猫泥棒と木曜日のキッチン (新潮文庫)

  • 1291人登録
  • 3.56評価
    • (82)
    • (177)
    • (223)
    • (38)
    • (5)
  • 150レビュー
著者 : 橋本紡
  • 新潮社 (2008年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101351827

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

猫泥棒と木曜日のキッチン (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 主人公の女子高生みずきは、母親に家出されて5歳の弟と家に取り残されてしまった。
    しかしまあお金はあるし、もともと不甲斐ない母親で家事にも慣れていたため、典型的なネグレクトであるにも関わらず驚くほど普段通りの日々が進行していく。
    変わったのは、庭に猫の墓が増えていくこと。
    母親の家出後、みずきは轢死した猫をみつけると持ち帰り、自分の家の庭に埋め始めた。
    その過程で知り合ったのが、元サッカー少年の同級生・健一。
    健一は母親の起こした事故の影響で足を痛めてサッカーができなくなっていた。
    みずきと健一は毎週木曜日に、みずきの弟・コウを交えて夕食を共にする。

    みずきはもともと家庭環境に恵まれていないせいか、始終どこか達観して描かれているけど、死んでほうっておかれている猫を持ち帰ったり、かなり年上の既婚男性に恋心を抱いていたりなど、端々に母性や父性の欠片を求めている感じがした。
    木曜日、健一と食卓を囲むのも、文中にあった通り「幻の温かい家庭」を演出したかったから。
    健一は健一で、思春期らしい悩みや、怪我した足の事で、周りの気遣いが時に重く感じるのに言い出せないもやもやしたものを抱えている。

    終盤になると、みずきと健一は猫をろくに育ててない女性から猫を救い出すという荒っぽいことをこなす。
    これが物語の山場。
    このあと、みずきは
    「どうにもならないけど、運命何て変わらないかもしれないけど、その時がくるまで精一杯生きよう」
    と覚悟ができている。
    この覚悟に関して思うことは人それぞれかもしれないけど、人生にある種の覚悟を持つということは、それだけ人生をよく見つめられているということで、子供から大人になる一歩だと私は思います。

  • みずきは小学生の弟と二人暮らし、最初の父は死に、次の父は家出、母は最近家出して不在。そんな日常のお話し。大変な日常だけど楽しんで暮らしている感じが良かった。そうやって何とかなっていくんだと希望が持てるようなお話だった。

  • ある日、お母さんがいなくなった
    こんな一文からはじまるにもかかわらず、淡々と生活していく主人公のみずき。
    でも心のなかではいろんな感情がうごめいていたりする。
    猫に自分を重ねているのか、猫に希望を託しているのか。
    切ないけれど、どこか共感できる作品。

  • ☆4
    ―――――――――――――――――――――――――――――
    お母さんが家出した。わたしと弟のコウちゃんを置いて。だけど、友達の健一くんだって応援してくれてるし、私は大丈夫―。そんなある日、高校生みずきは道端で「絶望」に出会う。
    ―――――――――――――――――――――――――――――
    身勝手に、動物を、あんなふうに扱うおばさんにめちゃくちゃ腹が立った。フィクションだけど。フィクションじゃないのかも。みずきがんばれ。

  • ★★★★☆ 黄粱夢の花咲き誇る世界に迷い込み、砂漠に浮かぶ蜃気楼も叶わない恋も同じ儚きものと知る。大嫌いな自分の名前も大好きなあの人に呼ばれる度に至福の瞬間へ花開く。美味しいご飯を家族揃って食べる、そんな当たり前の幸せが簡単に保てない時代。命の尊さに捨て猫と捨て子の天秤が激しく揺れ、人生を達観する女の子が悪意に立ち向かう。青く澄んだ瞳で見渡す景色が幸福なものだったと信じたい。健一がコウの頭をぐりぐり撫でる愛情も、爽快な読後感も凄く良い。だが5歳の子供を二度捨てる親も、儚い命を踏み躙る女も許せない。

  • 恋人の元へと家を出て行ってしまった母に取り残された、女子高生の主人公と5歳の弟。
    子猫の轢死体を持ち帰っては弔い、原因を突き止め、猫泥棒を決行・・・

    あらすじを全部書いたらまるまる本一冊になっちゃいそうな、小説らしい小説でした。
    とりあえず冷製パスタの描写がいかにも美味しそうで、(食べたことはあるけど)物凄く食べたくなりました。ちょうど暑いしね。

