うたかた/サンクチュアリ (新潮文庫)

  • 3883人登録
  • 3.44評価
    • (250)
    • (433)
    • (1181)
    • (66)
    • (10)
  • 332レビュー
著者 : 吉本ばなな
  • 新潮社 (2002年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101359168

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
よしもと ばなな
吉本 ばなな
吉本 ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

うたかた/サンクチュアリ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 恋のお話を読みたいと思って手に取った本。
    ちょっとだけ望んでいたものとは違ったけれど、「うたかた」も「サンクチュアリ」も優しいお話だった。

    淡い恋心というものを、その心の状態を、とても愛おしく思う。
    「うたかた」と「サンクチュアリ」で描かれている恋心もまだはっきりした色彩を持たず、淡く優しく心を温めてくれる想いのようだ。
    いつしかその想いは変形し、変色し、変質してしまうかもしれなくても、そんな想いがスタート地点にあればそこに戻っていけるかもしれない。
    どうだろうか?
    「うたかた」と「サンクチュアリ」のその後を読むことが出来たらこの疑問にも答えが出せるかもしれないのに。

    淡い恋心のその後のお話をもう少し探してみようと思う。

  • 年度末の決算ということもあって、ここ最近仕事が忙しく通勤時間はうとうとしてしまい、帰宅後も読書時間がなかなかとれず、今読んでいる本は頭に入ってこなくてイライラを募らせています。
    それでもなにか軽い気持ちで読めるものはないかと、書棚を眺めて、タイトルに惹かれて手に取りました。

    しばらくぶりの再読です。中身はあんまり覚えてません(ぇ
    とても空気感のある、まるで景色のように流れていく物語。
    家族のこと、恋愛のこと、死のことも、重くないけどちょっぴり寂しく切なくてアンニュイな気分になりました。
    疲れているときは甘いラブストーリーよりもホラーよりもミステリーよりも、これぐらいの方がちょうどいいな、と思いました。

    あまり本の感想ではなくなってしまいましたが、疲れているときは、ちょっとほろ苦く、さくっと読める本がいいですね。

  • よしもとばなな作品初。
    個人的には「うたかた」が好き。
    淡々とした文章でいろんな意味で中身のない作品と言われていたりするが私は逆にそこが印象に残っている。

  • 実家にある私の本棚にないなあと思っていたら、父のベッド脇にあった。読んだら戻せや(笑)

  • 物語の起伏は激しくないし、さらっと読んでしまうと、「あれ、もう終わり?」って拍子抜けしてしまう。
    でも、言葉の使い方が綺麗な小説だなと思った。文単位で楽しめる。ゆっくり読むと良いです。

  • 失敗作だと書いてあるけれど、私はこの本がとても好きになりました。
    恋愛、というと一気にチープになってしまうのが悲しいけれど、
    それか、もしくはもっと深い愛情のような関係性を通じて
    若い二人のこころの葛藤や世界との関わり方が変わっていく、
    それが心地よい風のようにすーっと通り抜けるような
    お話です。月で言うなら、5月のような小説だと思います。
    何で好きなんだろうと考えると、とても分かりやすいからなんだろうなと。
    それでいて、余韻が幸せを含んでいるからだろうなと。
    今の私にはとてもいいお話でした。
    うたかたのお母さんの包丁のシーンが印象的で、
    大きく変わるには象徴的な意味ででも何でも、一回死ぬ必要が
    あるのかな。と。お話だけど、あのとき人魚が帰らなかったとして
    その後のお話はどう変わっていたんだろうなと、
    もしかしたらお母さんは人魚が帰ってこなくても本当には
    死ななかったのかもしれないななんて、考えたりしました。
    うーんまたも支離滅裂。ですが、私にはとにかく心地いい小説でした。

  • 嵐はすてきなやつだった。
    名前にそぐわず優しくて。

    ばななさんは季節の描写が上手ですね。
    夏の始まりの感じとかまさにその通りでした。

    ふわーっと読めてしまいました。

  • はじめて脇役に感情移入した。

    明るくて、向上心がある。。
    友子のことが気になった。


    「人生はそういういつも自分に有利なものだった。」

    「うまくいかないときだって、人生にはあるのに。」

    「それを認められなくて、プライドから死を選んだ。」

    「友子は貯金を使い果たしてしまったんだ。」


    旦那と恋人が後に、友子を語る言葉。


    これって、
    ほんとうにそうだったのかな。





    あたしはなんとなくだけど、違うと思う。


    貯金を使い果たしたわけでもなくて、
    自分で認められなかったわけじゃないと思う。




    ただ、まっすぐに望んでいたかったんじゃないかな。





    「かわいそうなことをした、かわいそうだと思う」


    2人もいたのに、
    じゃぁ何でなんとかしてあげられなかったの?


