なにもかも二倍―yoshimotobanana.com〈2007〉 (新潮文庫)

  • 169人登録
  • 3.48評価
    • (10)
    • (12)
    • (40)
    • (0)
    • (1)
  • 23レビュー
  • 新潮社 (2008年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (429ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101359311

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
よしもと ばなな
よしもと ばなな
よしもと ばなな
村上 春樹
よしもと ばなな
吉本 ばなな
よしもと ばなな
吉本 ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

なにもかも二倍―yoshimotobanana.com〈2007〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「人は人生のどこかで、なにかをたったひとりで決めて引き受けることをしないと、結局だめになる。」

  • 図書館にて。
    チビラ君大きくなってきたな〜
    あっという間だ〜

    赤ちゃんの時代ってあっという間だ。

  • ばななさんと蝶々さんがなかよしという
    繋がりが意外すぎてびっくり!

    ギリシャ、ハワイ、沖縄などの旅行記も
    含まれてて旅行したくなる。

    チビちゃんかわいすぎ
    わたしはもし将来子どもができたら
    ばなな風子育てをしようとおもう

    子どもの言動でいい子育てかわかるなあ…

    でも『とにかく裸みせてー』なチビちゃんは
    確実に将来は女たらしだろう(笑)

    小説家ならではのくらーい葛藤もみんなばななさん。
    人間らしくていい。

  • 久しぶりに読み返した。これを買った頃は精神的にどん底だったけどこれを読んだら少し楽になったんだよね。精神的に弱っているときは旅行したり読書したりするとよいという説は一理あると思う。因みに今回の感想はお腹がすきました。

  • 私がこのシリーズを好む理由を、自分ではうまく言えなかったが、筆者があとがきでうまく表現していた。「ガラクタの中から宝物をみつける感じ」ということ。別にガラクタだとは思ってないんだけど、何気なく綴られた文章を気楽に読んでいると、たまにピン!と来たり、自分の考えを刺激されるような文章に出会う。だからこのシリーズ好きなんだな。

  • 自分に投資すべきというのは頷ける。
    男女平等と言っても、作りが違う以上、やはり女が外で働き続けたり何かを追い続けることは難しく、男よりも多大な犠牲を払う必要がある。
    それを少しでも和らげ、メンテナンスするためには自分自身に投資するのは、とても大切なことだと思う。

    良い企業に投資するのは人としての喜びのひとつというのも全く同感。
    企業や店に対して意見を言うことをクレーマーと誤解する人も多いが
    人と人とのつながりということが根本にあるのを忘れている。
    物を買うという機械的な一度の行為で終わるのではなく
    互いに支えあえ発展していくのが本来の姿だと思う。

    妬みをパワーにする人もいるだろうけれど、憧れやプラスの気持ちで
    前を向いて頑張る方がいいなと思った。

    表現者は生きているだけで大変だ、というのもとても納得。
    普段頑張って周りに合わせて自分を抑えていて、
    弱ってたまたまバランスが悪いときにうまく伝わらずわかってもらえないと
    世界が終ったような気持ちになる。
    周りにしてみれば、理不尽でしかないのだが、
    本人にとっても理不尽なのだ。
    これは、なかなか”普通の人”にはわかってもらえないことだろう。

  • 忙しい、旅行とイベントが盛りだくさんの1年だった。まとめて読むとずっしりする。ちびくんの成長がうれしい。
    子供連れに対する周囲の印象が自分のときと一緒で、やはり同じように考えてくー!っと思ったり落ち込んだりしたので生生しかった。
    それで私は子供をつれて歩くのを最小限にしてしまっているけど(子供にも気の毒な気がして)、果敢に子連れで出歩く姿に励まされた。
    95ページのイラストがあまりにも我が家の兄妹に似ていて、コピーをとって手帳に貼り付けている。
    カッパとネコなところ。カッパがネコに気遣うように手をつないでるところ!

  • 私はよしもとばなながすきなのか?
    きらいなのか?
    いまだに判断がつきませぬ。

  • 毎日自分が暮らしていく、そのエネルギーを貰うシリーズ。

  • ちょうど、今の自身の悩みや、これから起こって来るだろう出来事についての感想などが載っていて、非常にふに落ちた。
    以前読んだときは、流していたいろんなことが、いまは染み渡っていく。

    日記に対する姿勢、関わり方を少し変えていると記述されているが、その変容の結果が、今回の感想ならば、よしもとさんの力に恐れ入るばかりだ。

    気持ちの上でふむふむ、と学んでばかりだったので、
    これからメモを取りながらもう一度読み直そうかと思う。
    日々を生きる上で、ゆがんでしまっていた気持ちが、少し治った。
    少し、でもすさまじいこと。生き延びた気がする。

  •  日本に対する不満が少し減ったので、もう未練がなくなってるのかな、と思う。

  • 約1年前からこの日記シリーズを読み続け、やっと追い付いた!
    チビちゃんかわゆす。

  • サイトでも読んだので再読といえるのか… ときどきバサっと書いてあって、わあ、と思いました。

  • タイのなんとかガーデンに行ってみたい!

