ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)

  • 4972人登録
  • 3.35評価
    • (266)
    • (665)
    • (832)
    • (247)
    • (107)
  • 809レビュー
著者 : 松岡圭祐
  • 新潮社 (2008年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101357515

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
湊 かなえ
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 某試験を受けた某大学の掲示板で学生さんのオススメとしてあげられていたので購入。
    どこまでがフィクションでどこまでがノンフィクションかわからないけど、夢の国の裏側が面白かった。

  • 薄味。
    ディズニーランド内部を語っているというところのみ新鮮で、他は普通。ストーリーはベタだし、勧善懲悪でキャラが安い。
    ディズニーランドという肉の部分を抜くと、基本構造は正社員とバイトの対立。これは正社員の方にライドせざるを得ないので、どうも悪役になった気分。正社員には責任があるのだから、バイトに口出しされたら嫌だ。それに典型的な悪に味付けしすぎだ。あんなやついないよ。
    結局、バイトの労働条件は最悪なことはスルーで終わる。主人公の将来は、生活もたないで転職しかないよなあ、と思ってしまう。ダンサーになれる人は残れるでしょうが。

  • TDのスタッフになった気分です。

  • 面白い!ディズニーの裏側なんて書けないと思うけど、ソレっぽいし現実味ある。
    主人公がたった3日でこんな成長する訳ないと思うけど、主人公がたった3日でこんな成長するところも良い。全体を通して全て良い。軽く読める、少し元気の出る一冊。

  • 通勤時に読んでた。背が低くスタイルのいい人見るとミッキーマウス(久川さん)!って思う時間が楽しかった。
    採用時の後藤君は過去のバイト君思い出してイラっとさせられたけど、成長してくれたから、よかった。

  • 読みやすい 現実を突きつけられながらも前向きになれる

  • ディズニーランドの裏側を覗ける一冊

  • 読みやすい!面白かった

  • radikoがタイムフリーになり過去の番組まで聞けるようになった。ラジオ好きな私としては嬉しい。いつも聞けない時間帯で楽しい番組が無いか探す。「book bar」酒と本好きな私にはたまらないタイトルだ。早速聞いてみて、Webでも過去のおすすめ本をチェックする。

    その中でお勧めになっていた本書を読んでみる。

    ディズニーランドで働くことになった主人公が裏での出来事を、「夢」と「現実」の落差などを描く物語。

    裏側の視点からの話は新鮮で、今度いった時にはバックヤードの部分も意識して見てみようとは思う。
    著者のディズニーランドへの愛とそして悪意も感じる。まあ、そういうことも有るとは思うが、わざわざそういう話にして言っちゃうかね。話としても強引さも感じ、あまり好きにはなれなかったな。

    #bookbar

  • やっぱり松岡さんの作品だなあって感じでした。
    雑学ネタは面白いんだけど、人物描写というか、主人公に共感ができなくて。
    ブレない芯があるのはいいんだけど、ただ単に話を聞かない奴になってしまっていて、主人公の中での葛藤があまりなかった気がする。

  • <夢の国を支える,現実と嘘.努力と心.>

    ディズニーに行った次の日に買って読みだした.
    お話としては面白かったけど,主人公が好きになれない.
    主人公のことが好きでないのにお話は嫌いじゃないなぁなんて,いままでなかった気がして,その理由を考えてみると,やっぱり自分が働きだしたからに違いない.
    憂鬱も,あきらめも,努力も,失敗も成功も,全部が現実で,現実があるから夢が見たいと,夢を見せてあげたいと,今日も誰もが何かをまわしてる.

  • なんと万事に都合のいい話だ。

  • 「ディズニーで働きたい!」
    その夢を物語を通して叶えてみませんか?

    キャストの気分を味わうことができるなんて
    ステキですよね。

    主人公の青年もキャストの1人です。
    何事にも全力で取り組み頑張る主人公から、
    自分をしっかり持ち、力を発揮する勇気をもらえます。

    さぁ、あなたも夢と魔法の王国の一員に!

  • シンプルに熱い本。

    中学時代に読んで感銘を受けた本。高校受験の面接で「好きな本は?」と聞かれたらこれを答えるつもりだったぐらい。久しぶりに読み返してみた。
    とにかく熱い。ある意味ラノベみたい。文章やストーリーがシンプルで読みやすいので、俺みたいな読書初心者さん向け。

  • 東京ディズニーランドでアルバイトすることになった21歳の若者。友情、トラブル、恋愛…。様々な出来事を通じ、裏方の意義や誇りに目覚めていく。秘密のベールに包まれた巨大テーマパークの“バックステージ”を描いた、史上初のディズニーランド青春成長小説。

  • 面白かったー!!!主人公に感化されて周りの人たちが少しずつ変わっていく姿もよかった!!!

  • ディズニーを小説の舞台にしたことがすごいなと思う。

    この本ではミッキーはいつものミッキーではない。はっきり言ってこの本はミッキーを着ぐるみだと思えない、思いたくない人は読まないのがいいと思う。ただ、これがわかっている人が読んだなら多分、少なくとも私は以前よりもディズニーが好きになったのは事実だ。

    どんな天下のディズニーでもきれい事ばっかり言ってられない。
    からこそこの小説が素晴らしく思えるのだろう。

  • はじめの方は、読んでいて夢を壊されたような感じがしたけれど、最後の方は読み終わってしまうのが残念に思ってしまいました。どこまでが本当で、どこまでが物語の設定なのかわからないリアリティーがあって、好きです♪解説がなかなかいいと思いました。

  • ディズニーランドの裏側の話。ディズニーに全く興味のない人間が読んでも、まあ面白くなくはなかったけど、松岡圭祐はなぜこれを書いたのかが謎だ。

  • ディズニーランドの秘密に包まれたバックステージを描いた青春小説!(byらむね)
    (852682/913.6/Ma/大学図書館)

  • 図書館で。
    自分は千葉県民でランドが開園時から千葉に住んでおりますがディズニーランドに行ったのって片手で足りるぐらいの回数という人間です。シーにいたっては一度だけ。そんな人間が読むと何をそんなに熱くなってるんだ、この主人公は?という感想しか持たなかったというか。うん、これはディズニーファンが読むべき作品なのかなぁ。

    最初から勘違い系主人公で結構疲れます…。オーディションの際には着ぐるみが、なんて言いきっちゃう主人公が何でランドの魔法をキラキラに信じているのかはよくわからない。そして初日に関してはどう考えても連絡不足だし、きちんとしたオリエンテーションを行わなかった雇用側のミスですね。マニュアル管理がきっちりしている会社と主人公ですら把握してるのに何でそこで働くことになったのにそのマニュアルを教わってないことに違和感を感じないのか。
    そりゃあ何も知らない新人一人でどこに行って何をするか把握しとけ、は無理がありすぎる。そして何故この主人公は実績も経験もないのに何年もその仕事に従事してきた人を越えて自分が重要な仕事に就けると思っているのか。初めてのアルバイトならわからなくはないけどずっとフリーターで色々な職場体験してきただろうに。今までもそんな勘違いをしてきたから長続きしなかったのだろうか。

    そして唐突に語られるミッキーマウス紛失事件。内部でもめてるよりもちゃんと探せ、というか…正社員初心者のカレがPCで一発探索出来たならもっと早く判明出来なかったのか?なんか中途半端な事件と安易な解決とさらに取って付けたような水害とか…読んでいてご都合主義にもほどがあるだろ、とか思いました。そしてイイ話風に片づけてるけどアトラクションに立ち入るって結構の被害だと思うけどな。大体きちんとした調査もしないのも疑問が残るけどそんな彼女をきちんとした監督もつけずに放置していたビソウブもおかしくないか?疑わしいなら自宅謹慎ぐらいにしておけば良かったのに。

    それにしても…主人公はいつのまにそんなランド愛にあふれる人になったのやら。まあ、私には理解できないなあと思いながら読み終えました。

  • ディズニーランドの裏舞台で起こる人間ドラマを題材に描いた小説。夢の国の裏舞台で起こるリアルな人間関係には、信頼あり、確執あり、組織の対立あり、そしてもしかしたら恋もあるのかもしれない。
    冒頭はどうしようもない感じで登場する主人公が、3日間働くうちにどんどんと成長し、夢の国を支えているキャストとしての自覚を得ていく過程は読み応えがあります。

  • タイトルに惹かれて読んだ。ストーリーの中で、オリエンタル「ワールド」社が運営するTDRの、ゲストが目にすることはできない秘密が次々と明かされていき、「魔法」が解けてしまうのではないかと不安になりながらも読み進めた。それは解説の藤田も同じようだ。たが、彼女が言う通り、その心配はないだろう。
    本社の背広組(たいてい、特に役員未満の出世を目論む管理職)が現場を見下する敵である、というある意味陳腐な構図がストーリーにはある。主人公がそこに疑念を抱き、不器用に、しかしまっすぐに努力する様は定番だが、ハラハラしながらも応援したくなる。
    ラブコメ脳な僕はラストに有川浩的展開を期待したが、それは描かれていなかった。しかし、爽快なストーリーであることは間違いない。

  • 家に本転がってたので何の情報も期待もなく手に取りました。TDRのバックステージが舞台でいままで露出されてなかった話。とても興味深いけど、主人公のキャラ設定が痛すぎるしまあそんなもんかなと読んでたら、後半思いっきり泣けます。前半の痛さも狙ってるのかと思えるぐらい。電車で読んでたけど、震えるぐらい泣けてまわりの人にひかれちゃいました。痛すぎるキャラやバイト2日目てそこまで入り込むかっていうの違和感をぶっ飛ばすぐらいの迫力あります。僕は作者ならびにこの作品を知らなかったんですが、知名度低いのは、池井戸潤の空飛ぶタイヤみたいに業界のタブーに挑戦した作品で、スポンサー関係考慮してマスコミがひいちゃってるのかなと思ったり。この本は新しい知識が得られる、展開かスピーディで短く一気読みできる、泣ける、と僕の理想とする小説の3要素を満たしており偶然出会えて良かったです。

全809件中 1 - 25件を表示

ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)に関連するまとめ

ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)のKindle版

ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)の単行本

ツイートする