第一阿房列車 (新潮文庫)

  • 833人登録
  • 3.81評価
    • (87)
    • (83)
    • (129)
    • (6)
    • (1)
  • 80レビュー
著者 : 内田百けん
  • 新潮社 (2003年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101356334

第一阿房列車 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 山口瞳先生を数冊読み返してる中に、百閒さんの話が幾度か出てきたもので、つい読み返してみたくなってしまいました。

    たぶん・・四半世紀前、十八九の頃に読んだものなので、実家に預けてあるのか、手元に見当たりませんので購入しました。

    カバー巻末に、「~名著を新字新かな遣いで復刊」とあるように、以前読んだ時よりかは、かなり読みやすくなっていたと思います。
    ―が、「旧字旧かな遣い」の或る種の風情のようなものが・・。

    四半世紀前のガキの頃にも愉しく読めた覚えがありますが、四十を越えたいま読むと、更に愉しく読めたような気がします。

    ヒマラヤ山系君(旅の相方)との会話が・・。
    「そこの、右の窓口に何とかいてある」
    「遺失物取扱所です」
    「何をする所だろう」
    「遺失物を取り扱うのです」
    「遺失物と云うのは、落としてなくなった物だろう。なくなった物が取り扱えるのかい」
    「拾って届けて来たのを預かっておくのでしょう」
    「拾ったら拾得物だ。それなら実体がある。拾得物取扱所の間違いかね」

    こんな人をくったようなことで、いつもヒマラヤ君を黙らせてしまっているかと思うと、その数頁前には 『何事によらず、明日にのばせる事は、明日にのばした方がいい』 などと、悟っとどこかのお坊さんの格言のようなことを言いますので油断がなりませぬ。

    第二阿房列車、第三阿房列車と読み進めたいのですが、なんとか手に入れた芥川受賞作がどうにも気になったりします。

    かといって百閒さんの直ぐ後に読むのも、なんだか田中慎也さんに意地悪のような気もします。

    ここは先日のNHKドラマの原作【トンビ/重松清・著】が、買ったままになっていますので、ワンクッション、柔らかいのを読んでみます。

  • なんの用事もないけれど、汽車に乗っていろんなところへ行く話。とにかくどの行動も意味はなく、用事もない。なんだかさらっと読み終えてしまって感想が特にない…。時々、怪異のようなものが書かれていて面白い。鉄道好きな人ならもっとこの作品を楽しめるのだろうか…

  • 本編は日付が変わる前に読了していたが、解説までしっかり読んで本日読了。どうしても読みたい本だった。著者のニヒリズムに似た行動と文体が気に入っている。自分の馴染みのなかった「阿房」という表現から、どのような展開になるかと不安だったが、列車に乗ることだけを目的とした、だからそれ以外は無目的に徹した鉄道旅が、歯切れ良い文章で綴られる妙味。カバー写真も、東京駅一日名誉駅長となって内心嬉しいのか面倒なのか判らない、厳めしい表情が何とも言えず面白い。次は第二阿房列車に乗車!

  • のらりくらりと無用な旅をする。目的のある旅というものが嫌いで、それというのは仕事だけではなく観光等というものも含まれる。ただ思い立って行ってみようというだけの旅、それが阿房列車である。名所史跡などは嫌いで、汽車の列車では一番良いのが一等車、二番目が三等車。二等車の乗客の顔付きは嫌いである、とまで言う偏屈爺。自由気儘に生きるための偏屈にはしかし機知と知見に満ちていて楽しいが、彼と一緒に旅をするのはなかなか厳しいものがありそうだ。そんな旅を共にしたヒマラヤ山系氏とのふわふわ間延びしたような会話の軽妙洒脱もまた、愉しい。

  • 何度も読んでいる大好きな本。
    目的地だけ決めて、ただ列車に乗る、阿呆列車。
    文体は時代もあって堅苦しく感じるが、書いていることは本当にくだらないことが多くて、くすっと笑ってしまう。
    なんにも考えず、脳みそを弛ませたい時におすすめ。

  • 2016.10 本棚整理のため第一阿房列車から第三阿房列車まで再読。評価変更☆4→☆5

    時代を越えて愛される列車紀行エッセイ。百閒先生の軽妙洒脱な文章からガタンゴトンと線路の楽しいリズムを感じるよう。どうしても続けて3巻読んでしまう形になるので慣れもあってか、第一☆4.5、第二☆3.5、第三☆3くらいの評価。10年に一度は読みたい名作。

  • 借金の返済の日付が。春永 いつかひまな時。
    阿房列車とは、いいえて妙なり。
    変人の列車に乗るだけの旅。こんな人に振り回される周りの人間もいい迷惑だ。何と無く何所かぬけている様な雰囲気を醸し出している、ヒマラヤ山系だから、付き合って行けるのだろう。
    偏屈親父の旅日記。

  • あまり好きなタイプの曲者じゃなかった。

  • 鉄道の形態もシステムも変わった現在、百閒式の鉄道旅行はできるのだろうか。そしてそれは『阿房列車』のような作品を生む旅になり得るのだろうか。少なくとも一等車はないし、食堂車も絶滅危惧種。宿も駅の紹介ではなく、ネット予約が主流だろう。時代の変化が悪いと言うのではない。ただ、現代なら百閒先生はどんな旅をするか、ということが気になる。その作品を読んでみたい。

  • ノラや を読んでファンになり、
    これが2冊目
    ふふふと笑ってしまう 曲者の百間先生
    やっぱり好きです
    次は御馳走貼

全80件中 1 - 10件を表示

内田百けんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 弘美
安部 公房
フランツ・カフカ
ヘミングウェイ
内田 百けん
有効な右矢印 無効な右矢印

第一阿房列車 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

第一阿房列車 (新潮文庫)の作品紹介

「なんにも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行って来ようと思う」。借金までして一等車に乗った百〓@6BE1@先生、世間的な用事のない行程を「阿房列車」と名付け、弟子の「ヒマラヤ山系」を共づれとして旅に出た。珍道中のなかにも、戦後日本復興の動きと地方の良俗が描き出され、先生と「ヒマラヤ山系」の軽妙洒脱な会話が彩りを添える。読書界の話題をさらった名著を新字新かな遣いで復刊。

第一阿房列車 (新潮文庫)の文庫

ツイートする