  • よしもとばななさんのWEBエッセイ。

  • ばななさんの生活をこっそりのぞき見してる気分になります。
    ホームページには、写真もあったりするので日記と併せて見ると楽しさ倍増(勝手に宣伝部長)。

  • ハワイで奇跡のような夕陽に照らされ、ローマで憧れのダリオ監督に出会う。旅と大切な人との出会いを重ねながら、新作小説の完成を目指した一年間。よいことも悪いこともどかんときた出来事の数々と、日々の思いを詰めました。作者。<BR>
    <BR>
    ばななさんのブログ書籍。ちっとも飾らなくてそのまんまの日記のようで、どきどきやはらはらもなく、安心して読めました。続き・気になります。

  • 「あまりにもさっぱりとおいしすぎて、これはもう肉じゃないみたい!どんどん食べれるね。わかった!これはつまり…野菜だ!」

  • チビちゃんかわいすぎる。
    すでにナンパもできるなんてすばらしい。
    人と別れるときに感じるかなしさ、こんなに小さくても感じるのだなあ。

  • 5/4 あいかわらず日記だけはなんか読み続けたくなるがいろいろと発見もありおもしろく。「私のは文学じゃなくてある一定の読者を救っている宗教のようなものだ」とか、「子どもに嫌な顔をする人の嫌さ」とか。反省した(笑)

  • ★抜粋その1
    たまに「自由業がうらやましい」とか「才能があっていいですね」とか言われるが、「じゃぁ三ヶ月俺と代わってみろ、きっと死ぬぞ」と言いたくなります。言わないけど。それなりに楽しいし。楽しさを見つけなければやってられないし。

    昨日まであたりまえだったことが、今日はもうなくなっているということをこれまで何回経験しただろう。あまりにもそれを経験すると、変わらないものがこわいくらいだ。来年もこの人たちと過ごせるかどうかわからない。だからこそ、あたりまえにごはんを食べて笑い合えることを泣きたいほど大事に思う。人生にマンネリ感を感じるのは合わない場所にいるか足りないところばかり見ているか単なる想像力の欠如だと思う…。

    →ばななさんの日常って、日記で見てるとほんっと楽しそう!なんだけど、それ以上にお仕事が大変なんだろうな。。そしてあとの文章はとてつもなく深いー。と、思いました。

    ★抜粋その2
    フラを5年もやっていてやっと自分がハワイとつながっていることやすてきな仲間がいることに気づいた。なんでも遅いのだった。子供がいることに気づくのもあと3年くらいかかりそう・・・。

    →ずばり私もそういうタイプかも。。て感じました。相方さんができても、「付き合ってたんかぁ!」て気づくのは別れた後とか。(遅すぎ)実感がなかなか湧かないんだろうなぁ。まず自分の年齢にも実感湧いてないもん。永遠に20〜22歳の気分。

    ★抜粋その3
    日本人は疲れすぎているから体をケアする場所にちょっと立ち寄るような習慣をつけたほうがいいと思うし、特に働く女性は自分の体には投資すべきだと思う。思い切り差別的な発言のようだが、実感として女性の体は長く働くようにはできていないのだ。
    年に一回くらい、車検のような気持ちでちゃんとしたカイロとかロルフィングとかを一週間くらいまとめて受けるとよりいいのではないだろうか。

    →たしかにー。体の調整みたいなのって必要やー。って思いました。

    ★抜粋その4
    同じ男の人と7年間もったことのないほんとうはバツサンの私、めずらしいことだ・・・ヒロチンコさん(ばばなさんの旦那さん)がほんとうにすばらしい。尊敬できる人だからだろうと思う。とにかくなにがなんでもこの結婚は続けようと思う。多分このもてもて人生まだいろいろなことがあるのは容易に予測できるし、ヒロチンコさんもいつももてもてだし。

    →ばななさんが自分でもてもてって言ってるのがなんだかおもしろい。でもむーーーっちゃもてるんやろうなぁーって納得。もてもて夫婦っていいなぁ。

    ★抜粋その5(どんだけ抜粋するねん)
    私は何回か小さい手術をしているし出産もしたが、そのときにこわければこわいほど、痛ければ痛いほど自分を笑う「おもろいこと好き魂」が力強く立ち上がってくるのを感じる。たいてい医者が「なんでこんなときにそんなこと言える」とぷっと吹き出す状況になる。

    →「おもろいこと好き魂」めっちゃええなー。私も深く考えこむ方向に行かず、そっちに持ってける人になりたいなぁ。自分を「あっほやなー」って笑えるような。

    ★抜粋その6
    人は人生のどこかで、なにかをたったひとりで決めて引き受けることをしないと、結局だめになる。それがどのジャンルで来るかはわからないが、必ず来るものだと思う。

    →ばななさんが言うからこそ重みのあることば。。それって人生を左右するような選択のこと?なんだろう。。

    ★抜粋その7
    小説を書くってものすごく大変なことで、でもその大変さのほうが他の仕事をするよりも自分にとってはまだましで、それにしてもその大変さを肉体が受け止めるにはあまりにもきびしすぎて、体を動かす何かをせざるをえなくなって、その何かに死ぬほど感謝している、そういうこと... 続きを読む

全23件中 1 - 23件を表示

なにもかも二倍―yoshimotobanana.com〈2007〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なにもかも二倍―yoshimotobanana.com〈2007〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なにもかも二倍―yoshimotobanana.com〈2007〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

なにもかも二倍―yoshimotobanana.com〈2007〉 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする