殿様の通信簿 (新潮文庫)

  • 355人登録
  • 3.92評価
    • (31)
    • (44)
    • (36)
    • (2)
    • (0)
  • 58レビュー
著者 : 磯田道史
  • 新潮社 (2008年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101358710

殿様の通信簿 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4月10日読了

  • 歴史書から殿様達の生き方、性格などが浮かび上がってくるのが非常に面白い。昔の話ではなく日本人としての生き方や生活が現代に共通する部分も多く感慨深い。

  • 『武士の家計簿』を著した磯田道史さんのエッセイ。江戸時代の資料を元に大名の四方山話が読めます。
    日本史好きな人にはもちろん、高校で日本史を学んでいる最中の学生さんにも。試験の点数は上がらないかもしれませんが、日本史が面白いと思うきっかけになるかもしれません。

  • とても歴史に興味がわく本でした。
    そうかー、大名ってのはたくさんいたんだなぁ。
    そういうのもいろいろ調べてみたくなりました。
    忠臣蔵のお話、私は詳しくは知らないのだけど、浅野さんが実はそんな人だったとはな~!!
    それを知ると忠臣蔵、見てみたくなりました。

  • 大名の通信簿ともいえる古文書を元にして、戦国末期〜江戸時代初めの様子が分かる。軽妙な語り口が相変わらず面白い。

  • 「土芥寇讎記」(どかいこうしゅうき),こんな記録が残っているとは,そしてこのことを紹介してくださって,感謝です.こういうところから案外世間の言い伝えと違った本当の史実が現れてくるようで,馬鹿にできないというか非常に面白いです.
    前田家の殿様たちはことの外詳しく書かれていて,淡々とした語り口ながら熱い思いも感じられ,とても読みやすく読み物として最高でした.

  • 知らない殿様が多いから読んでもつまらないかな、と思ったけど、面白く読めました!殿様たちのあれこれ。

  • 大名の行状を隠密が調べたという文書「土芥寇讎記」の
    記述を中心に、幾人かの殿様の真実に迫る。
    徳川光圀の悪所通いとは?
    浅野内匠頭と浅野家の情勢、池田光政と子の綱政の確執。
    前田家三代の苦悩、内藤家長の忠義、本多作左衛門と家康。
    戦国時代から江戸時代への変化が大名家にもたらすもの・・・
    池田家と前田家のその変化の中でのジレンマ・・・殿様、大変だなぁ。
    殿様ではないけれど、内藤家長と本多佐左衛門の生き様は、
    大いに興味をそそられました。

  • あの殿様は優等生なのか問題児なのか!?

    自分では知っているつもりの人物の評価がひっくり返ったり、意外な傑物を知ったり。何章もかけて書いてある前田利家と前田利常の話を興味深く読んだ。豊臣秀吉亡き後、徳川の時代になっていく中で、どうやって力を保ちつつ生き延びるのか。

  • 通信簿と優しい表現にしているが、幕府隠密が調べ上げた機密文書である。徳川が支配した各地の殿様の査定書で、本書では中でも問題児を扱っているところに面白味がある。外様の雄・前田家に紙面を割いているのも良い。平和な世になるにつれ武士が官僚化されていく。稟議書に判を押すだけの管理職の悲哀……『保科正之』の文体と違って、書下し文と現代語訳を併記する著者の心遣いがありがたい。

全58件中 1 - 10件を表示

磯田道史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
和田 竜
有効な右矢印 無効な右矢印

殿様の通信簿 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

殿様の通信簿 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

殿様の通信簿 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

殿様の通信簿 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

殿様の通信簿 (新潮文庫)の作品紹介

史料「土芥寇讎記」-それは、元禄時代に大名の行状を秘かに探索した報告書だったのか。名君の誉れ高い水戸の黄門様は、じつは悪所通いをしていたと記され、あの赤穂事件の浅野内匠頭は、女色に耽るひきこもりで、事件前から家を滅ぼすと予言されていた。各種の史料も併用しながら、従来の評価を一変させる大名たちの生々しすぎる姿を史学界の俊秀が活写する歴史エッセイの傑作。

殿様の通信簿 (新潮文庫)の単行本

ツイートする