人を殺すとはどういうことか―長期LB級刑務所・殺人犯の告白 (新潮文庫)

  • 224人登録
  • 3.56評価
    • (16)
    • (20)
    • (24)
    • (7)
    • (3)
  • 31レビュー
著者 : 美達大和
  • 新潮社 (2011年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101358611

人を殺すとはどういうことか―長期LB級刑務所・殺人犯の告白 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書は、現在二件の殺人事件で服役中の受刑者である著者が
    「LB級刑務所」の囚人の実態と、事件、贖罪、更生、道徳、倫理等について
    自身を通して考え抜いて書かれている。

    殺人事件を犯した方が、書かれているという事で嫌悪感を持つ方もいらっしゃると
    思うので、そういった方は本書及び、ここから先は読まずに閉じて頂ければと思います。


    さて、冒頭に出した「LB級」というのは、私も今まで聞いた事も目にした事がなく
    恐らく多くの方に馴染みがないのではないかと思われる。

    比較的、罪の軽い受刑者が収容されるのが「A級」
    罪が重く、犯罪傾向が進んでいる受刑者が収容されるのが「B級」のようです。

    また懲役期間が長期の場合は「L級」とされており
    「LB級」にランクされている刑務所は全国で五か所との事です。

    著者自身も人を殺めており、当時は自分自身の行為に対して、
    殺害は当然悪い事だが、動機については相当たる理由があると考えて
    「計画的に実行した」と語られております。

    しかしその後、弁護士二名の方々との対話を通して、自身の論理は間違ってはいないが、
    いくら正しいとしても、相手(被害者)には通じていない事、
    また、あまりに論理的で非の打ちどころがないため相手(被害者)からすると
    逃げ道もなく、容認出来ない事もあるのではなかったのか?
    という、相手側(被害者側)の立場にたってみて考えた事など
    現在も服役中であり著者が、己の考えが足りなかった事、
    自責の念、被害者家族の感情など、日々、贖罪とは何か?
    少しでも自分に出来る事はないのかと考えている事が書かれています。

    それもあり、無期懲役の判決が出ている著者ですが、遺族の方々の感情を考え
    「仮釈放」という道も自ら放棄し塀の外には出ない事を決めております。


    著者がどのような個性の持ち主なのかは本書を読んで頂ければと思いますが、
    これだけ知能が非常に高く(本書でも弁護士の方が傑出しているとまで言われています)
    私から見て、他人を思い、誠実で約束を守り、一目置かれ慕われている方が何故?
    という感情が拭い切れません。

    犯罪者に「お前は何肩を持っているんだ」という感情を抱く方もいらっしゃるかと思います。
    不快な思いをさせてしまいましたら大変申し訳なにのですが、私は率直にそう感じました。


    信念を曲げず、相当の理由があった。
    その信念というものが、あまりに強烈で強すぎてしまった事が一つの原因かと思うと
    残念でなりません。


    しかし、現在は著者もそれが過ちだったと悔いております。
    そこで、自分に何か出来る事はなにのかと模索し
    現行の日本の刑法や監獄内の実情、受刑者の実態を知ってもらい、とい思いが
    詰まっております。

    また純粋に自身の「知りたい」という子供の頃から続いている知的好奇心から
    12名もの受刑者との対話からその犯罪、罪の意識について本音が書かれています。


    本書を読み進めていくと、犯罪を犯してしまった方の心理を踏まえて、
    更生を認められるのが著しく困難な事、その現実を直視し法制度を考えて
    いかなくてはならないと、深く思うようになりました。

    あまりに現状の制度は加害者の人権ばかりを保護し偏りがあること、更生とは何か?
    また、当事者にしか持ち得ない感情など、今まで如何にメディアだけの情報を鵜呑みにし
    他人事だった事を恥ずかしく感じています。


    本書を読み終えて率直な感想として、著者には是非社会に出て犯罪の抑制や
    更生の為のプログラム作りに参加して偉そうな事を言いますが社会に貢献して欲しいと
    思いました。
    (被害者遺族の方には犯罪者に更生など望んでいない方が多数いらっしゃる事にも
    本書では言及されております)
    http://profile.livedoor.com/book_dokushonikki/

  • 2人殺害し無期懲役になった人物が書いた本。 著者の現在の心境や他の受刑者について書かれておりとても興味深い内容。 著者の事件自体については細かくは触れられていないが文章を読む限りでは(本心は誰にもわからないことだけど)反省しているのが伝わってくる。 文章はとても読みやすく知性を感じる。 事件を起こしたからこそ今のような考えになってるんだとは思うけれど、能力を違う方向で活かせれば良かったのにと非常に残念に思う。 他の著作も近いうちに読みたい。 賛否はあると思うし人には勧められないけど。

  • 自分の知らない世界について、少しでも知れて、とても興味深かったです。

  • こんなに完璧に物事を考える人がいるんだと。
    でもかたくなな完璧主義者って難しい。
    もし人を殺していなかったら、どんな人生を送っていたのかが気になる。

  • 二件の殺人に至る経緯、その後の気づき。死刑囚たちの本音。贖罪。

    ヤクザと堅気に二分すると、悪いのはヤクザでしょと思いますが、殺人犯ではその逆だということを知りました。

  • 整合性がとれすぎて、情で破綻しないということ。
    理屈じゃない情の余白を再考した。

  • タイトルから、少し警戒しつつ読み始めたけれど、序盤から物凄く面白い。
    正義や男らしさで融通が利かない人は周りにも思い当たるけど、それがより酷くなると殺人も正当化される。なるほど、理解や想像の範囲内だ。
    その後、獄中のドキュメント、他の囚人のケース紹介、贖罪についての考察と構成も表現力も素晴らしい。
    この人の本もっと読みたい!無理か!と思ったら後書きでちゃっかり2冊目の宣伝。多分読むね。

  • この人の本名がすごく気になった。

  • 教育の仕方次第で人はどうにでもなれる。

全31件中 1 - 10件を表示

美達大和の作品

人を殺すとはどういうことか―長期LB級刑務所・殺人犯の告白 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人を殺すとはどういうことか―長期LB級刑務所・殺人犯の告白 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人を殺すとはどういうことか―長期LB級刑務所・殺人犯の告白 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人を殺すとはどういうことか―長期LB級刑務所・殺人犯の告白 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

人を殺すとはどういうことか―長期LB級刑務所・殺人犯の告白 (新潮文庫)の作品紹介

「殺人」という大罪は償えるのか。人を二人殺めた著者は今、罪が重く刑期が十年以上の者が収容される「LB級刑務所」に無期懲役囚として服役している。十数年にわたる服役期間に自分の行為を反芻し、贖罪とは何か、人の命を奪った身でどのように残りの人生を「生きる」べきかを考え続けてきた。自身の半生と罪の意識、反省の欠片もない周囲の服役囚について考察した驚愕の獄中記。

人を殺すとはどういうことか―長期LB級刑務所・殺人犯の告白 (新潮文庫)はこんな本です

人を殺すとはどういうことか―長期LB級刑務所・殺人犯の告白 (新潮文庫)の単行本

ツイートする