さきちゃんたちの夜 (新潮文庫)

  • 651人登録
  • 3.85評価
    • (34)
    • (70)
    • (35)
    • (11)
    • (0)
  • 64レビュー
  • 新潮社 (2015年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101359441

さきちゃんたちの夜 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私が、他人の煩わしさも鬱陶しさも面倒くささも愛しく思えるのは
    人の暖かさにいつもどこかで触れていたからなんだと、
    その暖かさだって押しつけるようなものじゃなくて
    その人の凛とした気持ちからの暖かさなんだと、
    私はいつもそんな暖かさにどこかで見守られていたんだと思わせてくれた一冊。

    人と関わることはいつだって面倒で、
    だからこそ優しいことなんだ。そうだった。

    この本を読んでほしいなんて、何だか押し付けがましいし
    たまたま私がすきなだけなんだけど
    それでも誰かがどこかで読んでいて
    優しい気持ちになっていたらなぁと願ってやまない。

  • あらゆる“さきちゃん”が出てくる短編集。主役が全部違う“さきちゃん”で、表題作に至っては“さきちゃん”のW主演。

    短編全部それぞれに良くて選びがたい。
    「鬼っ子」と「癒しの豆スープ」が私の中でひとつ抜けてる感じ。
    人であれ物であれ生活であれ、何かを守ろうと強く思う人たちの物語だ、と思った。
    そしてこの短編集もよしもとばなな作品特有のスピリチュアル要素があったけれど、今までのとは少し違う気がした。
    強い勘とかその延長線上にある力、という感じで、そこには相手を思う強さがあると思えるからさほど唐突感もなく、究極に不幸な人も出てこないから、フラットな気持ちで読めた。

    昔の作品のような尖った淋しさというよりも、人間として生きる上では避けようのないこと(理不尽に傷つけられることや、思いもよらない落とし穴のような出来事)とどんな風に向き合い、あるいはどんな風に目を背けながら生きていくか。そういう暖かい淋しさみたいなものを強く感じた。
    時間を経て歳を重ねるからこそ変化出来ることって、とても愛おしい。ぼんやりとそんなことを思うような小説だった。

  • 久しぶりに読んだ。14歳で初めて『キッチン』を読んでから早16年。私のものの見方はかなり、この人の作品の影響を受けているような気がする…。この人の文章を読むと、生きてるってそーいうことだといつも思う。こういう文章表現のように今を認識しながら生きていきたい。大人になって、人生は物語のようにはいかないのかもと思い始めたけど、でも、私はそーいう風に認識していきたい。

  • 勉強以外の本で、本屋でフラッと手にとって買ってみたのは初めてだったが、読んでよかった。

    時々感じる、他人のやさしさと冷たさの違和感を、いくつかの物語の中で語られていて、共感できた

    「癒しの豆スープ」と
    「さきちゃんのたちの夜」が
    個人的には好き

    心根がやさしくきれいなままでは生きていけない
    根っこの方に流れているどろっとしたものを抱えている

    でも、人間みんなそうなんだなっと
    ちょっと心が軽くなれるお話しばかりだった

  • 初ばなな。ずっと読まず嫌いでした。
    なんか、5編とも体感的に良いと思える小説だった。
    ファンが多いの納得。
    ゆったりとした語り口でじっくりと主人公の周辺をなぞって行く。実際の、自分の周辺でも言葉にしてもいない心象情景を言葉にしてもらえたような、そんな言葉が多々あった。反するように、それはちょっと現実じゃありえないんじゃない?なんて箇所があってもそりゃ現実じゃあないし、てまた物語の中に気持ちよく戻れる。
    文章に何がしかのチカラが籠っているのかなぁ。不思議。
    「鬼っ子」「癒しの豆スープ」「さきちゃんたちの夜」が好き。

  • 大切なことがいっぱい詰まっていて、
    話は違っても何かが一貫している。

    鬼っ子は特に印象的だった

    おさまるところにおさまる、という、その言葉を励みにしよう。

  • さきちゃんたちの夜、が一番好きだった。
    毎度ばななさんの小説に登場する喪の仕事の期間のおいしくて力ある、魂を元気にする食べもの。
    今回はエビピラフがほんとに食べたくなっちゃって夜中にどうする!な気分でいます。
    虫が鳴いているのが聞こえる、夏の終わりの夜に、いいタイミングで読めました。

  • 久しぶりに「よしもとばななってこんな感じだったよな」と思った。
    大切なことは方々に散りばめられている。
    読みながらやっと、目が落ち着いた感じ。

  • じんわり、じんわり.
    溶けかけのチョコ.

  • なんか避けてたの。よしもとばななを読むと嫌な気持ちになるなと思って。嫌ってほんとうに嫌じゃなくて、なんていうか苦い気持ちというか。
    全部リアルすぎるんじゃなくて、絶対フィクションだってわかるようなところがいい。リアルすぎると愛し愛されて生きるのさって感じに押しつぶされる。
    全体的に好きだったけど「さきちゃんたちの夜」が好き。

全64件中 1 - 10件を表示

よしもとばななの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山内 マリコ
川上 未映子
西 加奈子
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

さきちゃんたちの夜 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

さきちゃんたちの夜 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さきちゃんたちの夜 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

さきちゃんたちの夜 (新潮文庫)の作品紹介

その夜〈さきちゃん〉は、小さな奇跡に守られていた。失踪した友人を捜す早紀(さき)。祖父母秘伝の豆スープを配る咲(さき)。双子の兄を事故で亡くした崎(さき)の部屋に転がり込んだ、10歳の姪さき……。彼女たちに訪れた小さな奇跡が、かけがえのないきらめきを放つ。きつい世の中を、明るく正直に。前を向いて生きようとする女の子たちに贈る、人生の愛おしさに包み込まれる5つの物語。

さきちゃんたちの夜 (新潮文庫)の単行本

さきちゃんたちの夜 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする