そこに僕はいた (新潮文庫)

  • 1066人登録
  • 3.31評価
    • (64)
    • (96)
    • (365)
    • (37)
    • (5)
  • 119レビュー
著者 : 辻仁成
  • 新潮社 (1995年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101361215

そこに僕はいた (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 学生時代に読むにはうってつけかと。
    この人はいつもそうだが、
    アイデンティティの不確実性と、
    ナルシシズムの問題を書かせるとうまい。
    おそらく、本人の問題だからだろうが。

    だからこそ、青臭すぎて、
    今読む気にはなれない。

  • 幼少期からおとなになるまでの友達とのエピソード。転校生。

    C0195

  • 自分の学生時代のエッセイ集
    昔のことをこんなにも記憶してるなんて凄い
    筆者がいかに友達を大切にしてるかが伝わってくる

  •  作者の少年時代の思い出を笑いと涙でつづった青春エッセイ。
    (一般担当/YUKI)

  • ゴワスの「静電気」がツボでした。
    辻さん、本当に面白くて、色んなことに挑戦して成長されたんだなぁと、思いました。
    確かに友達は作るものじゃないですね。
    自然にできるものですね。
    自分の子供の頃を思い出し、純粋に遊んでいたことを心にふわっと出してくれるエッセイでした。
    大人になって連絡を取らなくなっても、そこに私はいたんだなと、切なく淡い気持ちにさせて頂いた本でした。
    とにかく良かった。

  • 240604 文

  • なんとはなしに、心に残る。

  • ばかばかしくて、呆れる程愉快で、少し泣きたくなるようなむかしの思い出。辻さんは本当に大事に思い出を語る。個性的なエピソードでも、不思議と読めば「わかるわかる」と頷いてしまう何かがある。
    純粋な頃の思い出は、ちくりと痛む記憶であっても、自分にとって大きな支えであり、宝物なのだと思う。

  • そこに僕はいた

    思い起こせば、僕には片足の友達がいた。
    から始まる10ページ足らずの話。

    基本、再読しないのだが、この話は買って読み直すくらいお気に入り。

  • 著者の少年時代、青年時代を振り返ったエッセイ集です。初恋の女の子やケンカ友達、新聞配達をしていたクラスメイトの思い出などが綴られています。

    辻仁成の小説とは違い、ユーモアに彩られた作品で、楽しんで読むことができました。

全119件中 1 - 10件を表示

辻仁成の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
灰谷 健次郎
有効な右矢印 無効な右矢印

そこに僕はいた (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

そこに僕はいた (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そこに僕はいた (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

そこに僕はいた (新潮文庫)の単行本

ツイートする