プリズン・ガール―アメリカ女子刑務所での22か月 (新潮文庫)

  • 261人登録
  • 3.62評価
    • (27)
    • (45)
    • (58)
    • (8)
    • (2)
  • 52レビュー
著者 : 有村朋美
  • 新潮社 (2008年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101352718

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

プリズン・ガール―アメリカ女子刑務所での22か月 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 内容もそうだけど、この人のバイタリティがすごい。
    人間、環境が変わればそれにあわせて何とでもやっていけるのかなと、変な(?)勇気をもらった。

  • なかなか興味深い。いや入りたくないけども。

  • 毎日暑いですね。もう聞き飽きたフレーズでせうが、暑いものは暑い。読書慾も失せるのであります。否すべての活動が億劫になる。こんな時わたくしは、漫画『じゃりン子チエ』のワンシーンを思ひ起こすのです。
    チエと父親のテツが通りを歩いてゐます。あまりの暑さにチエが「暑いなあ」とつぶやくのですが、それに対するテツの返答が良い。ただ一言、「夏やんけ」。このセリフを言はれたら、暑いなどと文句を垂れるのが莫迦らしくなつてきます。けだし名言と申せませう。「夏やんけ」。

    と、萎へる心を奮い立たせたところで、『プリズン・ガール』の感想文をちよつとだけ。
    著者の有村朋美さんは、24歳の時、在住してゐた米国にニューヨークにて、ドラッグの密売に関与したとしてFBIに突如逮捕されます。わたしはやつてゐない!と心で叫びますが、容赦なく冷たい手錠がかけられ、その一年後に有罪判決を受けるのです。懲役二年。

    で、連邦刑務所へ入所するも、案外好い加減なシステムであるらしい。いや、システムは決まつてゐても、それを運用する人間がかなりアバウトであるさうです。例へば入所時に相対した、オフィサーと呼ばれる刑務官は、所持品のすべてを持ち込み付加と断定したのですが、実は現金はOKだつたのであります。しかしなすすべなく言はれるがままになるしかなく、現金を持ち込めずに苦労したとか。
    連邦女子刑務所(FCI)自体もかなり適当で、新入りにするべきオリエンテーションは一切なく、有村さんが入る部屋が決まらないからといつて、三日間も「懲罰房」に閉ぢ込められたりして(これは違法らしい)、あるおばさんオフィサーは「あなたの入所記録がまったくないわ。よくこんなんで入ってこれたわねえ」と驚いたとか。とにかくオフィサーたちのミスが多く、不安なのです。

    FCIでの生活は、基本的に不自由はないやうです。シャワー、電話、テレビ、ランドリー、電子レンジは自由に使へ、レクリエーションルームに運動場が開放されてゐる(消灯時間まで)。朝起きる時間も実質自由で、点呼も一日一度だけ。売店では大概のものが揃ふ。
    そして心が触れ合へる仲間も出来ました。FCIは社会の縮図、弁護士さんが言ひ放つた「アメリカの刑務所はそんなに悪いところじゃないですよ。いわば、大学の寮みたいなもんです」といふ言葉も頷けます。

    しかし当然、良いことばかりではありません。何しろ筋金入りの囚人たちの集まりですから、ランドリーの順番など些細なことで喧嘩が発生します。喧嘩に対しては、懲罰房入りとか刑期が長引くとか、厳しい罰則があると言ひます。例へ自分は手を出さずに一方的にやられても、「喧嘩両成敗」で双方同罪になるさうなので、基本的に囚人たちは喧嘩を避けるのですが、思はぬ事がきつかけで、普段溜つてゐるフラストレーションが爆発すると、もう手が付けられぬ場面になります。流血騒ぎも当り前の凄惨な現場が展開されるのです。周囲もとばつちりを恐れるので、傍観者に徹するのでした。

    有村さんはその後連邦刑務所から州刑務所へ移り、22か月の獄中生活が終ります。彼女は日本へ強制送還され、二度と米国の地を踏む事が許されぬ立場。尋常ならざる経験を数多く得た有村さんは、この獄中記を執筆したといふ訳です。
    面白いのは、文中ではいろいろとしおらしく殊勝な態度を見せますが、多分彼女は全然反省はしてゐないだらうな、といふのが見てとれるところですな。被害者意識が丸出しなのが愉快であります。
    いやいや、皮肉で申してゐるのではありません。並の人間なら「ああ、アタシは莫迦だつた」と凡庸な事を言ひさうですが、協力者でライターの藤井良樹氏によると、本を書くキツさに比べれば、一年FCIに入つた方が良いと述べる人物であります。この心臓の持ち主だからこそ、かかる楽天的な一冊が誕生したのでせう。

    デハ今回はこの辺で。... 続きを読む

  • 花泉図書館。

    なかなか興味深い内容を結構坦々と綴るなぁ。

  • アメリカの女子刑務所。

  • ノンフィクション。アメリカの刑務所事情が詳しく書いてある

  • 著者自らのアメリカでの禁錮体験を書いたノンフィクション。大上段に構えた、その筋のルポルタージュなんかを眉間にしわ寄せながら読むよりも、本書のような赤裸々な体験談を読み通す方が、自分にとっては合っている。読後感を本気で書いたら、延々止まらなくなりそうなほど、中身は深い。

  • 軽いタッチで読みやすく、全体通しても前向きなので後味も全く悪くない。刑務所という小さな社会から、日本と米国の社会状況全体の違いが実感できる。

  • 記録、という意味ではとんでもない経験。
    アメリカでロシアンマフィアと付き合い、共謀の罪で刑務所入り。
    そんな経験はすごい、と思う。

    でも、読みにくい。それだけ。

  • ありえない体験をした人のルポに対してはいちおう敬意をもって拝読いたしますけれど、巻末の解説がこの本をだいなしにしていると思います。結局週刊誌とおんなじようなレベルにしてしまっている。

  • 一気に読了。
    著者の善悪の捉え方に賛否両論はあるだろうが、普段見られない場所を知りたいという好奇心が強い方にはオススメ。
    実際にこういう人生経験と感じ方をした人がいるんだと知ることができるのが読書の醍醐味だと思う。
    一気に読ませる文才を感じた。

  • 想像よりライトなタッチでした。さくさく読めました。

  • 面白かった。
    多分、本を出した出版社もこの本を手にした自分も、底にあるのは下衆な好奇心だろう。

    正直本の内容についてはかなりの脚色がなされているんだろうと思う。
    著者はドラッグ売買に手を貸したことはない、と書いているが、ディーラーの彼氏にそんなに頻繁に荷物の発送を頼まれたら普通おかしいと思うはず。
    自分の部屋にドラッグが隠されていたら、掃除の時にでも気づくだろう。

    しかも、罪を償う為に刑務所にいる受刑者達が、こんなに生活を楽しんでいたら刑罰の意味がないんじゃないの?
    つらいのは、家族と一緒に暮らせないことと、多少の諍いくらい。
    おそらく意図してつらいことはオブラートに包んである気もするけど。

    ただ、やっぱり面白い本だった。
    自分の人生だけでは絶対に知り得ない話だし、一寸の虫にも五分の魂じゃないけど、凶悪犯にも家族や恋人がいて、人を愛する気持ちがあるのだ。

    そんな物語を食い入るように読んだ自分も結局、下衆な人間の一人だ。

  • 極めてくだらない。
    本人は、人が体験しない事を体験できたと思っているが、ただのバカな、何の取り柄もない女のバカ話。
    こういう日本人の女が増えるから、日本人がバカにされるのだと思う。
    とても恥ずかしい一冊。
    麻薬の売人と付き合うその倫理観もどうかと思うし、作者自体に、なんの取り柄もない。

  • 衝撃的な作品だった。
    何度もこの作品がノンフィクションであることを確認したくなる。

    物語は21歳でニューヨークに渡った朋美。
    そこで恋に落ちたのはロシアン・マフィアのディーラーをしていたアレックス。ある朝、突然FBIに麻薬密売組織に協力したという容疑で逮捕され22ヶ月間連邦刑務所に入ることに・・・。

    2年間の獄中手記は連邦刑務所での過酷なプリズン・デイズや様々な人種の囚人仲間との友情話など。

    これは映画でもドラマでもなく本当にあった日本人の女の子が体験した獄中記。

  • ニューヨークに憧れるごく普通の女の子が麻薬密売組織関与の容疑で逮捕、2年間女子刑務所で過ごした経験談。

    普通の女の子の言葉で語られる本書、文の稚拙さが気になりつつ読み進むほどに引き込まれて一気に読了。アメリカの抱える問題を啓蒙しようとしがちなところをあまり触れず、人の「気持ち」をひたすらに書き綴ったのが勢いとして作用した気が。
    日々の色々に一喜一憂する姿はムショの中も外も同じ。読んだあとちょっと人が愛しくなる本。

  • 何か変われるはずと夢見て行ったニューヨークで、出会った彼氏はロシアのマフィア。ドラッグの密売に加担した罪をかけられ、女子刑務所で過ごすことになった日本人女性の手記。
     
     ちょっと彼氏にふられちゃった、ついてなーい・・と、まるで友達に話すかのように、自分に訪れた運命を明るく、あっけらかんと受け止め、刑務所での年月を客観的に見ているようにも思える。(文章はブログ調で軽くて重みはないけど)

     人は求められると変わるのだと感じたのは、作者が獄中でピアノや日本語を教える先生となったこと。
     人はいつでも学びを求め、そして、学ぶ機会をつくる人になれるのだなと思いました。
     
     


     

     

  • きっと普通の女の子だったのに……。
    ちょっとアメリカが怖くなっちゃう。

    普通の人は一生見ないような世界を見たんだろうなぁ。

  • 何て言うか、色々予想を裏切られる本でした。
    タイトルの割には読みやすい本だったなと思います!
    一読してみるのも良いと思います。

  •  知人に勧められて読む
    最近、教養系の本を読んでいるので、息抜きのつもりで読むはずが、引き込まれてしまった

     内容はというと

     日本のOLを辞めてアメリカ・ニューヨークで暮らしていた日本人女性が、FBIに逮捕されて連邦女子刑務所で約2年間服役してから釈放→強制送還されるまでの話を描いたエッセイ

     非常に面白かったのだけれど、何が面白かったのかというと
     著者が(きっとこれは性格なのだろうけれども)、超然的なまでに自分のことを投げだしている書き方が面白かった

     なぜ捕まったのかというと「当時付き合っていた彼氏が、ロシアンマフィアで薬物取引の元締めだったから」らしい
     僕からすると「ん?」って感じなんだけど、どうやらアメリカ的には薬物取引にかかわっていたというだけで結構重罪になるようで(しかもこの彼氏がしていたのが大規模な組織犯罪だったので余計情状酌量の余地がなくなるらしい)、それは本人が意図していようがいまいが、犯人(彼氏)のおかげで良い思いをしたというだけでもダメらしい
     ただ、それでもアメリカでは司法取引をすれば重罪を免れることは出来るのだけれども、著者はそんなことはしない
     著者は、彼氏がマフィアだったことは知っていたし、薬物取引をしていたことも知っていた
     それがいけないことなのは当然知っていたけれど、それでも、彼氏のことが好きなことは変わらないで、そのせいで、捕まったとしてもそのこと自体を恨むことはしなくて、だから司法取引をして彼氏を売り渡すようなことはしない
     驚いたのが、彼氏を一番恨んだ原因が、「他にも恋人がいたこと」だったこと
     
     しかも、その後も、読んでいる限り、割と刑務所生活をエンジョイしていたり(もちろん泣き暮れることもあった)、その上、これは「あとがき」に書いてあることなのだけれども「私さぁ、男運は、そう悪くないと思うんだよねえ」なんて言っていたりする

     いろんな意味ですげえ人なんだな、と思った
     アメリカ文化の裏部分を気楽に知れるという意味でも一読の価値ありだと思う

  • アメリカで暮らしていた24歳の普通の女の子・朋美。
    ある日、無実の罪でFBIに逮捕され、
    アメリカ連邦女子刑務所に収監されてしまった。
    そんな彼女の体験記。