  • お母さんが家出をし、突然ふたりだけで暮らすことになった17歳の高校生みずきと、父親違いの5歳の弟・コウ。
    救いは、みずきは家事全般が得意であり、一軒家に住み、お母さんが置いていった通帳にそれなりのお金があったことだ。
    端から見れば可哀想だの、大変そうだのと思うかもしれない。当人からすれば、今を生きていかなければならないのだから、ごちゃごちゃ言っても仕方ない。
    腐らずに現実を受け入れることのできるみずきは偉いと思う。

    物語として成り立たないが、高校生であるなら、猫の件は行政に任せるべきだった。気持ちは分かるけどね。

  • お母さんが家出した。私と弟を置いて。お父さんはずっと前にいなくなった。みづき17才。
    でも、みづきは淡々と現実を受け止めている。
    なんだ、この設定は?
    私は、子供が子供でいられず、早く大人にならなくてはいけないような親の話が嫌いだ。
    でも、そんな過酷な環境に置かれた子供たちがたくさんいるのが現実だ。
    その現実に私はなすすべもない。
    助けた猫が死んだとき、初めて、みづきは今まで自覚していなかった自分の心のいたみに気が付く。みづきが試みた猫たちを救うための作戦、それは、同時にみづき自身を救う作戦であり、心のいたみを乗り越える儀式でもあった。
    そして、ラストのみづきの覚悟が私を励ましてくれる。
    「わたしは生きていくだろう。いつか運命のタイヤがわたしを押し潰すそのときまで、できるかぎり呑気に生きていこうとするだろう。それでいい。」
    なんと、強く、逞しいことか!
    現実に悲観ばかりしてはいられないと思った。

  • 何かを得るためには何かを失う。
    あることが当たり前ではない。

  • 不倫する母親が家出をし、高校生のヒロインと弟の二人で暫く暮らすことになり、ヒロインの友達である男子高校生と車で轢かれた猫を弔って、寄り添いながら物語は進行する。

    高校生の甘酸っぱい恋愛小説と云ったところ。人間の作り出したもので、自然動物が亡くなっていくのも灌漑深い。

  • 橋本紡さんの本はいつまでも読んでいたい本ばかりだな。 と思いました。

  • ちょうどよい作り話を読んだーっていう気持ちになれた。

  • 図書館の返却コーナーに置いてあって、題名が良くって借りてみました。

  • 中盤までの淡々とした空気は好きでしたが、終盤があまりに淡々としすぎていてちょっと置いてけぼりな気分。
    サッカーができなくなったことをそのまま呑み込むということは、まあできるのかもしれないな、とは思えた。
    でも、いくら達観しているとはいえ、突然帰って来た母親を、あんなに自然に受け止めることができるものだろうか。自分にはとてもその心境を想像することができなかった。

  • 地獄のつまった箱 のその描写がどうしてもうけつけられなかった…よ。

  • 親に捨てられた兄弟の話しだけれどもその事については悲壮感無し。行先も告げずにいなくなるなんて言語道断だけれどもこの話の主体はそこでは無い。どちらかというと猫泥棒をする方が主眼。何故猫泥棒をする必要が有ったかが重要で、そのシーンはどきどきした。
    子猫を拾うシーンは痛ましくて胸が痛んだ。避妊治療ほんと必要だから。

  • ネコを盗んだままなのは良くない。

  • ずっと読みたかった本
    想像してたよりもちょっと重い話でしたが読んだ後はなんだかあったかくなりました
    料理描写はさすが橋本紡

  • 突然母がいなくなって弟と二人で生活することになったけれど、全く動じない主人公とそこへよくご飯を食べに来る友人の話。
    私も猫を飼っているので無責任な飼い主は憤りを感じます。出来る事なら、こうなりましたよって見せてあげたくなりますね。
    最後猫を連れてきて飼う事になってから、あのおばさんはその後の描写がなく、わかってて探せないってことなのかちょっとその後の猫屋敷がどうなったのか気になります。健一くんはこのまま家に住み着く流れでしょうか。

