いとみち (新潮文庫)

  • 804人登録
  • 3.88評価
    • (60)
    • (103)
    • (68)
    • (9)
    • (1)
  • 84レビュー
著者 : 越谷オサム
  • 新潮社 (2013年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101353623

いとみち (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相馬いと。青森の高校に通う16歳。人見知りを直すため、思い切ってはじめたアルバイトは、なんとメイドカフェ。津軽訛りのせいで挨拶も上手に言えず、ドジばかりのいとだったが、シングルマザーの幸子やお調子者の智美ら先輩に鍛えられ、少しずつ前進していく。なのに!メイドカフェに閉店の危機が~~~。初々しさ炸裂、誰もが応援したくなる最高にキュートなヒロインの登場です。

  • 以前、強烈な津軽弁が目に入った瞬間にそっと本を閉じてそれ以降、ずっと放置をしていた。三の糸が出たので順番に読む事にしたがやはり、訛りというか方言がきつい。しかし、健気でマジメな性格のいとの姿を見ていると可愛い。方言を話すメイド喫茶のメイドさんって良いなと思う。方言という日本語の文化を絶やしたくないとすら考えてしまう。私自身も方言がかなり出るのでいとの気持ちもわかる。会話で標準語を話すというのは難しい。

  • 201403

  • 青森弁がいい!

    へば!

  • あずまきよひこさんか、高橋しんさんが漫画化したらハマリそーな作品☆(^o^)/

  • メイド服が着てみたかったことと人見知りを治したいこと。
    それがきっかけで青森市のメイドカフェでバイトすることにした
    高校一年生の相馬いとが主人公。

    いとは、人見知り以外にもドジで泣き虫で、
    さらには極度の津軽弁という短所・コンプレックスが。
    おかげで、「おかえりなさいませ、ご主人様」も上手く言えない。
    唯一長所があるとすれば、三味線の腕前なんだけど、それも以前に
    賞を獲った時の自分の演奏時の表情と姿勢に幻滅しておざなりに。

    そんな彼女がしっかり者の先輩やお調子者の先輩、
    意外と頼りになる店長に助けられ、
    すぐにでも辞めようとしていたバイトを頑張ろうとするのだが、
    突然メンドカフェに閉店の危機が訪れて・・・といったお話。


    バイトを絡めた青春成長の物語ですね。
    パターンも王道と言っていいでしょう。
    ただ、越谷オサムさんの物語は読んでいる者をほっこりさせてくれる。
    (『陽だまりの彼女』のように切なくさせるものもあるけれど)
    だから、好きだなー。安心して読めるよ。
    ちょっと元気出したい時に、誰かに励まされたい時に、
    前向きになりたい時にぜひぜひ読んでもらいたい一冊だな。
    そして、続編も発売されているようです。
    そっちも必ず読みますよ!

  • 面白かった。
    いとちゃんがとても良い子で、メイドカフェで働く人達もお客さんもみな良い。
    登場人物がみな良い人だと、たまにご都合主義の残念な物になってしまう場合もあるのだけれど、この本はイヤらしさがまるでなく素直に楽しく気持ちよく読めて笑ったり泣きそうになったりして、楽しく読めた。

  • ライトノベルは普段全く読まないけど、三味線かぁと思って本屋で手に取ったら、津軽が舞台じゃないですか。津軽出身者としては読まない手はないと思って即購入。
    東京出身の作家さんのようだけど、この忠実な津軽弁はいったい…!?そして、岩木山に対する気持ちやじょっぱり精神が、津軽人を代弁している。
    軽い気持ちで購入したけど、不覚にもかなり泣いてしまいました。良かった。津軽三味線やりたい。

  • 舞台が2度訪れたことのある青森市内ということもあり、街の様子が思い浮かぶ。いとや他の登場人物の津軽弁を読むと『壬生義士伝』の主人公・吉村の哀愁を帯びた温かい台詞を思い出す。本書のストーリーもいとの純朴さが際立って良い。メイドカフェで働く津軽弁の女の子が奏でる津軽三味線、続編も読みたいぞ!

  • いとみちシリーズの完結編である三の糸まで読んだ後で感想を書くのだけれど、一巻だけの時点では、あまり面白くなかった。

    半歩しか前進していないようなスローすぎる展開にちょっと退屈してしまう。越谷さんは2冊目なのだけれど、ラノベ派ではない私にはギリギリ読める範囲。だけど、このいとみちは、メイドカフェで津軽弁、三味線の天才的な腕前と少しわざとらしすぎて、好き嫌い分かれるかと思います。

    そして、なんといっても、不自然すぎるほどのきつい方言。もしかしてと見たら、やっぱり作者さん東京出身なんですね。東京出身の方は、たまに方言に憧れが強すぎる方がいますものね。

全84件中 1 - 10件を表示

越谷オサムの作品

いとみち (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いとみち (新潮文庫)の作品紹介

相馬いと。青森の高校に通う十六歳。人見知りを直すため、思い切ってはじめたアルバイトは、なんとメイドカフェ。津軽訛りのせいで挨拶も上手に言えず、ドジばかりのいとだったが、シングルマザーの幸子やお調子者の智美ら先輩に鍛えられ、少しずつ前進していく。なのに! メイドカフェに閉店の危機が――。初々しさ炸裂、誰もが応援したくなる最高にキュートなヒロインの登場です。

いとみち (新潮文庫)の単行本

ツイートする