辞退して姿を消し、100万ドルの賞金さえも受け取らなかった天才は、栄光の陰で何を見たのか。数学者たちを悩ませた難問の実像に迫る。大反響を呼んだ傑作ノンフィクション。

100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする