わが愛の譜(うた)―滝廉太郎物語 (新潮文庫)

  • 10人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 郷原宏
  • 新潮社 (1993年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101362113

わが愛の譜(うた)―滝廉太郎物語 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 夭折の天才音楽家、滝廉太郎の評伝小説であります。17年も前に出てゐたのですね。
    当時は映画にもなつたやうで、カバー表紙も映画に出演した俳優の写真が使はれてゐます。風間トオルさんですな。

    大分県の豊後竹田駅では、列車が到着すると「荒城の月」のメロディが流れます。
    私は3度行つてゐますが、いい所ですね。初めて行つたのは学生時代でした。偶然といふか成り行きだつたのですが。
    夜行列車「富士」で大分へ到着した私は、荷物をコインロッカーへ預け駅前をぶらついてゐました。すると雑踏の中、若い女性が話しかけてきました。「あんた、大分の人ぢやないね。東京? ふーん、愛知か」。手ぶらで歩いてゐたのに、なぜ地元の人ではないと見破つたのか、不思議でした。
    そして明日の予定は?などと聞いてくるので、その時何となく「明日は竹田へ行く予定」と答へると、彼女の態度が一変したのであります。即ち突然尊敬のまなざしになり、言葉遣ひも丁寧になりました。
    「きつと、あなたは素晴らしい人ね...今夜どこのホテルに泊まるの? まだ決めてゐない? それならうちに来ませんか。泊まつていけばいい」...彼女は一人暮しだといふのに、さういふ話をするのでした。いささか不安になつた私は適当な返事をして、その場を去つたのであります。
    しかし何だか竹田を訪れなければいけないやうな気になり、翌日行くことにしたのでした。

    短い生涯の中で、名曲を多く遺した滝廉太郎。改めて早すぎる死が惜しまれます。何となく彼は石部金吉タイプかと思つてゐましたが、本書では実に人間臭く描かれてゐます。せめて中年といはれる年代まで生きていたら、どんな曲を書いてゐただらうかと夢想せざるを得ません...

    http://genjigawakusin.blog10.fc2.com/blog-entry-182.html

  • 映画:出演:風間トオル 鷲尾いさ子 加藤剛 柴田恭兵 浅野ゆう子 森本レオ 天宮良 藤谷美紀

  • (2003.08.23読了)(2003.08.06購入)
    <荒城の月やはなの作曲家の生涯>
    『大辞林』で滝廉太郎を調べると、
    たき-れんたろう【滝廉太郎】
    (1879-1903) 作曲家。東京生まれ。東京音楽学校卒。ライプチヒ王立音楽院に留学したが病気で帰国。
    静養中の大分で夭折した。二重唱「花」を含む歌曲集「四季」のほか、「荒城の月」「箱根山」「雀」「鳩ぽっぽ」などの作品がある。
    とでています。

    1894年、15歳で東京音楽学校を受験し、16歳のときに入学し、23歳で亡くなるまでの生涯が綴ってあります。
    仲間たちとの交友、幸田露伴の妹、幸田延先生、幸田幸との淡い恋?

    ●荒城の月はどのように作られたのか。
    中学唱歌集のために詩人に委嘱して作ってもらった詩の中に、土井晩翠の詩があり、それに滝廉太郎が曲をつけた。滝と土井が出会ったのは、滝が留学先で病気になって、日本へ帰る途中のロンドンでのことだそうですから、曲ができただいぶ後ということになります。

    ●「花」はどのように作られたのか。
    歌曲集「四季」を構想し、その春の曲として、「花」が作られたということです。四季全部聞いてみたいものですが、そのようなレコードはあるのでしょうか?探してみようと思います。

    幼稚園唱歌集を作った話。
    島崎藤村とかも登場します。

    ●関連図書
    「ピアニストという蛮族がいる」中村紘子著、文春文庫、1995年、460円
     中村さんの本では、この本が一番面白かった.

    (「BOOK」データベースより)amazon
    「花」「箱根八里」「荒城の月」―。忘れえぬ秀逸な楽曲群で知られる不世出の音楽家・滝廉太郎。その生涯は未完成交響曲にも似て、悲しくも美しい。16歳で東京音楽学校の門を潜り、憑かれたようにピアノを弾き続けた学生時代。国費留学生としてドイツに渡り、僅か3カ月後病に倒れ呆気なく命を落とした23歳の夏。五線譜には記されなかった天才音楽家の生涯を詩情豊かに綴る、初の伝記小説。

全3件中 1 - 3件を表示

わが愛の譜(うた)―滝廉太郎物語 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

わが愛の譜(うた)―滝廉太郎物語 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

わが愛の譜(うた)―滝廉太郎物語 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする