釈迦物語 (新潮文庫)

  • 63人登録
  • 3.80評価
    • (3)
    • (7)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : ひろさちや
  • 新潮社 (2012年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101352237

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
宮部 みゆき
ジャレド・ダイア...
グレゴリー・デイ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

釈迦物語 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2016.9.10読了。

    久しぶりに仏教の本にふれてみる。
    この本は仏陀の生涯についての本。

    「空」という言葉を説明するには、本一冊いるとあった。興味深い。
    この本の中には、他にもたくさん仏教用語は出てくるが、とりあえず読み進むために簡単に説明があるので、とても読みやすい。あとは気になるものは自分で調べればいい。仏教の入門書としても良いと思う。

  • 釈迦の生涯と仏教の誕生を物語スタイルで分かりやすく説明。少ない分量ながらエッセンスが良くまとめられているので仏教入門として最適。

  • ブッダにはまってます。シッタカブッタではなく。。。これはちょっと泣けた。ブッダがあくまでも人間として描かれていて好き。悟り開いてからのことはこれまでよく知らなかった。

  • 久々のひろさちや本。いぜんは、かなり読んでいたのだが・・・。

    今回は「釈迦物語」
    以前『阿闍世王(あじゃせおう)物語』というのを読んだことがある。たしか、ひろさちや初の小説だった筈。

    今回の「釈迦物語」は、半小説半解説ながらも、小説要素が濃く、小乗教典からのエピソードも引用しつつ、人間釈迦の出家から悟り、そして教化の道、涅槃、その後が数々のエピソードとひろさちやの解釈・解説が加えられつつ描かれている。

    まったく仏教に触れたことのない人でも、手塚治虫の「ブッダ」しか読んだことがないというでも、かなり読みやすくまとめられていると思う。
    入門書としてもおすすめ。

全6件中 1 - 6件を表示

釈迦物語 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

釈迦物語 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

釈迦物語 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

釈迦物語 (新潮文庫)の作品紹介

王妃の右脇から生まれ出て男児は七歩あゆみ「天上天下、唯我独尊」と宣言した。二十九歳になった王子は城を捨て、悟りを得るための修行の旅に出た。苦行に次ぐ苦行の果て半死半生の中、天啓の如く「中道」の概念が閃き、さらなる修行の末、三十五歳で悟りを開く。五人の修行者から教えを広め、やがて大教団が形成されるに至る。釈迦の波瀾の生涯を描いて、仏教の本質に迫る名著。

釈迦物語 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする