王国〈その1〉アンドロメダ・ハイツ (新潮文庫)

  • 1367人登録
  • 3.89評価
    • (126)
    • (139)
    • (106)
    • (22)
    • (7)
  • 120レビュー
制作 : 黒田 アキ 
  • 新潮社 (2010年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101359342

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
よしもと ばなな
よしもと ばなな
吉本 ばなな
よしもと ばなな
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

王国〈その1〉アンドロメダ・ハイツ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「つまりはちょっとゆがんたおとぎ話だ。」
    このお話のことを雫石は本の冒頭でこう称した。
    ゆがんでいる?
    私にはそうは思えなかったけど、2冊目、3冊目と読み進めていくと印象が変わるのだろうか。
    でも、この物語は優しい。
    優しいと感じるのはもしかしたらゆがんでいるからなのかもしれない。
    逆にゆがんでいないものって何だろう?
    きっと触れたら痛いんだろうな。

    物語の中のサボテンの描写に懐かしい気持ちになった。
    少しの間一緒にいてくれたあの子のことを思い出して。
    ひどいことをしてしまった。本当にごめんなさい。

  • ばななさんの作品は開くとき宝物を開けるみたいで、どきどき。読んでみると期待を上回る世界で至福の一時でした。ほっこり。ばななさんにしては、珍しく長編小説なので続きが楽しみ。

  • 幸せってほんとに繊細で、ひとのたった一言で、たったひとつの振る舞いで、舞い上がりもするし、壊れてしまうこともあるんだな。
    ぎりぎりの選択をした人たちの物語。
    すごく強くて、美しくて、切なくて、3人の気持ちを思ったら、ぽろぽろ涙が出た。

  • 素敵な小説だ。
    もっと早く読めばよかった。
    この本を薦めてくれた人がいて、その人に感謝しなければ。
    でも連絡とれないな。
    cloverさんありがとね。

    続きも読まなきゃ。

  • 森で暮らしていた雫石が街に降りてきて、生活を始める。まるっきり自然の中で暮らし、研ぎ澄まされた感性を持つ雫石が街で生活すると、いろいろと感じてしまうものがあるだろうな。今後の展開が楽しみ。

  • 植物を大切にしたくなる。
    男と女ってペアリングがださく見えてくる。

    (シリーズ四部作通しての感想)

  • 私が今求めているようなことが描かれていて、不思議だった。出会うときに出会ったと思えた一冊。
    静かな心を取り戻してくれるようで、しとしと雨が降る静かな夜長にぴったりでした。
    シリーズものでうれしい。

  • 心が弱ったときに読みたい本。今は元気になったからかなー、ちょっと思い出せなかった。いろんな大切な言葉いっぱいあったはずなのになー。

  • 大きな流れに乗ってる安心感。
    どんなにせこせこ歩いたって、来るときは来るし、来ないときは来ない。だったら、もっと慎重にゆったり時間を渡って行きたい。
    じーっと葉っぱを眺めたり、雲の流れで夕方の天気を考えたりした、あの時代にいつかは戻っていきたいなって思う本でした

  • 設定が好き。私は世界の一部、っていう。

  • ばなな作品でトップクラスに好きで何度も読み返した

  • (18.08.22)

    よしもとばなな三部作。司書さんに薦められた一冊。

    主人公の雫石は、不思議な力をもった祖母と二人、山で暮らしながら茶を処方する。

    しかしそんな生活も長くは続かず、些細なことこら山のバランスが崩れ出した。さらに祖母は、愛人とギリシャで暮らし始める。

    山を降りた雫石は、東京で暮らし始める。

    目の見えない占い師の楓(男)とその恋人の片岡さん(男)。雫石と不倫関係にあった、植物をこよなく愛する優しい真一郎。

    ある日雫石の住んでるアパートが火事になったことから、周囲を含めた人々の生活が動き始める。

  • あっというまに1〜3読み通してしまった!

    幸せに?自然に?すなおに?自分らしく?どういう言葉が適切なのかはわからないけど、心地よく人生を過ごしていくために役立つ考え方やふるまい方をたくさん得られた気がする。これからもときどき、自分を清浄するために読み返していくべきシリーズだと思われる。

    この本にこのタイミングで出合ったことに、どんな意味があったのか…縁というものの不思議さを感じずにはいられません。

    4も早く読まないと!

  • 定期的に読みたくなる本です。読むたびに色々な心理的な変化のせいか受け取る事がいつも違って、本当にバランスがとれる本にわたしの中でなっています。

  • 山でおばあちゃんと薬草茶を作りながら静かに暮らしていた雫石が、十八歳で街に出て、自分の求めていた世界を持った人や、一緒にいるだけで淋しさや苦しさや空気が抜けていくような感じがなくなっていく人に出会う。雫石に感情移入しやすかった。

  • 2回目読んだけど、ばななちゃん本当に最高( ´ ▽ ` )ノ
    どうして、文字だけで人の心情をあんなに素敵に描写できるの?ばななちゃんだけだよ。映画観てるみたい。

  • おっちゃんの優しくなるタイミングに泣いたー

  • 素直で謙虚でいる事。

    けして奢らず、すべてを受け入れよう。


    そう、思わせてくれる作品です。


    耳を澄ませば自然の声が聴こえてくる、そんな綺麗な心を持ちたいと思いました。。。

    この世界観、大好きです♪
    登場人物も大好き♪


    続きが楽しみ。。。

  • 主人公の雫石みたいに植物に力をいれたりその力を忖度したくなるけれど、生まれも育ちも都会の私には無理だし、占いの世界もまるで縁がないし縁を持とうとも思えないし、私は差し詰めこの物語でアパートを燃やした「くさい人」なんだろう。でも、うむ‥‥ばななさんの文は心を洗ってくれます。

  • 「これは、守られている女の子の話だ。」
    私たちは、たくさんの愛情に、あたたかく守られている柔らかく包まれているんだと気づかせてくれるお話。
    そのあたたかさを忘れて、ひとりだけで孤独に生きているような傲慢な気持ちになってしまうときもあるけど、そんな傲慢ささえも包み込む何かが、生活のなかにはあるのだということ。いつでも守られているのだということ。

  • 王国<その1>

    やっとこさ読み始めました。
    きもちいい一冊。
    早く次をよみたいです。

全120件中 1 - 25件を表示

王国〈その1〉アンドロメダ・ハイツ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

王国〈その1〉アンドロメダ・ハイツ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王国〈その1〉アンドロメダ・ハイツ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

王国〈その1〉アンドロメダ・ハイツ (新潮文庫)の作品紹介

「あんたは山を降りなさい」。薬草のお茶で身体の悪い人を癒してきた祖母の言葉が、十八歳になった雫石の人生を動かす。自給自足の山の生活を離れ、慣れぬ都会で待っていたのは、目の不自由な占い師の男・楓との運命的な出会い。そしてサボテンが縁を結んだ野林真一郎との、不倫の恋だった。大きな愛情の輪に包まれた、特別な力を受け継ぐ女の子の物語。ライフワーク長編の幕が開く。

王国〈その1〉アンドロメダ・ハイツ (新潮文庫)のKindle版

ツイートする