第二阿房列車 (新潮文庫)

  • 300人登録
  • 3.85評価
    • (43)
    • (28)
    • (55)
    • (2)
    • (1)
  • 38レビュー
著者 : 内田百けん
  • 新潮社 (2003年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101356341

第二阿房列車 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第一阿房列車に続き第二阿房列車。雨男のヒマラヤ山系君と用事のない鉄道旅をするのは変わらず。自分が旅行する時に、宿などで「もう今日は何もする必要はないなぁ…」という用事がなくなったときの楽しさを思い出した。
    京都についても記述があるが例の如く内田百閒先生なので観光はさらっと終わっている。
    鉄道唱歌が終わりのほうについてる。わりと楽しい。

  • 第二列車完乗。相変わらずヒマラヤ山系君をどぶ鼠呼ばわりで、寝台の上段へ寝につく際も「天井裏の」などと言いえて妙な例えに思わず笑ってしまった。本文の構成が各列車の出来事毎に小見出しが付いて短編のようになっていること、第一列車では「歩廊」と云っていた駅施設が「ホーム」と書かれていることなど、おやと思わせるものがあった。本書では大変気に入った文章があったので、ここに引用する。「人が嫌ってもいいから、毅然としたサアヴィスを行うと云う精神に欠けている。サアヴィスとは愛想顔、御機嫌取りの意味ではない筈である。」

  • 頑固で几帳面すぎて相変わらずぶれない百閒先生。周りを困らせまくりつつもどうにも憎めず魅力的で、会話などはその場で聞いていたらきっと吹き出してしまうことだろうと思う。だが決して自らのユーモアをひけらかさない、そういうところがむしろ知的じゃないですか。かっこいい。
    高橋義孝氏が解説でこの『阿房列車』を指して、「生麩のような高野豆腐のようなもの」と表現していて、なるほど言い得て妙。

  • 2016.10 本棚整理のため第一阿房列車から第三阿房列車まで再読。

    時代を越えて愛される列車紀行エッセイ。百閒先生の軽妙洒脱な文章からガタンゴトンと線路の楽しいリズムを感じるよう。どうしても続けて3巻読んでしまう形になるので慣れもあってか、第一☆4.5、第二☆3.5、第三☆3くらいの評価。10年に一度は読みたい名作。 (レビューは1~3巻共通)

  • 百けん先生が走らせる、阿房列車の第二号。雪中新潟阿房列車と春光山陽特別阿房列車は、先に読んだ内田百けん集成に収められていたため、未読の雪解横手阿房列車と雷九州阿房列車(前後章)のみを拾い読み。

    雷九州阿房列車はまさに危機一髪という状況をさらりと語り、かろやかな中に観察眼の鋭さ、描写力の適切さが活きる名編。もっとも、阿房列車はフィクション部分が多いようなので、どこまでが本当の体験談だか判らないけれど。

    このシリーズでは第一作の飄逸さが一番良いという評価が多いようだが、しかし、第二列車でも独特のユーモアは健在。東洋軒ネタや日本食堂ネタで伏線を張るなど、構成の妙も魅せる。

  • 百閒せんせいくらいさらっと生きたい。
    たいていの物事には執着してない(ように見える)ところに憧れる。
    水筒に入れて飲む酒はうまいんだろうか。

  • 【本の内容】
    ただ列車に乗るだけのための内田先生の旅は続く。

    「汽車が走ったから遠くまで行き著き、又こっちへ走ったから、それに乗っていた私が帰って来ただけの事で、面白い話の種なんかない」。

    台風で交通が寸断する九州では、なぜか先生と弟子の「ヒマラヤ山系」が乗る汽車だけはちゃんと走り「無事に予定通りに行動しているのが、相済まぬ」。

    悠揚迫らざるユーモアに満ちた、シリーズ第二弾。

    [ 目次 ]
    雪中新潟阿房列車―上野‐新潟
    雪解横手阿房列車―上野‐横手‐横黒線‐大荒沢
    春光山陽特別阿房列車―東京‐京都‐博多‐八代
    雷九州阿房列車・前章―東京‐八代
    雷九州阿房列車・後章―八代‐熊本‐豊肥線‐大分‐別府‐日豊線‐小倉‐門司

    [ POP ]
    何も用はないけれど、取りあえず汽車に乗って大阪に行ってきたから始まり、三作を数えた阿房列車だが、微苦笑を誘うとすれば本二作目だろう。

    いつも一人で旅ができないからお供に「ヒマラヤ山系」という年若い男を連れ、何とは無しに旅行に出かける。

    だが、そこは野次喜多よろしく平穏無事なわけは無くて、新潟に出かけ地元の新聞記者のしつこい取材に、辟易したこんにゃく問答や、どうでも良い百閒の問いかけに、糠に釘の返事しかしないヒマラヤ山系など、うやむやのまま旅は進んでいく。

    脱力系かと言われればそうかもしれないが、神は細部に宿り給う。

    小さな出来事の積み重ねに、苦虫を噛み潰した様な、著者の魅力が詰まっているのだ。

    時は戦後からやっと落ち着き、高度経済成長時代の前夜。

    百閒の愛した戦前の匂いが漂う、時代が作った作品といえるだろう。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • やっぱりこの人の書くものは好きだ。いろいろと見下しているくせにどこかで思いやりや敬意を含んでいて、そんなんなのに「漱石先生」と敬称し続けるところが好きだ。

  • 乗り鉄百鬼園先生の鉄道随筆第二弾

    ヒマラヤ山系君とあちこち電車ででかけて、食堂車で酒のんで、寝台車で酒のんで、現地の宿で酒のんでと。
    相変わらずの飄々っぷりが素敵っす。
    しかし先生ともなると、どこでかけても、鉄道の偉い人やら、新聞記者やらやってくるんですなぁ。
    オススメっす。

  • 14/02/23、一箱古本市で購入。

全38件中 1 - 10件を表示

内田百けんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 百けん
フランツ・カフカ
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
安部 公房
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

第二阿房列車 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

第二阿房列車 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

第二阿房列車 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

第二阿房列車 (新潮文庫)の作品紹介

ただ列車に乗るだけのための内田先生の旅は続く。「汽車が走ったから遠くまで行き著き、又こっちへ走ったから、それに乗っていた私が帰って来ただけの事で、面白い話の種なんかない」。台風で交通が寸断する九州では、なぜか先生と弟子の「ヒマラヤ山系」が乗る汽車だけはちゃんと走り「無事に予定通りに行動しているのが、相済まぬ」。悠揚迫らざるユーモアに満ちた、シリーズ第二弾。

第二阿房列車 (新潮文庫)の文庫

第二阿房列車 (新潮文庫)の文庫

ツイートする