古代史 50の秘密 (新潮文庫)

  • 12人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 関裕二
  • 新潮社 (2015年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101364797

古代史 50の秘密 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 藤原氏の権威の保ち方、反藤原勢力と天皇の権力抗争。東国と西日本の境。興味湧く話題だった。鉄に燃料の樹木が消費され朝鮮半島が禿山になった話は、司馬遼太郎の講演にも取り上げられていた記憶がある。2016.9.4

全1件中 1 - 1件を表示

古代史 50の秘密 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

古代史 50の秘密 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

古代史 50の秘密 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

古代史 50の秘密 (新潮文庫)の作品紹介

なぜ、中国は倭国を重要視したのか。『古事記』が書かれたのはなんのため? 古代版政権交代・大化の改新の真相は。天照大神は本当に神なのか。「任那日本府」は存在しなかった? 古代日本の戦略と外交、『日本書紀』などの文書に隠された謎、氏族間の政争、斉明・持統をはじめ次々と女帝が誕生した理由。気鋭の歴史作家が埋もれた歴史の真相を鮮やかに解き明かす。文庫オリジナル

古代史 50の秘密 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする