初恋 (新潮文庫)

  • 686人登録
  • 3.53評価
    • (58)
    • (85)
    • (136)
    • (29)
    • (4)
  • 125レビュー
著者 : 中原みすず
  • 新潮社 (2008年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101354514

初恋 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 青春の勢いの中にある、冷静さが熱い。

  • 数年前に宮崎あおい主演で映画化された。この頃の宮崎あおい、よかったよな。
    3億円事件を題材にしてるが、作者の詳細は不明だしノンフィクションなんだろうか?謎が深まる。

  • 「手に入れたものより失ったもののほうが
     大きかったと気づいたとき、
     すでに人は歳をとり過ぎている。」

    三億円事件。
    読んでて辛いけど、切ないけど、
    それだけじゃなかった。

    複雑な余韻を味わえます。

  • 映画から入ったクチです。
    切ない、だけどすごい恋の話だなあと思いました。
    3億円事件なんて吹っ飛ぶくらいの恋愛小説でした。

  • リアリティがあり過ぎて恐い。
    この人、これ1冊しか上梓してないし、本当に三億円事件の実行犯の手記なんじゃないかという気がしてきた。
    けど、これはまぎれもなく恋愛小説だと思う。
    主人公とその相手、岸の狂おしく切ない想いが行間から伝わってくるようだった。
    もどかしい雰囲気も、当時の時代背景とマッチしていると感じた。
    もう10ページくらい書き足して、人物描写や背景を詳しく描いても良かった気がするけど、それは行間から読み取れってことですかねー。

  • 大好きで、そして私にとってはすごく大切な本で、もう何回も読んでます。読み終わった後はいつも、切なくて苦しくて、でも同時にどこか虚しい気持ちにもなります。

    作者・中原みすずさんが、喫茶Bでの日々と引き替えに喪ったものは、思い出として綺麗に心に仕舞い込むには(人生の通過点として割り切るには)、あまりにも深い傷なのかもしれないと感じました。最後の「振り返る・・・」の短歌にとても感動しました。

  • こんな東大生が本当にいるなら抱いてほしい。

  • 3億円事件の犯人の回想手記みたいな小説.

    3億円事件と言う世間的には大きな事件を起こした高校生の少女,その少女の事件に至るまで,事件後の過程が描かれていた.
    少女にとって,3億円事件そのものよりも重要なモノが青春のこの時期にはたくさんあったんだろう.

    描かれ方が断片的であり,それがまた回想の真実味を濃くしているように思う.

    フィクションかノンフィクションか気になるところではあるがそれを抜きにしても面白く読みやすい小説だった.

    映画もあるらしいので気になるところ.

  • 題材となっている事件の甚大さにそぐわぬ、
    このタイトル。

    バイクを止めてヘルメットを外した瞬間に、
    長い髪で背中が隠れ、
    初めてそれが女の子であったことを知る。

    この作品は映画版のCMで知った。

    「恋」と名がつくのに、
    恋情や欲情が渦巻いてなどおらず、
    そういえば、その前に「初」という言葉がついていたことを思い出す。

    密やかで
    逞しく
    儚くて
    かわいい。

    ゆるゆると過ぎていった日々を
    動かし掴み損ねて、受け止める。
    1人の女の子の話。

  • 「心の傷に時効はない」 2人の恋は、あまりにも儚くて、美しくて、切なかった。 もしかしたら、この話は実話なのかもしれないしそうでないのかもしれない。岸を待ち続けているみすずが今もどこかに存在していることを思うと、実話であってほしくない。切なすぎるから。だけど、心の奥底ではみすずだと、私は信じています。
    宮崎あおい主演の映画も良作ですが、私は原作をおすすめします。映画には描かれなかった重要な部分があります。
    私にとって特別な一冊になりました。物語は無常で寂寥感と孤独を掻き立てるこの美しく繊細な文章に出会えたこと、とても嬉しく思います。

全125件中 1 - 10件を表示

中原みすずの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
瀬尾 まいこ
有効な右矢印 無効な右矢印

初恋 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

初恋 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

初恋 (新潮文庫)の単行本

ツイートする