  • これといって大きな出来事が起きるような話じゃない(猫泥棒のみ)

    主人公は母親が家出しても淡々と暮らしている。
    でも、瀕死の子猫と出会ったことで、主人公の中の何かが変わっていく。

    この人の文章は好きだなぁ。
    でも、そんなに自分には響かなかったです。。。

  • 母親が家出してしまっても、弟のコウちゃんと時々友達の健一君を交えて、いつも通りの生活を続ける「わたし」は、子猫の礫死体を庭に埋葬するようになっていたが、ある日瀕死状態の子猫を発見する。

    さらっときれいにまとまっている、という印象。解説にもあるように「誰も知らない」と同じくらい状況としては悲惨なのに、それと同じくらい淡々としているし、もっとあっさりしている。

  • 【本の内容】
    お母さんが家出した、わたしたちを置いて。

    お父さんはずっと前にいなくなった。

    けれどもわたしは大丈夫。

    弟のコウちゃんと二人で生きていく。

    友だちの健一君だって応援してくれる。

    そんなある日、わたしは道ばたで「絶望」に出会ってしまった―。

    失くした希望を取り戻すために、拒まれた願いを実現させるために、高校生・みずきの戦いと冒険が始まる。

    生きることへの励ましに満ちた物語。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    母親が家出して、5歳の弟と二人で暮らす女子高生みずきが主人公ですが、彼女の場合、母親がいた時も家事は自分がしていて、お金も母親が残していった貯金があり、裕福ではないけれど生活できる状況で、暗い感じはしません。

    ただ、みずき自身、気づいていないだけで、猫の死骸を庭に埋めるという行為で心の空隙を埋めていたんではないでしょうか。

    私たちは生きていく中で色々な物を失って、それでもそんなことはおかまいなしに人生は進んでいき、またそれでも生きていればその中で自分にとってかけがえのない何かを得ることもあります。

    著者の作品は8月の課題書『流れ星が消えないうちに』と本作しか読んでいませんが、どちらもそういったことを感じさせてくれる作品のような気がします。

    読んだ後に、ものすごく感動したとか、涙が止まらなかったとか、そういった作品ではないのかも知れませんが、静かに心に染み入ってくるお話でした。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 突っ込みどころが多いわりにさらっと読める。文章がお上手なんでしょう。
    少なくとも、僕の心の中には最終的になんにも残らなかったかな。

  • ある日、お母さんがいなくなった。
    お父さんは、とっくにいない。

    17歳の「みずき」
    弟の5歳の「コウちゃん」
    そしてボーイフレンドの「健一くん」

    3人は、偽物だけど大切な家族。
    だから大丈夫、お母さんはいらない。

    そんなある日、瀕死の子猫を拾ったことから
    事態は動き出す。。。

    いろいろと、ツッコミどころは満載なんだけど
    なんだかサラサラと流れるように読んでしまう、そんな本。

  • 私が好きな作家さんの一人の橋本紡さん。
    橋本さんの日常の中の暖かくて、切ないお話が好きです。
    でも、このお話はあまり登場人物に感情移入出来なくて、なんだかすっきりしない終わり方に感じてしまいました。
    猫はさすが猫好き、とても可愛いかったです。
    もう少し時間がたったら再読してみよう。

全150件中 1 - 25件を表示

猫泥棒と木曜日のキッチン (新潮文庫)に関連する談話室の質問

猫泥棒と木曜日のキッチン (新潮文庫)に関連するまとめ

猫泥棒と木曜日のキッチン (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

猫泥棒と木曜日のキッチン (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

猫泥棒と木曜日のキッチン (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

猫泥棒と木曜日のキッチン (新潮文庫)の作品紹介

お母さんが家出した、わたしたちを置いて。お父さんはずっと前にいなくなった。けれどもわたしは大丈夫。弟のコウちゃんと二人で生きていく。友だちの健一君だって応援してくれる。そんなある日、わたしは道ばたで「絶望」に出会ってしまった-。失くした希望を取り戻すために、拒まれた願いを実現させるために、高校生・みずきの戦いと冒険が始まる。生きることへの励ましに満ちた物語。

猫泥棒と木曜日のキッチン (新潮文庫)はこんな本です

猫泥棒と木曜日のキッチン (新潮文庫)の単行本

ツイートする