空色ヒッチハイカー (新潮文庫)

  • 979人登録
  • 3.58評価
    • (53)
    • (136)
    • (142)
    • (24)
    • (4)
  • 118レビュー
著者 : 橋本紡
  • 新潮社 (2009年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101351834

空色ヒッチハイカー (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 特別気負うことなく東大合格、あっさり財務省に就職を決める兄。何をしても完璧な兄の背中を必死で追って、東大B判定まで結果を出した彰二。

    ところが、彼は貴重な18才の夏休みに受験勉強を放り出し、兄の残した空色のキャデラックで旅に出た。偽の運転免許を携え、次々とヒッチハイカーを拾いながら西へと向かう彰二の7日間。助手席にはスタイル抜群の美人を乗せて。

    夏の空に空色のキャデラック、爽やかな外装そのまま、メロンソーダのように弾ける青臭くて透明な瑞々しいお話だった。
    馬鹿馬鹿しいイチゴ飛ばし競技に大事な約束を賭けて挑むシーンがいい。

    お兄ちゃん、欲しいなぁ。

  • 「ー」

    素晴らしい青春小説。
    適度なセクシーさが良い。

  • さらっと読める
    そこそこ面白い

  • いろんな作家の作品は読んでみるものです。「青春時代」は、私にも確かにあったような幻覚を見た?・・・・無かったような気がするが。

  • 2016.4.23読了

    冒頭は設定に無理があるなと思ったけれど、青春時代ってこういう無茶な事したかったなあと思い出して、まあ堅苦しい事は気にせずに雰囲気を楽しもうと思って楽しく読みました。

    彰二の、兄への憧れと劣等感、そしてもやもやした気持ちに共感出来た。お兄ちゃんの、何でも出来る人の悩みもなるほどなと思いながら読み進めて、最後にはきっと今キラキラしてるんだろうなと清々しく思えた。

  • なんとも軽い読み口の青春小説。兄を失った弟が兄の残したアメ車で九州まで旅をするが、道中を共にする勝気な美女を皮切りに、その道すがら色々な人たちを乗せて走る。けれどもなかなか話が大味でいまいち乗り切れないし、昔のエピソードも何を言いたいのか分からない。

  • 瀧井朝世が解説で言う通り、やはりこの作品の主題は「迷っても〜」に集約される。その点に絞れば、作品の素材は活きている。
    ただ、それ以外が酷すぎる。
    まず、主人公が無免許で派手な車を乗り回しているのに警察が一切関知しないというのが噴飯モノである。
    そして、そもそも主人公が東大合格目前という同世代におけるエリート層であって、ここが大きな失敗、この主人公が無免許で車を運転するのは不自然であるし、何より過去の恋愛経験、性格描写も主人公の異質さを際立たせる。
    また、ヒッチハイカーたちも不自然であって、特にヒロインに関しては乗せ続けること乗り続けることが疑問。(まだまだ疑問なとこは沢山)
    「流れ星〜」の作者の悪い面が出た作品。

  • 努力家の秀才が無免許でぼろい車に乗って西へ西へヒッチハイクするひとたちを乗せながら進むお話。目的もあいまいなまま、ヒッチハイクで乗せた女の子と話しつつ進んでいきます。特にものすごくおもしろいことが起きるわけでもなく向かっていくんですが、ちょっと最後はやっぱりと思う部分と追いついてほしい気持ちもあり一緒にもやもや。天才の気持ちを彼女は考えたんだろうなと、だからこそすべてを投げるだけの価値と新しい何かがあってとどまったんだろうと思うとなかなかできないことですね。私も身近にいたら劣等感の塊が出来上がったことでしょう。立ち向かう元気が彼のようにあったかどうか。

  • なんでも出来た、目標だった兄の残した空色のキャデラックに乗って、無免許で旅に出る18歳のひと夏。
    助手席には「遠くまで行って」という謎の女の子を乗せて、道中ではいろいろなヒッチハイカーたちを乗せては降ろし、西へ西へのロードノベル。
    無免許と飲酒が気になりますが、良かった。
    未成年は真似して実行しちゃダメですよ?
    作中に出てくる映画『ファンダンゴ』が見たくなった。
    機会があったら見たい。

    解説 / 瀧井 朝世
    カバー装画 / フジモト・ヒデト

  • 高校生の少年と、少しお姉さんの日本横断旅。
    それぞれのキャラがいい。
    主人公と、その兄の関係、将来の話とかなかなかいい味出しとります(´ ` )
    ヒロインがなかなか好きな感じでもある。

全118件中 1 - 10件を表示

橋本紡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

空色ヒッチハイカー (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空色ヒッチハイカー (新潮文庫)の作品紹介

人生に一度だけの18歳の夏休み。受験勉強を放り出して、僕は旅に出る。兄貴の残した車に乗って、偽の免許証を携えて。川崎→唐津、七日間のドライブ。助手席に謎の女の子を乗せて、心にはもういない人との想い出を詰めて、僕は西へ向かう。旅の終わりに、あの約束は果たされるだろうか-。大人になろうとする少年のひと夏の冒険。軽やかな文章が弾ける、ポップでクールな青春小説。

空色ヒッチハイカー (新潮文庫)の単行本

ツイートする