    なんか、友子さんの結末が悲しかった。

  • どうしようもなく、苦しくて哀しくて、死にたくなったら、読もうと思う。ばななさんの作品は、落ちてる時に響いてくる。今読んで、泣いたりしなかったのは、あまり落ちてないからなんだろうな。私は間違いなく元気なんだ。でもそれ故に、自分の視点がなんとも平坦で面白くない。「きっと、私は分かり初めている、この見方でもっとたくさんのものを見たい、と私は思った。良いものも、汚いものも、過去も未来も、なんでもかんでもきちんとこの目で見てみたいと生まれて初めて心の底から思ったのだ。」そういう視点を、私も手に入れたいと思った。ただ、今は、そういう時じゃないんだなあ、とも思った。

  • 無限だ、淋しいほどの無限だ。限りある人生の中で、人はその無限の重みに耐えきれなくなり、何度も目をつぶる。このフレーズをまた読むためにきっとまたこの本を手に取る。人に伝えようとしても、この本は、メルヘンに聞こえたり、重すぎたり、全然違うようにとられてしまうだろう。見れば分かる、この弾けるような生きている人たちの姿が。ちなみに、ひとり泣きの技は生きてく上で求められるスキルに間違いなし。

  • 学生時代に一度読んでいましたが、内容を忘れてしまいました。
    「Yonda?クラブ」のマークを集めている時、折角なので購入しました。
    二編の話がありますが、私は「うたかた」が好きです。

    ◆うたかた
    鳥海人魚の母は、お妾さんだ。
    人魚は小さい頃から、父が嫌いだった。
    声や態度、体が大きくて怖いからだ。

    現在、父に本妻はいなくて、嵐という男のコと暮らしているらしい。
    嵐は、父の家の庭に捨てられていたようだ。

    母が父のいるネパールに行ったので、人魚は一人になる。
    ここで、初めて嵐と会った。

    「もしかしたら兄妹かもしれない」という不安(後に父から即否定される)や、初めて会ったとは思えない懐かしさ。
    人魚と嵐は、互いに惹かれ合う。
    本当の愛は、激しいものではなくて、海の底のように静かなもの。
    傍にいても、遠くにいても、寂しく感じるもの。

    ネパールにいた母は、体を壊して帰国する。
    それからの母は、寝てばかりで生気がない。
    しまいには、手首を切りそうになる。
    後に、母の気力は回復します。

    バラバラに生きることで、家族として成立する人魚達。
    人魚は父に親しみを持ちはじめる。
    嵐とは恋だけではなく、家族のような感情もあった。

    「家族にも色々な形があるんだな」と思いました。
    一応、ハッピーエンドかしら。

    ◆サンクチュアリ
    和訳で「禁猟区」でしたか。
    智明は、夜の海で三日続けて大泣きする女と出会う。
    二人は最愛の人を亡くしていた。

    智明は、高校時代のクラスメイトと付き合っていた。
    彼女は人妻で、旦那との仲は冷えていた。
    ある冬の日、彼女は自殺をする。
    一方の馨は、夫を事故で亡くして、子供も病死する。

    現世と夢の間をさまよっていた二人が出会ったことで、生きる楽しさを感じられるようになります。
    二人の間にあるのは、只の恋ではなくて、深い悲しみを知った共通の仲間意識かもしれません。

  • 再読。また前回の感想があまり記憶にないのだが、サンクチュアリが良かった。ばななさんの初期の作品がすーっと入ってくるには自分は年をとりすぎたのかな(^^;でも、夏に夏の風景を読むのはとても気持ちいい。

  • サンクチュアリのあらすじを知人男性にざっくりと説明した。
    「自殺するほど辛いなら、離婚すれば良いのにね」

    違う、そういうことじゃないんだよ。って思ったけど言わないでおいた。
    あと10年くらい経ったらもう一度読んでみたい。その時私は何を思うのかな。

  • サンクチュアリが好きだ。読んでいて、海の匂いや銀杏を踏む音、情景以外のいろんな感覚が思い浮かべられるようなところが好き。これは哀しい予感が好きなのにも通じている。

  • 家族のかたち。空気みたいな話。

  • 吉本ばななさんの本の中で(今のところ)いちばん好きです。

  • 【読了メモ】(160818 19:30) 吉本ばなな『うたかた/サンクチュアリ』/新潮文庫/2002 Oct 1st/嵐くんとのうたかた、馨さんとのサンクチュアリ。おーちゃんのくれたgentenのブックカバーに包んで。

  • 佳作。タイトルの付け方も秀逸。元気をだしたいときに。

  • ふわふわ、ふにゃふにゃ、ホニャララ。

    感情を情景に置き換えて、情景に感情を乗せて…淡すぎて、捕らえられなくて…読んでる間に寝てしまいそう。

    人魚が紅茶をこぼして、カップを割って、国際電話で嵐から連絡が来て「急いで母さんのところへ行くんだ!」の辺りの勢いとか力強さがもう少し欲しかったなぁ。

  • あとがきに、物語とかは関係ない、心の景色だけを書いたような話とかとあったけど、そう。
    主人公の名前が人魚だったのには、そういうお洒落っぽいのいいのにって思ったけど、でも面白かった。
    表し方はキッチンに似てる。でもキッチンの方が面白かった。

  • 100円の2割引で購入。
    【サンクチュアリ】が好き。若気の至りと作者は言うが、近年に比べて文章がすっきりしているぐらい。

  • 出だしの入り方から惹かれ一気に読んだ。

  • 落ち込んだときには毎回読み返します。不思議と立ち直れます。現代社会を生きていくのに必要な作品です。吉本ばななは一通り読んでいますが、これだけは別格です。

全332件中 1 - 25件を表示

うたかた/サンクチュアリ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

うたかた/サンクチュアリ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

うたかた/サンクチュアリ (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

うたかた/サンクチュアリ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うたかた/サンクチュアリ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

うたかた/サンクチュアリ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

うたかた/サンクチュアリ (新潮文庫)のKindle版

ツイートする