    実は体験記が結構好き。
    自分じゃ絶対体験できないようなことほど惹かれる。
    これはもうほぼジャケ買いに近い勢いで購入したけど、
    期待は裏切られなかったというか、凄い面白かった。

    アメリカの警察のこういうとこが杜撰だとか、
    アメリカの刑務所ってこんな変なルールがあるんだよとか、
    もうとにかく知らなかったことばっかで目からウロコ。
    囚人達はオシャレしたりダンス踊ってたりするんだって。
    さすがアメリカ。
    アメリカの刑務所の中にはカルチャースクールがあって、
    先生役をするのも囚人の仕事らしい。
    ちなみに朋美さんはピアノと日本語の講座の先生をやってたんだとか。
    読んでるだけで「この子絶対キレ者だ」ってビンビン感じた。

    そんでもってこの女の子、文章が上手い。
    軽快なテンポでつらつらと綴っているもんだから、
    暗くなりがちな話でもライトに描けてる。
    だけど感動させる部分ではきっちり感動させてくれるし、
    真面目なところは真面目。
    (ゴーストライターが書いてるかもしれないという選択肢は私の中で勝手に消去。)

    今度は日本の刑務所に投獄された人の体験記を読んでみようと思った。
    日米の比較をしてひとりでこっそり楽しむという。
    いやーひとり遊びっていいね。

  • NYに行った日本人ギャルが、マフィアのボスだった彼氏の麻薬取引の片棒を担がされて、FBI に逮捕されて連邦刑務所に。。刑務所での生活は、なんか明るいというかタフというか、すごい。。日本女性って強いな〜。。

  • ニューヨーク滞在中にできた恋人はロシアンマフィア。彼が麻薬取引で逮捕され、主人公である女性も共犯の疑いで逮捕される。
    その後、裁判を経てアメリカの連邦刑務所に収監されて・・・・

    ノンフィクションです。いやすごいね。リアルストーンオーシャン。
    アメリカ刑務所内部がどんななのか?普通に仲良くしているおばさんが懲役数百年の殺人犯だったり麻薬の密売人だったりチャイニーズマフィアのボスだったり・・・

    全体的には明るくポップな感じに書かれていますが・・・実際は大変・・・なんでしょうね?でもどうしても読んだ印象からすると「ちょっと楽しそう」くらいに思えてしまうのは刑務所としてどうなのか?

    食べ物なんかもなかなかにうまそうだし、それこそ「刑務所に行くために再犯」なんてないんでしょうか?・・・とかも思いましたが、そこは「女子」刑務所ということで「恋人や子供を外に残して・・・」という側面が強くクローズアップされてあまり再犯希望とかそういうのはないのかな?って思いました。考えてみたら日本でもそういう再犯は男性ばっかりだしね。女性はその辺しっかりと生きているんでしょうね。

    しかし、前半で弁護士が言っていた「まあ、連邦刑務所なんて大学の寮みたいなものだから」というのがなかなかに言い得て妙。

  • こんなこって有るんですね。驚愕です。

  • ニューヨークに暮らす20代の私は、ある朝、突然FBIに逮捕された!麻薬密売組織に協力したという、身に覚えのない容疑。絶望と不安を抱えて、連邦刑務所への入所日を迎えた私。だが、米刑務所の意外なシステムの下、次第に様々な人種の囚人仲間と友情を育みはじめて―。日本人の女の子が実際に経験した、過酷ながらもポジティブなプリズン・デイズ

    ****

    刑務所の中の話なのに、友達もできたり楽しんでいてすごいと思った。これが実話ってあたりがまたすごい。
    ドラマ化されてたみたいだけど、見てないので見てみたかった。

全52件中 1 - 25件を表示

プリズン・ガール―アメリカ女子刑務所での22か月 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

プリズン・ガール―アメリカ女子刑務所での22か月 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プリズン・ガール―アメリカ女子刑務所での22か月 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プリズン・ガール―アメリカ女子刑務所での22か月 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

プリズン・ガール―アメリカ女子刑務所での22か月 (新潮文庫)はこんな本です

プリズン・ガール―アメリカ女子刑務所での22か月 (新潮文庫)の単行本

ツイートする