夜の光 (新潮文庫)

  • 1328人登録
  • 3.90評価
    • (120)
    • (201)
    • (127)
    • (17)
    • (2)
  • 147レビュー
著者 : 坂木司
  • 新潮社 (2011年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101363813

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

夜の光 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 坂木司の夜の光を読みました。

    家庭内に問題を抱えて、苦悩する4人の高校生が主人公の物語でした。
    彼らは自分たちの行動をスパイの活動になぞらえて家族から自立するための準備を進めていくのでした。
    ジョー、ゲイジ、ギィ、ブッチの4人はゆるい部活の天文部に所属してそれぞれの苦悩を分かち合いながら高校生活をおくっていきます。

    泊まりがけの星座観測会でギィが煎れたコーヒーを楽しむ時間が4人がくつろげる時間なのでした。

  • 短編が時間系列で進んでいく作品。
    一人一人の抱える問題が全部解決するわけではないけれど、少しだけほぐれていく希望なお話に思えた。

    願わくば4人それぞれが希望に満ち溢れた人生を歩んでほしいと思わずにいられない。

    それにしても皆、行動力の高い4人。こんな4人のように考えられたら、もっと違う人生の道を歩けたのかな?と少しノスタルジィになってしまった。

  • これぐらいの温度の青春小説が好き。
    4人の距離感がいい。

    約束は交わさない。別れは引きずらない。
    大事なのは自分に課せられた任務を遂行すること。
    学校や家族、それぞれの戦場で戦うスパイたち。
    一人で戦えるのは仲間がいるから。
    一見、ドライに見える彼らの関係は、すごく深くて強くて羨ましい。

    あと、観測会で食べるご飯がいつも美味しそう。
    場所や一緒にいる人で美味しさって変わるよね。
    私もギィのコーヒーが飲みたい。

    願わくば、あなたたちのコーヒーがいつも香り高きものでありますように。

    ギィのこの言葉大好き。

  • ーあとがき よりー
    星のようにあってほしい人がいます。常に変わらず輝き、不安になったとき、見上げればただそこにいる。近づくことはないけれど、遠ざかることも決してない。

    高校を卒業した彼ら4人の関係はまさにこのようなものではないでしょうか。
    私自身このような友人がおり、とても支えになっています。最後の最、この文章に惹かれたので、感想に引用しました。

  • なんて、なんて、素敵な小説でしょう…
    私が好きな小説のどストライクを行く物語でした。

    主人公は高校生四人。
    高校や家族、それぞれの【戦場】で密かに戦っている【スパイ】。
    個人主義だけど、お互いは特別な絆で繋がっていることを感じる。

    自分が流そうと思っていた出来事を、誰かが受け止めてくれるって本当に大きいことなんだよね。
    それを学生時代に実感できるのは幸せなこと。
    そしてそんなスペシャルを思い出させてくれた本に出会えたのも幸せなこと。

    一生忘れないだろうなぁ。

  • アンソロジー収録のものを含めても
    数多くの坂木司作品を読めてはいないんだけど
    そんな中でも今まで読んだものとこの作品は雰囲気が違った。
    なんというか、登場人物が背負っている痛みの重さが違う。

    それぞれに抱えてる何かに対して向き合ったり逃げてみたり、という側面と
    ちょっと緩い天文部の部員として、更に大きな括りでは高校生として、
    仲間と一緒に何かを成し遂げたり楽しんだりする側面と。
    パッと見両立しなさそうな二つの要素が
    さながら表と裏のように、或いは光と影のように同居している感じ。
    楽しい時間のはずなのに、楽しいだけじゃない。
    あの頃ってこんな感じだったよな、というのが無理なく伝わってきた。
    4人のスパイの掛け合いもさることながら
    (ゲージの軽口に毎回きっちり『蜂蜜じゃない』と返すジョーとか/笑)
    顧問の田代先生とか、ピザ屋のお客さんや店長とか
    脇を濃いキャラクターが固めているのも面白かった。

    抱えてる痛みもひっくるめて輝いてるなーと感じる読後感は
    以前読んだ相沢沙呼氏の『ココロ・ファインダ』とか
    朝井リョウ氏の『もういちど生まれる』に似ている気がした。

    謎の光の正体とか、ファイヤーセットとか、相変わらず謎解きも面白いんだけど
    いちばんシャレてるなーと思ったのはピザのトッピングの謎解きだった。
    それにしてもGUNS'N'ROSESを聴くのはオヤジなのか…軽くショック(´・ω・`)

  • 地味なタイトルと装丁に油断していたら完全にしてやられた。
    今まで読んだ坂木作品とは趣が少し異なるものの、すごく良い作品です。
    つかず離れず心地良い関係の仲間たちのストーリーで、一直線な青春小説ではないところが、今の時代に合っているのでしょうか。

  • ジョー、ゲージ、ギィ、ブッチ、
    それに物語を流れる空気感がすごく愛おしい。

    いつも鞄の中に入れていたい本。

  • 4人のスパイたちの、高校最後の1年。ジンとした。

    愛はあるけど理解はない。かつてあったけどいまはない愛。どうしても愛せない。愛も理解もあるのに満たされない。

    脱皮のためにもがいても、狙われないように、餌にされないように、夜の星の下で静かに成長してゆく。
    真摯で辛口の青春小説でした。4人に幸あれ。

  • いいねえ、お薦めの一冊!。こういう青臭いの好きです。それぞれが悩みを抱えているのを周りに悟られないために、表面的な偽装をしていることをスパイになぞらえている。この先の四人に幸多かれ!。

  • 主人公たちが高校生だからとか、青春ミステリだから、とかではなく。いろんな問題を抱えながら生きていく自分たちのしがらみを、スパイになりきって自らに課したミッションを遂行すると考えて生き抜こうとする。それは、大人になってしまった私にも、大きな勇気をくれた物語。私も、私のミッションを遂行する。そして時には、香り高き夜を。

  • 坂木さんの作品の中でダントツで好き。待ちに待った文庫化なので、嬉しい。
    再読してやっぱり思うのは、すごく好きな世界観だということ。4人が4人ともいい味だしてて良い子たちだし、なんといってもこの4人の距離感がステキなのです。いつも近くにいて馴れ合うことはしない、でも、世界の誰よりも繋がってる。こんな仲間と屋上で食べるご飯とコーヒー、すごく羨ましい!

  • 特に理由も無く買った本だけど、予想外にクリティカルヒット。
    もう二度と帰らない青春時代への憧憬をズキズキ刺激される、心地良い青春小説でした。
    ゲージに対するジョーの毎度の返答が癖になりそう。

    賛否両論あると思うけど、個人的にアニメ化して欲しい。
    キャラが立ってるから、構成を上手く組み立てればいい作品になると思う。

  • 和菓子のアンちゃんと同じ作家さんの作品。
    アンちゃんの本とは印象が全然違ったけど精一杯自分のために生きていこうとする登場人物たちが健気で応援したくなった。

  • 青春と呼べる時間は短い。
    そして、その真っ只中にいるときには今がどんなに大切なときなのか、わからないままに過ぎていく。
    過ぎてみて初めて「あぁ、もしも青春と呼べるときがあるなら、あのときがそうだったんだ!」と気づくのだ。
    きっと自分にも何か出来ることがあるはずだと信じていたころ。
    他の人にはない何かを持っているはずだと思い込みたかったころ。
    平凡な生き方なんてしたくない、そんなふうに感じながら過ごしていたころ。
    でも、特別じゃないことを本当は自分でわかっていたから「特別」にこだわった。
    誰にも真似できない何かが欲しかった。
    答えはごくシンプルに物語の中にあった。

    「誰かを特別にするのは、その人を特別だと思う人の存在。」

    ならばきっとこんな私も、誰かにとって「特別」な存在なのだろう。
    そして、私にも「特別」な人たちがいる。
    見上げた瞳に映る夜空は、きっと特別な人につながっている。
    それだけで、ほんの少し孤独ではなくなる。
    いつも隣にいるわけではないけれど、夜空を見上げれば必ずその存在を感じることができる。
    クールなようでとても熱い物語。
    何よりも読み終わってからも残る温かな余韻が心地いい。
    ふと夜空を見上げたくなる。
    そんな物語だった。

  • 「昼は他人で夜は仲間」かっこつける年頃で、寂しがり屋で、無敵で最強。それが高校生なのかもしれない。制服という鎧を身にまとった彼らはスパイというよりソルジャー。様々な家庭環境でそれぞれの腹のなかでは消化不良の思いが発酵中。星を見る。という名目で集まり、一つの鍋をつつき、一杯のコーヒーを飲む。そんな彼らの日常には、大なり小なり事件が潜んでいる。それとともに明かされる四人の事情。親の理解、育ちのよさ、アル中の親父、家業。腹を割って話すわけでもなく、ただ淡々と空を眺め、コーヒーを飲む。そんな友情も悪はない。

  • ものすごく、、、有閑倶楽部を思い出す。今回の登場人物の名前のテーマは色。心の内側をスパイという仮の姿に投影するコンセプトは面白かった。だけども登場人物の言い回しのしつこさに結局今回もトーンダウン。巻末の話も特に魅力的ではなかった。坂木さんの本はほとんど見ているけど、キャラクターの濃さが個人的に苦手なのが多い。好きな人ははまるんだろうな。

    ■ホテルジューシー:養蜂家山本さん

  • 高校3年生、現実を生き抜くためのスパイ4人の話。ゆるい天文学部、4人ばらばらだけど静かに強く繋がる絆。青春小説として素敵。

  • それぞれ悩みを抱える高校生4人が天文部を隠れ蓑にして、進む道をひた隠して生きている話。 年ばかり気にする周りに嫌気がさして独り立ちするブッチ、金のことばかり考え、酒ばかり飲み、ときに暴力までふるう父親とそれを見て見ぬふりの母親に嫌気がさして出て行く準備をしているギィ、女か男かで人生のレールが決まっている家族の考え方に嫌気がさしているジョー、 とゲージ。みんな行動力あって尊敬します。私はずるずると流されるタイプなのでこういう生き方ぎ出来たらどんなにかいいかと思います。

  • 学校は戦場で、私たちはスパイだ。
    ブッチ、ジョー、ゲージ、ギィの四人が繰り広げる『スパイ』小説。
    親とギスギスしたとき、ちょっと学校に行きたくないなーというときにおすすめ。
    夜にコーヒーを飲みながらゆっくり読んでも、昼に勉強しないでこっそり読むにもぴったりです。

  • 2015年10月25日に開催されたビブリオバトル首都決戦2015生駒地区予選で発表された本です。チャンプ本!

  • 普通の学生たちとスパイ。
    天文部にこんな青春があるのか!と思いました。
    夜、空を見たくなる本です。

  • 学校は戦場。
    その中で自立のために戦う主人公たちはスパイ。
    そんな設定で描かれた、友達ではなくコードネームで呼び合う戦友として成長していくキャラクターたち。

    書き出しを読んでしばらく放置していたが、読み始めたら止まらず。
    読後はさわやかな気持ちになりました。

  • あらすじに天文部のキーワードがあったので、坂木司さんの作品ということもあり、読んでみることに。 いやぁ、良かったです。実は余り天文の内容は出てこないのですが、高校生活の部活動、こんなんだったらまた、違った楽しみがあったかもなぁとつくづく感じた。

全147件中 1 - 25件を表示

夜の光 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

夜の光 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜の光 (新潮文庫)の単行本

ツイートする